eclipse で *.htm ファイルが文字化けするとき

メニューから[ウインドウ(W)] → [設定(P)] とたどり、
『設定』窓が開いたら [一般] ツリーを展開して [コンテンツ・タイプ] を選択状態にし、
右側の窓の [テキスト] を選択して、下側の【追加(A)】を押す。

『新規ファイル・タイプ』窓が開いたら
[ファイル・タイプ(T)] に "*.htm" と入れ【OK】を押す。


下側 [ファイルの関連付け] に増えた "*.htm" を選択状態にし、
[デフォルト・エンコード(E)] に "UTF-8" と入れ【更新】を押す。

『設定』窓を【OK】で閉じる。





同様に、java が文字化けする、などというときは "*.java" を "MS932" に関連付けします。 ざっとまとめてみました。

L2J_JP で使用している文字コード
*.htmUTF-8
*.xmlUTF-8
*.txtMS932 注1
*.sqlMS932
*.javaMS932
*.pyMS932
*.batMS932
*.propertiesISO-8859-1 注1

注1 いくつか例外があります。
たとえば、このプロジェクトでは、*.txt (L2J_JP/data/announcements.txt など) は MS932 なのですが、
なぜか "L2J_JP/jp_addon/sql/使用方法・更新情報.txt" のみ UTF-8 になっています。

ファイル個別の設定の仕方は、[パッケージ エクスプロ−ラ] → 対象ファイルを[右クリック]
で「プロパティ」を開き、あとは下の図のように「その他(O)」で設定します。

「デフォルト(内容から判別する)(D)」は、精度が悪いので信用しない方がいいです。
UTF-8 のファイルの場合、BOM が有るか無いかで判断しているみたいです。
BOM 無し UTF-8 ファイルを eclipse で開くときは、コンテンツ タイプをきちんと設定しましょう。

2007年08月21日更新