ジ ス ト ニ ア    Dystonia
                                                      ジストニアとは・・・ 
 例1 【山岡くに子1】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂   「精神的ストレスがかかると首がこる。学生時代から20年くらい続いています。精神的に不安定で、緊張症がある。4,5年前から首のジストニア症状、顎関節症目の動きの悪さなどで困っています。」山岡くに子さん41歳がメールされて来院された。お聞きすると、セミナーを受講中、座っていると、非常に緊張する。ストレスが加わると、段々、首が左に傾斜して来る。セミナーで遠くを見て机のノートに目を移すと首、両腕付け根と両脇腹が張ってくる。左右両顎も張ってくる。右眼球の動きが悪く、動いている物体に焦点を合わせられず、像が流れて見える。母は自分が1歳の時に早死にした。・・・3日後に2回目施術。それから、8日後に3回目施術して、一連の施術を終え、様子を見て頂く事にした。
・・・顎関節症ジストニアから来ているのでジストニアが治らないと治らない。背中は左肩甲骨が後ろに出ていた。心臓の不具合を現す。心臓は右心房の右心不全を施術した。は消えた。腕の血色の悪さは右心不全肝炎から来ていた。実家の土地の魔障が憑いていた。
   右写真1回目施術前では背中がバリバリに固まって、左肩甲骨が後ろに出ていました。

 例2 【やいちの水痘】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂     三葉やいちさん34歳が原因不明の手指関節の炎症を訴えて来院された。お聞きすると、 @手指関節の炎症は幼少時代からあり、ひどい時は膿が出る。場所は他の指関節から変異し、今は右手中指第2関節が腫れている(→先天性水痘)。 医者の塗り薬は使用しているが、症状を抑えるだけで治らない(→体内にいるウィルスから来ている。)。  Aおならが良く出、医者からは自律神経の乱れと言われた(→左視床下部)。  B5年前にうつで朝が起きられず、1年間寝ていた(→現在はうつなし。だが、定職に就けず、フリーターで求職中。)。  C脳に違和感があり、頭部MRI検査を受けたが、異常は見つからなかった(→魔障)。  D12年前に母の母、祖母が92歳で死亡した。葬儀供養は行わず、火葬のみした。祖母の死後、1週間、やいちさんの両足裏に膿が出た(→魔障)。祖母の夫は結婚5年で死亡(→伴侶を剋す。)。母の兄は両脚が腐り、両股関節から下を切断し、4年後、20歳代で死亡。  E1か月前に日蓮宗の祈祷を受けたら、1週間、喉痛が出た(→魔障の怒り)。 ・・・施術はすべてをなした。施術中に、新たに先天性ジストニアのある事が分かった。祖母から引き継いだ魔障が出 て行った。術後、やいちさん『何か、頭が変になりました。』


  5か月後、2回目来院された。お聞きすると、実家は戊辰戦争のあった秋田県だった。墓参りに帰省する前に先祖の事が気になっての来院だった。前回施術後、家に着いたら、急に眠くなり、2時間寝た。今回の症状は @先天性ジストニア A先天性水痘(→現在は手指関節の腫れはなくなっていたが、水痘ウィルスは、まだ、存在していたので消した。) B脳に違和感が常にある。 C朝、起床しずらい。 Dおならがよく出る。 E接骨院で、墓に侍とマタギの霊が憑いていると言われた。(→憑いていませんでした。) F家系図と先祖の写真を持参されていたので拝見した。・・・施術はすべてに対してなし、不具合のない事を確認した。16体もの先祖霊が成仏され、魔障が出て行った。
  手指の写真では、1回目施術前は先天性水痘で指関節が炎症が腫れて、大きくなっていますが、2回目来院時では左右手指関節の腫れは無くなっていました。

  動画では、1回目は頭も振動していて、2回目では頭の振動はなくなっていました。先天性眼振も根本は同類の病気ですね。
 
 
 例3   長田ちょうすけさん50歳がメールで顎部ジストニアを訴えて来院された。『長文となりますがご容赦ください。症状は、ジストニアです。1年ほど前から異常な肩こりが始まり、7か月前頃から喉仏のあたりに違和感(常に力が入っているような状態)があり、自然と声が出てしまう状態でした。更に、昨年末ごろから、歩行中(通勤、買い物などで外出中)、自然と顎が外れそうになるくらい口が大きく開いたり普通に着席していても顎・口が勝手に動くようになりました。その間、さまざまな検査をしました。喉のMRI・CT、胃カメラ、血液検査、脳波検査など。結局、3か月前に近所の整形外科で不随意運動が起きているので、神経内科に行くように言われました。それで、2か月前から○大病院の神経内科に通院中です。また、新橋の6000円の鍼灸治療院にも3か月前から通院していました。ここで、ジストニアと言われました。3か月間、週3回通院した。1か月が過ぎた頃から快復に向かい、一番症状が酷かった3か月半前頃に比べると相当改善されましたが、いまだに喉が絞めつけられる感じ、顎の辺りの違和感不随意運動が続いています。』
  お聞きすると、1年前にひどい首筋の張りが始まり、整骨院に週に1回、2ヶ月間通ったが、改善せず、近所の癒し系整体院に週に1,2回今日まで通っている。病院は、2箇所の整形外科で首のレントゲン検査で異常なし。喉のMRI検査、頭部CT検査でも異常なしだった。総合病院で内視鏡とCTによる胃・肺・喉の検査を受けたが、異常なしだった。漢方の病院では自律神経失調症かも知れないと言われ、いろんな漢方薬(ツムラ11、83、103)を貰ったが、いずれも利かなかった。○大病院で血液検査を受けたが、異常なしだった。神経内科で頭部MRI検査を受けたが異常は見つからなかった。

1回目施術前

【t長助1後】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
1回目施術後
    症状は胸より上が常に緊張し、時々、心臓辺りが痛み頭痛がする。喉仏辺りに、常に、力が入って、息苦しく、自然にあーと声が出てしまう。息苦しくなり、意識がもうろうとし、救急車で大学病院へ運ばれ、脱水症状と診断された事もあった。歩行中に口が勝手に大きく開いてしまう。7ヶ月前より整骨院で週1回4ヶ月間、鍼治療を受けるが改善しなかったので、新橋の6000円の針治療院に週3回、3ヶ月間通い、ジストニアはそこで言われ、口の開くのは1ヶ月が過ぎてから収まり出したが、症状は平行線でそれ以上は改善せず、常に、喉と顎の緊張が続いて、いつ顎が開き始めるか分からない。施術が始まった。右視床下部に腫瘍が出ていたので消滅させ、ジストニアの施術をした。魔障が出て行った。不具合のない事を確認して様子を見て頂く事にした。
  右上の1回目施術後の写真では喉の緊張が取れた為か、喉仏が施術前に比べて出ています。
類似症例:・・・締め付けが胸から始まり、喉、頭へと上昇し、意識不明になり、救急車で病院へ運ばれ、心電図検査でも異常が見つからず、病院ではいつも何もできなかった。・・・霊障編の青年を参照下さい。
 
   
  例4
   西森ひでおさん55歳がジストニアを訴えて来院された。お聞きすると、9ヶ月前に発症し、5ヶ月前から症状がかなり進行し出した。4ヶ月前に神経内科のジストニア専門医に頸部ジスニトアと診断され、1ヶ月に1回、飲み薬を貰いに行っている。症状は歩いていると首が左下に旋回する。はりに4回、中国整体に1回、カイロに3回行ったが、効果なかった。新橋の片面6000円(前面と背中をやってもらうと12000円)のはりに行った時は電気針でガガガーとやられ、首がガタガタ振れ、更に『毎日、来て下さい。』と言われたので行くのを止めた。施術が始まった。大脳基底核の腫瘍、大脳基底核、右視床下部、斜視を施術した。地縛霊が成仏され、魔障が出て行った。次回最適施術日は8日後。

  6日後に2回目来院された。お聞きすると、状態は前回と同じだった。施術は左視床下部の腫瘍、右視床下部を施術した。術後、左目の斜視はなかった。魔障が2回目出て行った。次回最適施術日は8日後。

  7日後、3回目来院された。お聞きすると、症状は変わらなかった。左右首後ろ筋が常時、痛い。右目に疲れで違和感がある。施術が始まった。大脳基底核とそこに出てる腫瘍を施術した。魔障が3回目出て行った。斜視は20年前の35歳くらいからあった。仕事上のパソコン作業疲れが、目から首に来てジストニアを誘発させた。斜視もその頃から進んだ。次回最適施術日は9日後。

  7日後、4回目来院された。お聞きすると、首の後ろ左右両筋に張りと痛みを持っていた。施術が始まった。大脳基底核に出ている腫瘍を消滅させ、自律神経失調症を施術した。魔障が4回目出て行った。不具合のない事を確認して様子を見て頂く事にした。

  1回目施術前写真では背骨も捻れているのが分かります。2回目施術前の写真では正面のカメラを左目で見ているのが分かります。カメラに視点を合わせようとすると、首が無意識に左に旋回しました。3回目施術前の写真では正面のカメラに両目で見ているのと、首の無意識旋回も改善され、斜視も、もう、ないのが分かります。4回目施術前の写真では、撮影は首の左振れの1番大きい時を撮りました。首の捻じれは、まだ、残ってますが、最初の時よりは改善しているのが分かります。
【西森ひでお1前】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
1回目施術前 

【西森ひでお2前】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
2回目施術前の斜視

【西森ひでお3前】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
3回目施術前

【西森ひでお4前】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
4回目施術前
 
     
 例5
    増田たかおさん51歳が書痙というジストニアを訴えて来院された。お聞きすると、10年前から右手薬指と中指が動かなくなり、ギターを弾けなくなった。パソコンのキーも右手は人指し指で行なっている。文字を書くにも不自由している。カイロプラクティックや針にも行ったが、改善しなかった。最近は姿勢に左右の歪みを感じ、ストレートネックの為に、首・肩・腰が疲れやすい。その他にも不安神経症うつ対人恐怖症を持っていた。施術が始まった。右大脳基底核の腫瘍を消し、ダメージの修復施術をし、他の全てに対して施術をした。次回最適施術は8日後。
【増田たかお1前】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
1回目施術前 
【増田たかお2後】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
2回目施術後 
     7日後、2回目来院された。腫瘍は、もう、見当たらなかった。大脳基底核のダメージと全てに施術をなした。地縛霊蛇の霊が出て行った。術後改善を見る為、しばらく様子を見てもらう事にした。
   右上写真は術前では中指と薬指が閉じたままですが、2回目施術後では少し開けるようになってました。
 
 
     
  例6    神経内科で斜頚と診断されました。整形外科でレントゲンとMRIを取りましたが、ストレートネックになってはいるが、ヘルニアではないと診断され、神経内科で病名を言われました。2か月前くらいからパソコンデスクワークが忙しく、首・肩こりが酷くなり、次第に首が左を向くようになりました。症状は段々、酷くなり、今は座るのも首が支え切れずに辛いです。
  上山しげ子さん43歳が痙性斜頸を訴えて、ご主人に連れられ来院された。顔が吊ったように左上を向いて、顔を正面に向けられないので、外を一人歩きできない。お聞きすると、1ヶ月半前から首が傾き出して、神経内科で痙性斜頸と診断された。会社ではパソコン業務をしていたが、2週間前に辞めて、6000円のハリに行ったが、改善の見込みがなかった。痙性斜頸と診断される前に肩こりで5000円のカイロに3回通っていた。最近、首の曲がりが段々、酷くなって来た。施術が始まった。左視床下部に腫瘍が出ていたので消滅させた。魔障が出て行った。次回最適施術日は4日後。
【上山しげ子1前座】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
1回目施術前 
 
 
     
 例7    西本こうじさん43歳がジストニアではないかと訴えて来院された。お聞きすると、症状の始まりは高校1年の時、バッと顔を横に向いた時からであった。症状は緊張時や人を意識すると首が旋回したり、固まったり、振れたりする。現在、精神安定剤2種類の服用で意識をぼかしている。電車・バス・会社の朝礼などでじっとしているのが辛い。病院では社会不安症と言われた事もある。これまでいろんな治療方法を試みて来た。9000円の気功に行った時は『あっ、これは治らん。』と言われた。8000円の呪文を唱えるとこへ10回通ったが、変化なかった。施術が始まった。左視床下部に腫瘍が出ていた。施術は左視床下部・中脳の黒色組織を含め1回目施術した。祖父のが成仏され、蛇の霊が出て行った。次回最適施術日は4日後。

  右術前写真では右肩が後ろに左肩が前に首が左向きに捻じれて、背骨の捻じれから来る猫背も見て取れますね。
【西本こうじ1前座】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
1回目施術前
【西本こうじ5前座】東京都板橋区整体治療院とき
5回目施術前
   7日後、2回目来院された。お聞きすると、前回施術翌日は電車で人と視線が合っても、以前のように気にならなかった。施術が始まった。社会不安障害はなかった。施術は@左視床下部の腫瘍 A左視床下部 Bジストニア Cパニック症・・・をなした。蛇の霊が出て行った。祖父のは憑いていなかった。次回最適施術日は4日後。

  7日後、3回目来院された。お聞きすると、2日前に精神安定剤を飲み忘れた事があったが、飲まなくても首に影響はなかった。『ジストニアは治りますか。治るとしたらどのように治りますか。』魔が刺して来たのである。施術は @右視床下部の腫瘍 A左視床下部 Bジストニア Cパニック症 D自律神経失調症・・・に対してなした。蛇の霊が出て行った。次回最適施術日は4日後。


   7日後、4回目来院された。お聞きすると、@首の捻じれは減って来たが、代わりに、首の揺れが気に成り出した。A当院のホームページを見た時や当院に来ると、首が捻じれて来る。・・・施術は@左右視床下部 A右視床下部の腫瘍 Bジストニア C社会不安障害 Dパニック症・・・に対してなした。は憑いていなかった。次回最適施術日は4日後。

   7日後、5回目来院された。お聞きすると、3日前に証明写真を撮った。正面の赤い光を見たら、首が左右に揺れた。施術はジストニア、左視床下部に出ている腫瘍、右前頭葉、小脳、左視床下部に繋がっている神経に対してなした。遂に出たか。魔障が現れ、出て行った。魔障は人間のではない。次回最適施術日は4日後。

  3日後、電話があった。『治っているのか、いないのか分からないので、治療を止めますね。』途中放棄で終わった。

  5回目施術前の写真では首の捻じれは相変わらずですが、背骨が以前よりは改善されているのが分かります。

 例8
   小山ゆみ子さん35歳が次の次のメールを下さり、来院された。『肩こり、首こり、猫背、背中痛、骨盤痛(全てほぼ左側が痛い)が周期的に起こり、首と頭痛にくると胃腸が変になり、マイナス思考になったりと、心身共につらくなって、限界がくると整体(カイロ?)に約3〜6ヶ月間隔で行っていました。※気になる事は寝ても体が痛い、だるい、疲れる、体が重い、右手がしびれる、イライラする、無気力、体重10キロ増、赤面症、不安、対人恐怖など。 以前に1年間心療内科に通いで薬を飲んでいましたが、効果が感じられなかった。薬に対して抵抗がある。普段は事務職と育児をしています。』
   お聞きすると、@10年前から首の痛みがあり、5年前から、酷くなり、特に左側が痛い。半年前からは常時、痛くなった。 A常に両肩に力が入っていて、両上腕が張っている。 B床から起きる時、背中が痛み、その痛みが胃に来る。 C太っていてだるく、疲れ易く、疲れが取れない。 D2年半前に1児を出産したが、時々、骨盤が開いて痛む。 Eイライラ・おっくう・あせり・赤面症・上がりがあり、感情のコントロールがうまく行かず、怒ったり、泣いたりしてしまう。その為、人と接するのが苦手で傷つきやすい。心療内科に1年間通院していたが、うつ前症候群とかと言われた。 F花粉症ほこり猫毛アレルギーによる鼻炎・・・・
 【小山1前座】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
      1回目施術前
  【小山1後座】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
     1回目施術後
   施術が始まった。骨格矯正に加えて、大脳・小脳・延髄・間脳・黒色組織・下垂体のダメージを含め、ジストニアうつパニック症花粉症鼻炎子宮筋腫・肥満を施術した。2代前の先祖霊が成仏され、蛇の霊が出て行った。お聞きすると、7,8年前に250ccオートバイを運転していて右折仕切れず、左ガードレールに衝突事故を起こしていた。
    写真の術前では背骨が歪んで、左肩が下がっています。肩と首も張って固くなっていました。緊張すると両肩が上がります。

 例9     秩父村作蔵さん34歳が首痛肩こりを訴えて来院された。お聞きすると『小学生の頃からサッカーをしていますが、24、5歳の時に首・肩こりが出て整形外科や接骨院で治療を受けましたが、治らず、パーキンソン病も疑い、2年掛かって神経内科に辿り着き、「君は軽いジストニアだね。」と言われて、ボトックス注射小瓶1本3万円を2回受けて治りました。サッカーも痙性斜痙と言うジストニアと分かってからは2年間だけ止めました。ところが、32歳になってから、また、肩周辺、特に左側に、こり・痛みが出だし、神経内科で『ボトックスを1本打ってみるか。』と言って、注射小瓶1本を打ちましたが、全然、利きませんでしたので、今回は痙性斜痙ではないと思います。それから、1年経って、更に、首痛も出だしました。首は左に傾いたり、右に首傾いたりして、手で首を支えないと普通に歩けません。それで、週1,2回の割で3ヶ月間、色んな治療院へ行きました。病院で紹介されたスポーツトレーナーの整体院へ行きましたが、全然駄目でした。アメリカから帰って来たカイロの先生、仙骨調整の整体院へも行きましたが、どこへ行っても治りません。』1回目の施術が始まった。両脇下・左肩・首に痛みがあり、両手首・首が緊張の為、異常に固い。脳腫瘍が1個見つかった。ジストニアだった。ボトックスは、もう、利かなくなっていたのだ。蛇の霊が1体成仏された。症状の軽減した事を確認して1回目を終了した。

    写真は、1回目施術前では右肩が後方に、左肩が前方に捻じれているのが分かります。     
【秩父1前座】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
 1回目施術前

 例10    東武村ユメさん28歳が四十肩を訴えて来院された。お聞きすると、高校時代にソフトボールをやっていた。大学を出てパソコンの仕事に就いた。パソコンに携わるようになってからが苦しくなり、我慢できない首痛が続き、1年半で仕事を退いた。半年後に以前よりかはパソコンに付く時間は減ったが、働き出した。しかし、また、が苦しくなったので2年しか続けられず、会社を辞めた。症状は右腕を水平位置より上は痛みの為、上げられない。運動をすると、全身の筋肉が痛み出す。下半身が重たく感じ、夜、眠れない時もある。頭痛も時々、起きた。病院へ行っても、はっきりとした病名が出なかった。脳のMRI写真を撮っても異常なしと診断された。お薬を飲み出して症状は楽になったが、通院を止めると、また、症状が出だした。両肩を触るとカチンカチンに固くなっていた。手足を施術中、手足はリラックスしてるはずなのにピクンピクンと無意識に動かす。脳腫瘍が1個見つかった。ジストニアだった。施術はすべての不具合のない事を確認して1回で終了した。症状が完全に消えるのには、なお、3,4週間掛かるだろう事をお伝えした。

  右の施術前写真ではがパンパンに張っていて、特に右の方が酷いのが分かります。
  【東武村ユメ1前座】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
      1回目施術前



     術後写真撮り忘れ

 例11   はじめまして。痙性斜痙という奇病にかかってしまった34歳の性別女です。何処に行っても(整形外科、神経内科、鍼灸など)治らずに凄く困まっています。首か震えたり、固まったり。凄くはずかしくて買い物もできません。不随運動もあり辛いです。こういう病気でも治していただけるのでしょうか?回数としては最低何回くらい必要としますか。なかなか理解してもらえない病気でこの病名が出るまで時間が掛かりました。痙性斜頚は首に出るジストニアだそうです。脳の指令がおかしくなってしまってるみたいな事を言われたのですが。宜しくお願いします。

  上記メールを下さり、花巻村タキさん34歳が来院された。お聞きすると、首が固まったり、震えたり、傾く。そして、喉に魚の骨が引っ掛かった感じの詰まりがある。左首筋から左肩にこる。スーパーのレジでうつむくと首がググッと横揺れを起こす。2年前に整形外科を2件受診したら、ストレートネックと診断された。1週間前には2日間、手足のしびれも発生した。見ると、脳腫瘍が1個見つかった。彼女は感情・情緒的に不安定な面を持っていた。1回目の施術が終わった。3年前に死亡したお父さんのが成仏された。


   1か月後、『あまり、変わらないのですが・・・』電話で予約をされ、2回目来院された。見ると、1回目施術前の首はパンパンに張っていたのが、やや、柔らかくなっていた。お父さんのは、もう、憑いていなかった。脳腫瘍も見当たらなかった。水子霊が1体成仏された。お伝えすると、1年前にジストニアと風邪で、こんな体で子供を産めるのかと落ち込んでいて、5週目の子供が死産で流産した。子供は親の気持ちを悟り、自殺したのだ。子宮筋腫Uが1個見つかったので消滅させた。生理不順は中学時代からあり、周期が2カ月になる事もあった。1年前の健康診断では異常なしだった。2回目の施術が終わった。ジストニアの症状は1か月後には消えていて、右首元のいぼのように隆起したほくろは4か月後には消えているであろう事をお伝えした。

  
 
      2回目施術前  

 
      2回目施術後

 例12     山本官介さん50歳がジストニアを訴えて来院された。お聞きすると、中国広州へ行った時、按摩マッサージ店で首をカクッとひねられた。それから、2、3カ月後、首が横向きになってしまった。1年間、いろんな療法を試みた。脳神経内科で大ビン1本保険適用価格で5万円ものボトックス注射を左首筋に何回か試みたが、いずれも全然利かなかった。整体院A20回、B10回、C3回、カイロプラクティック院2回かよった。10分3000円の整体院にもかよった。が、全然変化なしだった。見ると、胴体が左に大きく捻じれて、反対に首は右に大きく捻じれて、常に両肩に張り・こりを持っている。寝てると楽だった。1回目の施術が終わった。脳腫瘍が1個見つかった。
  リラックスした術前写真はお顔は右上を向いて胴体は真っ直ぐに壁に向いていますが、左肩は後ろに、右肩は前に捻じれて、両膝は左を向いています。

   9日後、2回目来院された。
   6日後、3回目来院された。見ると、脳腫瘍は消えていた。お父さんとタヌキが成仏された。信じられない。
   10日後、4回目来院された。見ると、新たに脳腫瘍が1個出現していた。
   【官介1前座】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
      1回目施術前
 【官介2前頭】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
      2回目施術前

 例13    柳まゆ子さん28歳が首痛・吐き気・手足のふるえを訴えて来院された。お聞きすると、3,4歳の時、道で自動車に追突され額を強打し、救急車で病院へ運ばれた。19歳になって、帯状疱疹が左顔面に出だした。20歳になって、首が重く感じ、強いこり・張りが出だした。背中全体に強いこりも伴い、ふわふわした横揺れの目まいも始まり、気分が悪くなった。緊張すると動悸息切れも出だした。これまで、レントゲン・CT・MRI・ペインクリニックの検査を受けたが異常なしと診断された。23歳になって、手足の震えも出だした。25歳になって、メンタルクリニック(診療内科)へ通い、リボトリールを朝夕1錠、パキシルを夕に半錠服用している。20歳の時から精神安定剤も服用している。これまで、整体・カイロ・はり・牽引・ペインクリニックを試すが、あまり、効果がなかった。帯状疱疹メニエールジストニアの施術は全ての不具合のない事を確認して1回で終了した。が1体成仏された。ジストニアの首症状については正常になるのに4カ月掛かる事をお伝えした。
  術前首写真は首が張っている為に影が薄く、首も歪んでいるのが確認できます。
 【柳1前首】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
     1回目施術前
 【柳1後首】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
      1回目施術後

 右の施術前写真では首がビア樽のように中ほどが膨らんでいますが、術後では膨らみが取れているのが分かります。

   2回目施術1週間後にメール問い合わせを頂きました; 『首のジストニアの治療をした後から頭の脳の左部分がずっと痛いのですが、私の体に一体なにが起こっているのでしょうか。』

  当院からの回答 ; 『メールをありがとうございます。その頭痛については、タキ様のお体を見てみないとはっきりとは申し上げられませんが、多分、好転反応ではないかと推測します。好転反応なら、あと、数日の内に痛みは消えていくはずです。』


   それから、1週間以上が何事もなく過ぎた。頭痛はもはや、消えたであろう。好転反応が出たという事は利いている証拠です。

   2回目回施術から21日後、メールを頂きました;
  ジストニアの治療をやってもらったタキです。先生に月の初めに治ると言われたのですが、やっぱり治らないみたいです。少し他の治療もしてみよーと思いますが、また、お世話になるかも知れないので、その時はよろしくお願いします。

   当院の考察: 頭痛の事には触れていませんので、喉元を通り過ぎれば何とやらで、もう、消えたものと解釈します。好転反応が過ぎたという事は脳に何らかの快方が見られると思っています。それはご本人が自覚できないかも知れません。どのくらいの期間でかは推測の領域であり、定かではありません。当院は患者さんに今回のこれっきりで治るとは断定しません。多分、よくなるだろうから様子を見て下さいとお伝えしています。一方、負の方に考えるなら、ジストニア脳腫瘍の再発の症例が出ています。どうしてかは、今のところ、分かっていません。脳腫瘍が再発したら、また、消滅させるだけです。何回再発するかも分かっていません。人それぞれです。

 例14    青葉みどりさん42歳が斜頸(しゃけい)というジストニアを訴えて来院された。お聞きすると、20年前の22歳の時、自動車事故で鞭打ち症になり、首を痛めた。治療により首痛は治ったが、その後、少し首の不具合を感じていた。後年28歳になった時、緊張すると意思に関係なく顔が左斜め下を向くようになった。病院を転々としていたが、原因が分からず5年前の37歳の時、初めてジストニアと診断された。リボトリール錠(脳のベンゾジアゼピン受容体に作用して、発作・痙攣・・意識消失などを抑える薬)を常用、2か月に1回、1本保険適用後の3万円もするボトックス注射を左首筋に受けるようになった。更に、2年前から片道3時間かけて遠くの1回3000円のジストニア治療専門針治療院へ週に1回かようようになった。だが、薬も注射も針も一時しのぎに過ぎず、ジストニアはいつまで待っても治らなかった。ジストニア治療の為、まともな仕事もできず、今日まで成年期を棒に振ってしまった。症状は首の歪み、スーパーのレジでうつむくと首の横揺れ、それ以外にも、うつ伏せに寝ていると首は楽だが、両膝頭に少し痛みが出る。左足甲に触るとピリピリとしびれが来る。1回目の施術が終わった。脳腫瘍が1個見つかった。

  【青葉1前座】東京都整体治療院ときわ台健康堂
     1回目施術前
   【青葉2後座】東京都整体治療院ときわ台健康堂
      2回目施術後

  4日後、2回目来院された。お聞きすると、『全然変わりません。』見ると、脳腫瘍は、もう、存在していなかった。両膝痛と左足甲のしびれのない事を確認して、ジストニアの一連の施術を終了した。2ヶ月後には首は正常になっているだろう事をお伝えした。

   右写真の2回目施術後では楽な姿勢を取ってもらった。やはり、まだ、顔が左下を向いています。

  それから、2か月1週間が過ぎて、『2か月後に治ると言われましたが、まだ、完治してません。』と言って、
3回目来院された。お聞きすると『その後、ハリ治療には行ってませんが状態は変わりません。ハリは受けても受けなくても同じだという事が分かりました。症状は時々、正常な事もあります。首以外に左足甲のしびれもあります。』施術が始まり、見ると、脳腫瘍が1個、また、出現していたので消滅させて、1か月間様子を見てもらう事にした。

   それから、42日後、治っていないとの怒りのお電話を頂きました。どうも、また、脳腫瘍の再発があるようにお見受けします。また、ボトックス注射に戻ったようで、ハリには推定100回も通ったが、当院へはたった3回しか通う努力をされなかった難病の尻切れとんぼ施術巻でした。お粗末様でした。

 例15     牛若麻呂さん38歳がジストニアを訴えて来院された。お聞きすると、『ジストニアとは、まだ、決まった訳ではないのですが・・・』で始まった。幼年時からバイオリンを引いているバイオリニストだった。3年前より左薬指のコントロールが利かなくなって、整形外科で左肘に尺骨神経の注射を1年間打ってもらったが、良くならなかった。それで、半年前よりカイロプラクティック院に9回、マッサージに1カ月間毎日、ハリに1ヶ月間2〜3日に1回通ったが、いずれも全然、良くならず、変化なしだった。更に、10年前より時々、頭痛肩こりを持っていた。見てみると、ジストニアは存在しなかった。原因は唯の首・左肩周辺の骨格のずれだった。施術は全ての不具合のない事を確認して、1回で終了した。

  術前写真では左肩が上方に競り上がっているのが分かります。
  【文太1前座】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
      1回目施術前
   術後写真撮り忘れ

 例16     蔵馬天狗さん33歳は中学の頃からジストニアの症状として、右腕が震え出した.。この症状を特に書痙(しょけい)とも言う。5年前に薬物療法を試みたが、効果の出ない事が分かった。3年前の脳外科手術で震えはとまったが、文字を書くとき、右肘から手首迄の硬直が残った。その後、3ヶ月前迄、週に1度の鍼治療を受けていた。それでも改善しないので、更に、9か月前より病院でボトックス注射(ボツリヌス菌毒注射)を3回受けたが、症状は益々悪くなり、顔を右に向けると首が痛み出し、左右両肩が重くなり、左右の腰までが痛み出したので、鍼治療ボトックス注射療法も止めてカイロプラクテック院に5回通ってみた。だが、やはり、全然、改善しなくて、当院を尋ねて来られた。症状はこの他に5、6年前より歩行中の両膝頭と両踵の痛みも持っていた。

    1回目の施術は首・両肩・両膝頭・両踵の全ての痛みのない事を確認して終了した。私は『天狗さん、ここに文字を書いてみて下さい。』と言って、ボールペンで字を書いてもらった。天狗さんは『ああ、前より少しいいです。』と答えられた。

   10日後、メール予約されて、2回目来院された。ジストニアの事を聞いてみると、『うーん。』と考えていた。首肩腰は改善して来ていた。施術は全ての痛みの無い事を確認して終了した。

     4日後、メール予約されて、3回目来院された。ジストニアの事を聞いてみると、『うーん。』と考えていた。首肩腰は改善して来ていた。施術は全ての痛みの無い事を確認して、一連の施術を終了した。私は『天狗さん、本日でジストニアの施術を終了します。ジストニアはもう、治っているのです。腕の硬直は次第に取れて来るでしょう。』とお伝えした。

                            
     【天狗1前筆】板橋区治療系整体院ときわ台健康堂      【天狗3前筆】板橋区治療系整体院ときわ台健康堂
        1回目施術前の直筆            3回目施術前の直筆

 当院コメント: 患者さんには自分が良くなっているのが、毎日、少しずつなので自覚できません。


 例17     武田のぶおさん30歳が痙性斜頸を訴えて来院された。お聞きすると、職業は塗装業だった。4ヶ月前に仕事のストレスでか、突如激しい首痛に襲われ、首を癒す為に棒で首を叩いていた。そうしたら、首が曲がって来た。治療は接骨院に5,60回、8000円の気功に7回通ったが、治らなかった。 ジストニアは首以外に全身に及んでいた。

4日後、2回目施術した。
 4日後、3回目施術した。
 9日後、4回目施術した。
 11日後、5回目施術した。
 4日後、6回目施術した。
 7日後、7回目施術した。
 6日後、8回目施術した。
 10日後、9回目施術した。
 8日後、10回目施術した。来院時、症状が良くなりかけていた時に仕事に早く復帰したい為に自宅での頭を床につけてブリッジの姿勢で首の筋トレをして症状を悪化させていた。
 7日後、11回目施術した。
 7日後、12回目施術した。それから2,3週間後、病院の飲み薬は聞かなかったが、ジストニアは消えた。

 
 
 例18     中山さとしさん29歳がジストニアを訴えて来院された。お聞きすると、右手でペン・ダーツを握ると必要以上に握りしめてしまう書痙(しょけい)と言うジストニアだった。更に、疲れて来ると右腕の筋が張って来る。症状は2年前から出だし、病院で脳のMRI検査をしたが、特に異常は見つからなかった。10年前に交差点を自動車に乗って右折時、トラックの横腹に衝突してしまった。救急車で病院へ運ばれたが、出血もなく、軽い鞭打ち症で済んだ。施術が始まった。右前頭葉と左視床下部に不具合と右視床下部に腫瘍が見つかった。施術は全てをなし1回目を終了した。

 例19    【眼瞼痙攣】  花粉症編の風の小太郎さんを参照下さい。

 例20   眼瞼下垂の山下ひとみさんを参照下さい。

 例21   【片側顔面痙攣 】 半身麻痺編の小笠原さえ子さんを参照下さい。なお、片側顔面痙攣はジストニアとは別に分類されます。

 例22   首の揺れは左視床下部の不具合から来る痙性斜痙と呼ばれるジストニアだった。
                                     眼振(1)の柳生九兵衛さんを参照下さい。
 
 
 例23
   A1か月前から左瞼が痙攣(⇒ジストニア眼瞼痙攣⇒右視床下部に腫瘍) B高校時、受験・大学受験の頃から首に違和感がある。 C疲れやすく、肩こり腰痛眼精疲労があり、夕方になると、疲れで眠たくなる。 Dアトピー(出たり引っ込んだりを繰り返しているが、以前よりは軽くなっている。) E果物アレルギー(改善しているが、果物を多量に食べると口の中が、まだ、荒れる。以前は食べられなかった。)
                  ・・・アトピー編の南川すすむさん4回目を参照ください。
 
 
 例24    眼振の他に斜視と首、肩、脚のジストニアも施術した。
                  ・・・眼振(3)編のパイナップルボーイさんを参照下さい。
 
 
      上半身ジストニアを伴う統合失調症 ・・・・・・ 霊障編の奥山みなこさんを参照下さい。
 
 
      頭、顔の左側寄りに、しびれ、塊、圧力のような不快な感じがあり、それに意識をやると口がモゴモゴ動きます(→ジストニア土地の魔障)。 ・・・・眼振(3)編の東山ゆうやさんを参照下さい。
 
 
      体重を右側に掛ける癖があり、右首筋・右肩・右腰部が痛い(→ジストニア)。。
                   ・・・精神疾患編の山村たんこさんを参照下さい。
 
 
     体のこりが、実は、本人の意思に関わらず、勝手に筋肉が働くジストニから来ていた。それも先天性ジストニアだった。               ・・・・不眠症編のけいたさんを参照下さい。。
 
 
     頭頂が引っ張られ、顔が勝手に動き、顔が変わって見える【→ジストニア
                         ・・・・霊障(2)編の山岸さやかさんを参照下さい。
 
 
     夜中に目が覚めると胸が上下に振動していた(→ジストニア)。
                    ・・・首・肩こり、腰痛編(2)の西川ひでおさんを参照下さい。
 
 
     3か月前から症状が和らいで来て、今は体重が3Kg戻り、手足のドッタンバッタンと勝手に動くのは止み、手指が勝手に動く程度だ。                      ・・・霊障2編の島長よう子を参照ください。
板橋区治療系整体院ときわ台健康堂タグ
【お問い合わせ】板橋区治療系整体院ときわ台健康堂
T O P

    先天性眼球振とう(1) l 眼振(2) l 眼振(3) l メニエール l 顎関節症 l ジストニア l 視覚障害 l 聴覚障害 l 膠原病 | リウマチ l 繊維筋痛症 | 全身性エリテマトーデス l 小児麻痺 l 多汗症 l 霊障 l 坐骨神経痛・ぎっくり腰 l 肩こり・腰痛(1) l 肩こり・腰痛(2) l 四十肩・五十肩  l 耳鳴り l 視力低下 l 眼瞼下垂 l 斜視・乱視 l 喘息 l 花粉症 l アトピー性皮膚炎 l 電磁波過敏症・IBS lシックハウス症候群l鞭打ち症 l 片頭痛 l 自律神経失調症 l 肋間神経痛  | ヘルニヤ l 腰椎すべり症 l狭窄症 l 脳内出血 l 脳梗塞|半身麻痺・しびれ l 股関節 l 膝関節(1) l 膝関節(2) l 足首 l 痔 l むくみ l 生理痛 l 不妊症 l 出産前後 l 腫瘍・癌・歯槽膿漏 l 潰瘍 l 肝炎 | 糖尿病 l 甲状腺 l 動悸・心臓 l 頻尿・便秘 l 内臓諸症状 | O脚X脚 l 豊胸 l 顔輪郭矯正 l うつ l 精神疾患 | 不眠症 | 歯 
広告は無料サイトを使っている為に出ます。
東京都 板橋区 治療系整体院 ときわ台健康堂 ジストニア