変形性膝関節症(1)   Osteoarthritis of the knee
 例1
【幸太郎1前1】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂   幸太郎さん51歳が両膝関節の痛みを訴えて来院された。両膝の痛みの自覚は一番古くは10歳頃だった。脚を鍛える無理が裏目に出て徐々に悪化していった。5年前から特に痛みが酷くなり、その間、10整形外科病院15人の整形外科医に診てもらったが、誰も治せなかった。8ケ月前の8番目の病院でMRI検査を受け、内側半月板後節変性の水平断裂と後十字靭帯の損傷と診断された。手術も検討されたが、手術しても必ずしも回復する見込みがないと判断されたので見送られた。最近、リハビリの病院に通っているが、貰った病名は変形性膝関節症で、治らず、トイレに行くのも辛く、普通の人の早さで歩く事も、1.5Kgくらいの物を持つ事も、働きに出る事もできない状態である。そして、両膝に冷えを感じ、膝頭を押すと痛み、特に、左膝頭が痛み、更に、歩くと両膝関節がカクカクする。外出は2.5Kmの歩行までなら大丈夫だった。それ以上は痛みが出た。そして、外出してから2、3日は家で安静にしていなければ痛みが出る状態だった。先日、宅急便で1.4Kgの荷物が届いた。荷物を受取って、15歩歩いただけなのに1時間後から膝が冷える感じがし、膝が痛くなった。1週間安静にしていたら治った。痛みがやはり、改善しないのでリハビリの先生に尋ねたら、『加齢のせいでしょう。』と言われた。そして、『ヒアルロン酸の注射をしましょうか。』と言われたが、見合わせた。
   当院の1回目施術は全体と両膝の半月板十字靭帯の病変を修復する施術をし、痛みのない事を確認し、O脚矯正施術を受けられる事をお勧めして施術を終了した。

【幸太郎2前】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
7日後
2回目来院された。新たに頭痛も持っている事を述べられた。15年前よりデコボコ道をバスに乗ったときの振動とか、電気かみそりを顎に当てたりして、頭部に振動を与えると頭痛が発生し出した。2回目の施術は全体施術、内側半月板・後十字靭帯修復施術、脚矯正をした。

   写真は膝関節だけでなく、体全体のずれを伴っている事を現しています。頭痛もそこから来ています。ですから、どこの病院も鍼灸マッサージも神経を操作して一時的に痛みを止める事はできても治す事は決してできません。どうしても治りたい方にだけ、もう一度、教えてあげますね。治す事は決してできません。
【2回目施術から2日後に患者さんから近況報告のメールを戴きました】
    4月○日の木曜日(2回目の施術日)はどうもありがとうございます。その後の膝の調子はどうかというと、4月○日木曜はときわ台に行ったので、
3.5kmも歩きました。3.5kmも歩くのはめったにないのだけど、その日の夜とか翌日とかでも、長い歩行が原因で膝が痛くなることはありませんでした。でも、立つと左膝が痛いというのは以前と同様にあります。最近の経験則では、痛くなるのは、たとえば、昨日も3km歩き、今日も3km歩くというふうに連続してうんと歩く場合のようです。あと、いつもより重いものを持った場合です。逆に、痛くならないのは、たとえば、おとといは家で安静にしていて、昨日も安静にしていて、今日は3km歩くという場合です。早い話が無理をしないという場合です。
今回は2回目施術の前日も前々日もほとんど家で安静にしていたことや、抄明先生に施術をしてもらったことなどにより、膝の痛みは3.5km歩行をしたのに大丈夫でした(ただし、立つとすぐに左足が痛い。というのは、安静の日と同様に痛いです)。
当院コメント: 15歩が3.5Kmに改善したのですよ。おめでとうございます。日を追ってまだ、良くなるはずです。

【2回目施術から12日後に患者さんから近況報告のメールを戴きました】
いつもお世話になります。最近の膝について報告したいと思いますのでよろしくお願いします。
   気づいたことがありました。以前、ほんの1.4kgのものを持って10歩ぐらいしか歩いてないのに、膝が痛くなってその後の数日は治らなかったことがあったが、膝にサポーターをしていなかったことが原因かもしれないと考えました。なぜなら、これと同様なことが過去にもあったが、その時も全部、サポーターをしていなかったから。
   もう一つ気づいたことがありました。家にいる時や外出時にひざを暖めていたのですが、
最近は以前ほど暖めなくて済むようになりました。暖かくなったことと施術が原因だと思います。去年は6月ごろから、あまり必要でなくなったので、去年よりかなり早い。
   以下は時系列の膝の状況です。
4/○木 健康堂に行った。3.5km歩いた。いつもの左膝の痛みはあったが、両膝は、まあ、大丈夫だった。
翌日1日目、 家 (家にずっといたの意味です。)
2日目、 家
3日目、 2.9km歩いたが、
2kmぐらいから膝が痛くなった
4日目、 家
5日目、 家
6日目、 
2.8km歩いた(池袋に行った)が、両膝はほとんど大丈夫だった。左ひざも、歩いているときは、以前と同様に痛みは感じないが、座り続けたり、横になって居続けたりした後にトイレに行くときなどで、立って歩き始めると、歩き始めた1分くらいは痛い(これは以前と同様)。
7日目、 家
8日目、 家
9日目、 3.3km。だが、
2.0kmあたりから膝が少し痛くなった。この日は池袋に行って宿泊。ところで、いくらうんと歩いても、痛いなら逆効果だと思う。だから、今後は痛くなったら、タクシーに乗るとかしたほうがいい。
10日目、 2km。痛くなかった。昨日うんと歩いてしかも痛かったのに、どういうわけか。今日は
2kmあるいても大丈夫だったいつもなら痛かった日の次の日に歩けば必ず痛いままだった。なお、この日は前日から、池袋にいて、夜に家へ帰った。ところで、立つと左足が痛いのは今までと同じ。それから、大丈夫かと思って、うっかり、ちょっと重いもの(やや厚めの掛け布団だから2kgぐらい)を持ってしまった(持って歩いたわけではない)。もしかすると、また、ひざを悪くしたかも。

       以上です。おかげで
よくなるような感じですが、無理は禁物なので気をつけます。今後も報告したいと思いますのでよろしくお願いします。
当院コメント:膝靭帯の損傷から来る膝関節の冷えが少し、改善して来ているという事は膝の靭帯も改善して来ているのだろうと考えます。歩行距離も伸びている感じです。そうです。無理をせず、改善を期待しましょう。

【2回目施術から25日後に近況報告がありました】
  最近また寒くなったせいか、ひざは常に暖めていないとだめですね。暖かくなれば、たぶん暖めなくても大丈夫かも。だいたい3日間家にいて1日外出して3kmぐらい歩いているんだけど。その3kmのうち、さいしょの2kmはまあまあ大丈夫なんだけど、最後の1kmぐらいは痛くなりますね(だから、本当はこの1kmはもはや歩かないほうがいいのだけど、いきなり家に行けないし、タクシーだって、ホームや店の中に来ないので結局1km歩いてしまいがちになる。それを予期して2kmだけで家に帰ればいんだけど。)トイレに行くためにちょっと歩くだけでも左足が痛いというのは以前同様で、痛いままです。

最近の記録(前回の報告以後の記録です)
11日目、 家(家にずっといたという意味)
12日目、 2.6km。新宿 床屋。まあまあだった。左膝が痛いのはいつもの通り。
13日目、 家
14日目、 家
15日目、 家
16日目、  4km 池袋 2.3kmぐらいから痛くなった。
17日目、 1.3km 少し痛い。
18日目、 家
19日目、 ほとんど家
20日目、 2.6km 新宿。まあまあの痛さ。というか、悪くはない。ただし、左足はいつものように相変わらず歩き始めた頃から痛い。
21日目、 家
22日目、 家
23日目、 家
24日目、 3.3km 池袋 2.4kmぐらいから痛くなった。
25日目、 家にいる予定
26日目、 家 この日と次の日は急に寒くなったせいか膝が痛くなった。寒くなったのに、膝を暖めなかったからかも。
27日目、 家
28日目、 1.2km 
3回目健康堂へ行った(距離を計算したら、遠出をしたのに意外と歩いていないんだなあ、と思った)。
当院コメント: 施術効果を使い果たしてしまった感じですので3回目の施術を早く受けましょう。

   
28日後3回目来院された。お聞きすると4日前に3Km歩いたが、2Kmから痛みが出だした。2、3日前500m歩いたが、膝サポーターをしているのに100mから、痛みが出だした。昨日はずっと家にいた。本日はここへ来るのに1.2Km歩いたが、痛みはなかった。ガムは2日に1回の割で噛む習慣があるが、8分くらい噛み続けると頭痛が発生する。3回目の施術は2回目と同じ施術をした。

【前回施術から14日目に幸太郎さんから近況報告のメールを戴きました】
1日目、 家
2日目、 家 この日と次の日は一昨日と同じ理由でまた痛くなった。
3日目、 家
4日目、 4.2km 池袋ほとんど大丈夫だったが、最後のほんの600mぐらいから少し痛くなった。前日まで家にいたのにひざが痛くなったのだが、この日はその痛みはなかった。たぶん前日まで膝を暖めて安静にしていたからかも。
5日目、 家 また足が冷えた感じで痛い感じ
6日目、 家 足については前日と同じ
7日目、 家
8日目、 家
9日目、 2.4km 新宿に行って帰った。2.4kmのうちだんだん痛くはなったが、ふだん歩いていなくて、たまにうんと歩いたから、痛くなったという感じで、これは仕方がない痛みだと思う。だから、ふだんも歩けばいんだけど、その辺の兼ね合いが難しいというか悩むところである。だから、今日みたいに久しぶりに歩くときは1.5kmぐらいがいいと思う。
10日目、 家 最近は暖かくなったが、ひざは一日中暖めている。
11日目、 2.5km 新宿 東急ハンズ ネコ喫茶 無理しそうになる感じだったので、途中タクシーに乗った。その結果、最近、久しぶりに歩いたが、まあまあの痛みです。
12日目、 家 左膝が少しは良くなった感じ(あくまで感じであって、もしかすると以前と変わらないのかもしれないが)。朝、寝ているとき左膝を下の方向にちょっと力が加わったため、左膝が今までよりちょっとひどくなった。しかし、翌日は、さほどひどくはないことに気づいた。
13日目、 家では、今度の○曜日に伺いますのでよろしくお願いします。

当院コメント: ここ、最近、雨の日が続いています。気温も上がったり下がったりで膝関節の痛む季節です。膝関節を冷やさないように気をつけましょう。

【MRI】板橋区整体治療院ときわ台健康堂   
16日目4回目来院された。1週間前からコンドロイチン・グルコサミンサプリを通常量接収している。そして、本日、チューインガムを強く噛んだら、頭痛がした
と言う。左膝頭に痛みを持っていた。施術は前回と同じ施術をした。左膝後十字靭帯の切断が深刻であった。
靭帯の断をカバーする為に、膝関節外側の筋肉が引き付けを起こしているのである。後十字靭帯の切断は48歳のときである事が分かった。

【患者さんから近況報告のメールを戴きました】
私の表現上の癖で「膝が痛い」という意味で「足が痛い」と表現するところが多いですので、とりあえずご承知しておいてください。
【幸太郎5回目】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂14日目、 1.7km 新宿 PHSの契約とかで、少なくとも(35+15)分ぐらいたち続けていたので、歩くことより立っていたほうが、足に負担がかかったと思う。イスはないかと聞いたが、なかったし。あと、バスで新宿に行き、その時立っていたので、さらにプラス15分。
15日目、  家
16日目4回目 3kmぐらいだと思う 健康堂 ときわ台 池袋
1日目、 2kmぐらいだと思う
2日目、 家
3日目、 家
4日目、 1.8kmぐらい。
歩いてすぐに右ひざと左ひざが交互に痛くなった。詳しく言うと、歩き始めてすぐに左ひざが痛くなり、約10分後は左ひざは痛くなくなって代わりに右ひざが痛くなる。さらに10分ぐらいたつと、左ひざが痛くなる。大体この繰り返し。でも、少し痛いという程度である。ところで歩き始めて300m目から新しい靴に代えた。でも、前述の足の痛みとは関係ない。新しい靴に履き替える前から痛かった。
5日目、 家
6日目、 家
7日目、 
2.5km 新宿 これだけ歩いたのに、ほとんど痛くなかった。なぜなのか? とりあえず考えられるのは: @健康堂のおかげ A靴を重たい革靴から運動靴に変えたから Bグルコサミンを服用して10日ぐらいたったから Cオー脚がやや直ってきたから D2日安静にしたから
8日目、 家
9日目、 家 ちょっと新中野駅そばのベローチェとATMまで自転車で行ったが。
10日目、 家
11日目、 2.5km 新宿 2kmぐらいから痛くなった。猫とミニカーの動画を取った。
12日目、 家
13日目、 家
14日目、
3.5km 池袋 最後の1kmは膝が痛かった。ところで、膝が痛いといつも書いているが、痛くて歩くのが大変というより、「今痛いので、このまま今歩き続けると、後でもっと痛くなるとか痛みがもっと続くのが怖い」という意味が強い。歩くのが困難ということよりも、後が怖いという心配が強いです。現実にはこのようにあとのことを考えて対処しているので、あとで困ったということはあまりないです。
15日目、 1.2km 池袋 雨が降った。
16日目、 0.8km JR中野駅まで自転車で行った。三井住友銀行に行くため。
17日目、 今昼の4時だがたぶん家にずっといる。
18日目、  2.1km 膝は家に帰ったら、痛みが出たが、疲労の痛みという感じなので、心配はないだろう。 新宿へ高画質のデジカメでネコの動画を撮りに行った。ミニカーのハンドルが壊れたので、新しいミニカーを買った。
19日目、 家
20日目、 家
21日目、  1.8km 新宿。ルノアールで泊まった。
22日目、 
3.6km 新宿→吉祥寺→荻窪(もちろん電車)。 かなり歩いたけど、ほとんど痛くはならなかった
23日目、 家
24日目、 1.4km 池袋
25日目、 家
26日目、 0.5km 新中野
自転車に乗ったが0.5kmぐらい自転車をついて歩いた。これしか歩いてないのに、膝が痛い。家に帰っても痛い。7日目はあんなに歩いて平気だったのに、原因・理由がわからない。

   
28日後、5回目来院された。左右両膝頭に痛みを持っていた。施術は前回と同じ施術をした。右足首が幼少の時からの癖で、外側歩行していた為、(即ち、ガニ股)変形している事が分かった。一筋縄ではいかない。右足の悪さ由来で左肩までが固くなっていた。両膝から1体ずつ不浄仏霊が成仏された。膝についてはしばらく、様子を観察する事にした。
        
【幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】

27日目、 家
28日目、 2.3kmぐらい。
5回目健康堂へ行った。その後、新宿にちょっと行った。新宿ではいつもの土曜よりも人が5倍ぐらい多かった。たぶんボーナス直後の土曜だから。
1日目、 家
2日目、 家
3日目、 家
4日目、 4.4km 新宿の東急ハンズに行って3400円×2つの膝サポーターを買い、東急ハンズのトイレで装着した後はずっと装着していた。すなわち、はじめの1kmは今まで通り簡単な膝サポーターをつけ、その後の3.4kmは買った膝サポータを付けていた。
こんなに歩いたのに家に着いた時点でも、ほとんど大丈夫だった。(以後このサポーターをピジョンサポーターと呼びます。ピジョン製なので)
5日目、 家 家から片道250mぐらいのところへ用事があって、帰る時、ピジョンサポータを膝にそのまま付けた。肌に直接あたるので、今までの布製の上にはいたほうがいいと思った。
6日目、 2.7km 新宿 ネコ撮影 布サポーター + 懐炉 +ピジョンサポーターを付けたが直接ピジョンサポータが肌に触れてやや痛いので、布サポーター + 懐炉 + ルースソックス +ピジョンサポータールー という重ね方をした。
7日目、 1.2km 新宿
8日目、 家
9日目、 家
10日目、 家
11日目、 1.5km(たぶん) 
12日目、 家
13日目、 家
14日目、 2.0km(たぶん)
六本木。ピジョンサポータを付けたが、割とゆるく付けているのに、膝の上下が締め付けられている感じがするので、この装具は私に合わないとほぼ断定した。
15日目、 家
16日目、 家
17日目、 3.3km 新宿 家で膝を電気毛布で覆うのはやや熱いので、つけずに眠ったら、膝がちょっと冷えで痛めた感じ。でも、新宿に行った。ピジョンサポータは付けずに、いままでのやり方(布サポータ+カイロ+ルーズソックス}で新宿に行った。その結果、
さほどひざはいたくなかった。というより、意外と膝の調子が良かった。しかも、割と長く歩いたのに
18日目、 家
19日目、 家
20日目、 1.8kmぐらい 新宿
まあまあ。ところで、夏は電気毛布は暑くて嫌だ。だから、この日から、家にいても電気毛布は使わずに、かわりに、カイロをひざに当てている。しかも、足に圧迫がないようにしている。だから今までよりも快適に膝を保温できる。
21日目、 3kmぐらい 渋谷 
歩きはじめは痛かったが、すぐに痛くにくなり、その後はずっと調子が良かった。家に帰ったあと、Willcomの請求書が届いていたので、ファミリーマートに行って送金した。
22日目、 家
23日目、 4.3km 新宿。西口郵便局や歌舞伎町広場などかなり歩いた。ペット屋さん近くの鉄柵に座っていたら、バランスを崩して30cm落下した。しかも、右足だけで着地してしまった。ふだん足の筋肉を使わないので、軽い捻挫をした。しかし、24時間以上後の時点で足の様子をちょっとチェックしたけど、ほとんどダメージがなかったようだ。それにしても、かなり歩いたが、その時もそののちも、
さほどひざは痛くなかった。数日たってもほとんど何でもなかったのでよかった。10日後の時点では、すっかりこの小さな事故を忘れてしまっていた。すなわち、まったく大丈夫だということ。
24日目、 家
25日目、 よく覚えてないがたぶん新宿に行ったと思う
26日目、  家
27日目、 家
28日目、 3.3km 池袋 
あまり痛くなかった
29日目、 2.4km 池袋 
20分ぐらい長く立っていたら、足が痛くなったが、1時間ぐらい休んだら、歩いても痛くなくなった。こういうことを2〜3回やったけど、休んだあとは歩いても、まあまあ大丈夫だった。だから、程度にもよるが、ある程度休めばいいのかも。
30日目、 家
31日目、 家
32日目、 家
幸太郎さんのコメント : 以前とあまり変わらない感じ。よくなったり悪くなったり。

   
35日目6回目来院された。長い期間を開けていたので骨格が、また、随分、ずれていた。膝にはもう、不浄仏霊は憑いていなかった。前回とほぼ同じ施術をした。切れた膝靭帯の修復が成るのか、成るとすればいつまで待てばよいのか、実のところ、私にも分からない信じられないのである。まさか、家にじっと安静にしていろ、両脚にギブスをつけろとは言えないし・・・

【幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】
18日目、水曜 1.5km
19日目、 -- 2.3km
20日目、 -- 2.2km
21日目 -- 0.4km
22日目、日曜 2.0km
23日目-- 1.2km
24日目、 -- 1.8km
25日目、-- 0.4km
26日目、-- 2.6km
27日目、 -- 0.4km
28日目、 -- 1.9km 
この日まではかなり順調。この日は1.3kmあたりから膝に無理が来た。この日はそれまでバスに乗ったり、銭湯に行ったぐらいで膝に無理が来た理由は不明。
29日目、日曜 1.2Km
当院コメント : 随分外出するようになりましたね。

 
32日目7回目来院された。20日前の健康診断票を持参していた。血液検査で2年前と3年前の健康診断では少し異常が出ていたのが今回は正常になっていた。コレステロール値が高めだったのと白血球数が低めだったのが正常になっていた。だが、注記として便秘前立腺肥大ありと表記されていたので、それらと左右両親指の腱鞘炎も施術修復した。
当院コメント:血液検査に対応する施術は特に何もしませんでしたが、当院の施術を継続する事で予期しなかった所までが治って行くのです。

【幸太郎さんから8日目に近況のメールを下記、戴きました。】
   良い知らせです。左膝が ”ほんの5メートル歩くだけでも、痛みを感じる” と私が言ってましたですよね。ところが、それが良くなった感じです。8日前に施術してもらってからです。現在一週間経ちます。初めは”また痛くなるだろう”と思っていましたが、ほとんど痛くないです。激痛を100と仮定して、それまでの痛みが30とすると、その後は10以下といった感じです。とにかくありがとうございます。でも長く歩くとか重いものを持つとかの場合は変わってない感じです。とりあえず現況報告でした。

【幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】
歩いた距離の記録(0kmとか0.2kmとかはずっと家にいた日である。0kmも0.2kmも実質的に同じ意味である。))(以下の記録は、前回までと違って、新しい順の日付順になっています)
11日目、 歩いた距離1.8km
12日目、 歩いた距離 0.2km(家にいた。近くの八百屋に行ったぐらい)
13日目、 歩いた距離は 自転車をついてだが、2kmぐらい。
14日目、 0km
15日目、 自転車をついてだが、今日歩いた距離は1kmぐらい。
16日目、 0km
17日目、 1.6km歩いた。
18日目、 3.3km歩いた漫画喫茶で起きた。秋葉 でマイクロSDカードを買った。
19日目、 0km
20日目、 0.2Km
21日目、 2.1km
22日目、 家にずっといた。
23日目、 0.3km
24日目、 1.4Km
25日目、 0kmずっと家にいた。
26日目、 0.2km(八百屋に行っただけ)
27日目、 3.3km 新宿 床屋
28日目、 2.0Km
29日目、 0Km
30日目、 0Km
31日目、 2.4km夕方に六本木
32日目、 2.8km
33日目、 0.2Km
34日目、 0.2Km
35日目、 0.2Km
36日目、 0.1Km
37日目、 0.5Km
38日目、 3.8Km (いつもの土曜と違って外泊せずに家に戻った)
39日目、 0.1kmずっと家
40日目、 2.8km秋葉原でキーボード買った。

全般的に膝の調子がよくなった。本当に抄明先生のおかげです。具体的には:
●サポーターをしなくても、大丈夫になった。これはすごいことです。ただし、カイロは引き続き1日中、膝に付けている。
●以前は左足がほんの数メートル歩くだけで、痛かったのが、8月の下旬あたりから、余り痛くなくなった。詳しく言うと、ほとんど痛くない日もあるし、痛い日もある。でも、痛い日であっても、以前の痛さよりかなり軽い痛みにすぎない。これもすごいことである。
●週に2または3日ぐらいしか外出しない。でも、外出すると、2〜3kmは歩く。しかも、3km歩いても以前と違って、足が痛くならない。(でも、疲労みたいな、無理させた感じの感覚はある。まあ、それは、普通の人でもそうなんだけどね。)
●腹筋運動を9月上旬までやっていたが、その後は暑くてやらなくなった。九月上旬まではエアコンのある部屋にいたので腹筋運動を気軽にできた。)

   
43日後、8回目来院された。お聞きすると、『便秘は治りました。は前回施術後、1回だけ出血がありました。前立腺肥大は、以前は水を飲むと30分くらいもすると小便として出ていましたが、以前より良い感じです。膝頭は前回施術直後から調子が良くなりました。今日は膝頭の調子が良いですが、左膝頭に痛みがあります。』と答えられた。施術は痛みのない事を確認して終了した。

【幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】
いつものように、どのくらい歩いているかの記録を時系列で列挙します。
大まかに言うと、週に2日または3日だけうんと歩きます。その場合は、一日あたり、平均で2.5kmです。それで、最近はこれだけ歩いても、あまり痛くありません。まあ、たまにしか歩かないので、無理しているなっていうような感覚はありますが、いつも歩いていないのだから、当たり前ともいえます。
○/○日 3.3 km 健康堂へ行った。
1日目、 0km
2日目、 0km
3日目、 多分、1.2km。腰が神経痛だった。
4日目、 0km
5日目、 0km
6日目、 0.1km
7日目、 0.4km
8日目、 0km
9日目、 多分、0.6km
10日目、多分、1.2km
11日目、 0km
12日目、 0km
13日目、 0.2km
14日目、 0km
15日目、 2.9km
16日目、 多分、0km
17日目、 0.7km
18日目、 0.7kmぐらい。朝7時ロアビルからに出て、浅草へ。2Km
19日目、 0km
20日目、 0km
21日目、 多分、0km
22日目、 2.8km歩いた。上野 バスで雷門マクド
23日目、 0km
24日目、 0km雨が降った。
25日目、 2.5km北千住に行った。新中野のハナマサにも行った。
26日目、 0km
歩くだけで痛かったのが、かなり良くなりました。というか、はっきりと、良くなったのが実感します。今までは、ちょっと歩くだけで左足が痛かったのが、
最近は時折痛くなるだけです

 
29日後、9回目来院された。そして、『前々回の施術後からかなり良くなりました。最初は10歩歩いただけで痛くなり、どこの病院へ行っても治らなくて、もう、一生良くならないと思っていました。今は思い出すと痛いと感じ、忘れている事が多いです。週2、3回しか歩きませんが、これまで2、3Km歩くと痛みが長く続きましたが、前々回施術後からは3Km歩いても痛みが続く事は無くなりました。コンドロイチン・グルコサミン・ヒアルロンサン錠は通常、1日8錠のところ、10錠飲んでいます。便秘は治りました。前立腺肥大失尿についてはサイクルがあるようです。膝の痛みは今日はありません。』と報告された。そして、外国旅行の抱負まで話された。だが、膝頭を押すと痛みは、まだ、あった。9回目の施術が終わった。

好転反応が出ました。以下、幸太郎さんからのメールです。】
  今回、○月○日に施術を受けた後、
ときわ台駅近くから膝が痛くなりました。次の日も歩くと痛いです。安静にしている時も、やや痛いです。特に歩いた後です。いつもは、施術した後は痛くないので、もしかすると、今回の施術の方法は私には適さないようです。以前とどう違うのかわかりませんが。最近は膝の調子が良かったので、このような痛みや症状は2,3か月前以来です。それより前は、無理した時にたまにこういう症状や痛みがありました。おそらく、安静にしておけば治ると思います。

1日目、 ずっと安静にしていた。ちょっと歩いても、痛い。歩いた後の安静時も痛い。大変痛いのではないが、気になる程度の痛み。
2日目、 ずっと安静にしていた。
痛みが治まったので、3軒隣の八百屋に行って一定の重さのもの(すなわち、もやし2袋ときゅうり2つ)を買って、手に持って家に帰った。それだけで、膝がまた痛くなった。安静時も痛い。
3日目、 ずっと安静にしていました。
4日目、 
痛みがなくなった。しかも、近くの店までの往復の400m歩いたけど、大丈夫だった。
5日目、 夜からひざが
ヒリヒリする痛みが出てきた
6日目、 前日夜からのヒリヒリする痛みはまだ続いている。

9日目、 状況報告メールを下さいました。
      どうもどうも。おかげさまで、現時点での感想ですが、
直ったようです。どうもどうも、ご心配とか助言とかいろいろありがとうございます。昨日の金曜日に、用事などがあって、最近では珍しくうんと歩きました。歩いたのは2km丁度で、あと、自転車に乗ったり、自転車を付いたりしたのが2.5kmです。まあ、後半からやや膝が痛くなったけど、大した事ではありませんし、現在(土曜の夜十時半)、安静にしているのですが、痛くありませんし。・・・・・ 話は変わりますけど、一応ご報告として、血便が昨日出たので、来週の火曜あたり医者に行ってきます。そこは昔よく行っていたの医者です。多分、昔、発病してほぼ完ぺきに治った内痔核が、再発したのだと思います。というか、内痔核は一般には再発して当たり前のようで、私の場合、意外と再発までの期間が長かったと思うぐらいです。という事で、どうもありがとうございました。

【13日目、状況報告メールを下さいました。】
      どうもどうも。
1.好転反応が終わったようです。この前の施術前と同じ状態に戻りました。だから、好転反応が過ぎたという事のようです。おかげさまです。ですから、回復が近いという事ですので、大変楽しみです。まあ、現在は、先月までと同じように、少し歩くだけで左膝が痛いとか、うんと歩くとどちらの膝も痛くなる、というのはまだありますが。
2.左膝が痛いことの原因
それから、最近気づいたんですが、左の横っ腹を下にして寝ると、どういう訳か左膝が痛くなるのです。もしかすると、左膝が痛くなる原因はこの寝方にあるようです。なぜかというと、約5日間ぐらいは膝が痛くない期間があったんです。そのあと、左の横っ腹を下にして寝たら、寝ているときから左膝が痛くなり、その後は歩くとすぐに左膝が痛くなります。で、その対策を考えました。左すねに、首用の空気枕を付けて寝るのです。この方法は一昨日から始めたんですが、やらないよりいいかんじです。

【19日後、状況報告メールを下さいました。】
2、3週間ぐらい前に安静時でも痛くなっていて、そのあと、痛みが直ったのですが、最近もまた調子が悪いですね。4日前も1kmぐらいからひざが痛くなりました。最近あまり歩いていないので、もしかすると、今度も、1kmぐらいで膝が痛くなるかもしれないです。


【幸太郎10前】東京都板橋区整体治療院ときわ台健康堂
   21日後、10回目来院された。お聞きすると『1週間前に病院での細いくだを差し込んでテレビ画像を見ながら検査をしましたが、は見つかりませんでした。恐らく、肛門の傷でしょうと言われました。手の親指の腱鞘炎の調子が良いです。今朝、起きた時から寝違えて腰が痛いです。それと、膝関節の方は左が少しヒリヒリとしみる感じです。』と答えられた。施術は肛門の外傷を含めてすべてを施術し痛み・違和感のない事を確認して終了した。


  右写真は10回目施術前の写真である。何と体の歪んでいる事か。横向きに寝る事は骨盤・背骨・首の歪みだけでなく、膝関節のねじれも起こさすのです。

【7日後に状況報告メールを頂きました。】
1.あしたの医者にまた行ってきます。なぜかというと、割と染みる痛みがあるので、どうやらもう1か所、奥に悪いところがある感じなんです。あしたの朝電話をその痔の医者に電話して、もし担当の医者がいなければ、来週ですが。
2.それから、膝の件なんですが、左を下にして寝るのは、かなり悪い原因だと気づいてきました。
なぜかというと、左を下にしてほんの10分横になっただけなのに、それまで痛くなかった左膝が痛くなるからです。左を下にして寝ている最中もやや痛いけど、その後の仰向けのときもその影響で痛いのです。なんでこの程度の圧迫で痛いの分かりませんが、経験則で、「今後は絶対に左を下にして寝ない」ということに決めました。かと言って、右を下にすると、背骨が曲がるので、それもできません。
でも、割とクッション性のあるものを下に敷いたら、仰向けでもかなり長く寝ていられることが分かりました。なので、今、下にクッションのあるものを敷いています。

9日目、状況報告メールを下さいました。いつも利用している痔の病院で痔は発見されなかったが、肛門の奥が痛むので、再度、別の病院で検査を受けたと言うのです。以下抜粋。
1.などについて
要約:
内痔核は問題なかったです。でも、まだ痛いという事と、念の為というか、がん検診も兼ねて、大腸内視鏡検査を以下の日程のとおりすることになりました。
詳細:
木曜にの医者へ行こうとして電話したら、当分先生は休むとか言われた(ここは中野区の医者)。だから、昔行っていたの医者へ金曜(今日)行ってきました(ここは○○病院という東十条の医者)。結果的に、こっち(東十条)の方が、設備もいいし評判もいいので、結果オーライって感じです。東十条で診察してもらったら、内痔核は何ともないって(正常)と言われました。すなわち、中野の先生と同じ結果でした。1日2回の座薬をもらいました。内痔核は何ともないという診断でしたが、痛みはあるので、大腸内視鏡で診察を受けることを勧められました。大腸内視鏡は3日前から下剤を飲んだり専用の食べ物を食べたりで厄介です。でも、私は、以前から大腸がんとか直腸がんとかの診察をした方が安心だと思っていたので、検査のきっかけができてよかったと思っています。盲腸の場所まで内視鏡を入れるそうです。看護婦さんによると、先生はうまいので痛くないって言ってました。日程は:
○/1頃に説明を聞きに行き、
○/4,5,6・・下剤を飲んだり、専用の食べ物を食べたり、絶食したりで、内視鏡検査の準備
○/7に大腸内視鏡診察
まあ、キャンセルもできるんですが、事実上この予定が決定しました。
2.膝について、
どうも最近は、ちょっと歩いただけでも膝が痛いです。ほぼ一週間ぶりに歩きました。すなわち、東十条に行って帰ってきた(だいたい1.3kmぐらいしか歩いていない)だけで、膝が、潤滑性がないかんじです。あと、横に寝ないようにしたので、安静時は痛くないです。腰の痛みはまだ完全には治ってないです。

【19日目、幸太郎さんから状況報告メールを頂きました】
1.大腸内視鏡検査について
昨日の○月○日の月曜日に大腸内視鏡検査を受けました。その限りでは、・に関しては異常なし。ポリープがひとつ見つかり、検査のためにほんの一部を切除した。10日後に悪性良性か判明するので、10日後(17日の木曜日)またはそれ以降に行って聞いてくる。電話でも結果は聴けるが、それでも、その病院に行くことになっている。まあ、私の年齢では普通は大腸ポリープがあるのが当たり前だし。モニターで私が見た限りではポリープと気づかないくらいの小さなものでした。
2.膝について
最近安静にしていて、無理をしていない。で、昨日、病院に行って検査を受けたとき、だいたい1.5km歩きました。で、家に帰った時点でも、膝の調子はいいです。あと、横になって寝ないというのがかなり良い効果をもたらしたと思います。最近殆ど歩いていない(あまり歩かないと筋肉などが弱まる)ので、無理しない範囲で、すこしずつ歩く距離を増やしたいと思います。この調子で、少しずつ歩くのを増やせば調子が良くなると思います。
3.前立腺肥大症について
最近は頻尿の傾向が少なくなりました(良いことです)。かと言って出なくて困すということは全くありません。早い話が、正常の人に近い感じです。施術のおかげです。また、大腸内視鏡検査のため、ここ1週間は消化に良いものだけしか食べていないということも原因かもしれません。また、これに関して以下の4に少し書いてあります。
4.について
このまえ、で肛門近くで血が出たとき、奥の方も痛かったのですが、それは言い換えると、2箇所に痛みの原因があって、一つはその肛門の近くで傷があったこと。そしてもうひとつは今回の大腸内視鏡検査でも見つからなかったけど、前立腺肥大症が改善した感じがするという事で、前立腺肥大症の好転反応としての痛みなのかもしれません(あくまで私の推定ですが)。ちなみに、奥の痛みも、肛門近くの痛みも1,2週間前に座薬をつけて以来、全くなくりなりました。そして、今はその座薬を付ける必要はなくなりました。
【当院コメント】 の施術は7回目と8回目の2回施術だけでした。9回目来院された時ははすでに存在していませんでした。2回の施術で持病だった内痔核の消失した事が2つの病院で確認されたのです。

55日目、大腸検査から37日後に状況報告メールを以下くださいました。
@大腸内視鏡検査の結果について
要約:
さほど心配することはない。しかし、今年の6月頃に再び大腸内視鏡検査をすることを勧められた。
詳細:
以前申したとおり、1つポリープがあった。
クレーターによく似た形。拡大率がわからなかったので、大きさは私はわからない。本物のクレーターというものは円形の丘で出来ているのだが、その円の直径に対して、高さは1/6ぐらいでした。つまり、直径:高さ≒6:1です。先生の話によると、「このポリープは割と気づきにくい形・大きさなので、見落としやすい。」とのこと。実際私も、モニターで見たのですが、「これがポリープなんですか?」っていうふうに言って疑ったぐらいだし(しかし、後に述べるとおり、確かにやや疑いのあるポリープだった)。
1つのそのポリープから3つサンプルを内視鏡の手でちぎった。
そのうちの2つはグループ1で、残りの1つがグループ3でした。
このグループという基準は癌の分野で使われている用語で、その意味は、医者の話によると:
    グループ1・・・・かなり安全。安全な単なるポリープ。
    グループ2・・・・安全
    グループ3・・・・安全(でも、ギリギリ)
    グループ4・・・・疑いが少しある
    グループ5・・・・疑い強い
正式名称は: 管状腺腫
なお、このサンプルの検査は外部機関に委託したと先生は言っていた。ポリープを専門に検査する機関だと思う。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●まとめ: さほど心配することはない。しかし、5ヶ月後当たりに再び大腸内視鏡検査をすることを勧められた。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ところで、なぜグループ3なのに再検査をするかというと、多分、・同じポリープの別の部分では、もしかするとグループ4の可能性があるかもしれない。数カ月するとこのグループ3が発達して(悪化して)グループ4とかになるかもしれない。また、逆に、サンプルとしてちぎったので(切除したので)、悪い部分が除去されて、治療ができたということもありうる、と先生は言っていた。
また、余談だが、今回の内視鏡検査の時にたまたま大便の一部が大腸のちょっとしたくぼみにくっついていてその部分だけ内視鏡で見ることができなかった。なので、5か月後にそこを見ることもできると先生が言っていた。6か月後(5か月後の見込み)の大腸内視鏡検査の時に具体的にどうするかというと、もし悪性とかがはっきりしたら、大腸内視鏡で切除する(このとき切除するのか、あるいは、このとき切除するサンプルの検査の後の3回目の大腸内視鏡検査<手術>なのかはよく聞いていなかった)。切除は、やや深くとるので、今までと比べると、やや大変。この前と違って、術後のケアーが必要となる。
A膝について:
今月、やや調子がいい感じだった。しかし、3日前の日曜の夜にゴミを出したら、それが重すぎたために、膝を悪くし、少なくとも本日までほとんど安静にしていた。いつも持っている重さかと思ったけど、意外と重たかったのだと思う。目算を誤ったのかも。それにしても、大して重くないゴミだったのに。1kgぐらいかと思ったけど、実際は2kgぐらいだったのだと思う。

   53日後、11回目来院された。お聞きすると、『は痛みも出血もありません。ポリーブについても全く痛みはありません。膝の痛みは、仰向きに寝るようにしたら、不思議と左膝の痛みは消えました。そして、今度は強くはないのですが、左右均等に膝の痛みが出るようになりました。ここまで来るのにときわ台駅から500mくらい、家からだと1.2Kmくらい歩きましたが、今は痛みはありません。』と答えられた。全ての施術をした。ポリーブは腫瘍性であるが、良性腺腫だった。しかし、悪性化(癌化)する恐れもある。便秘は存在しなかった。

【12日後、幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】
最近の状況 ;
   1日置きに200mぐらい散歩する程度と、約4日ごとに1.5kmほど歩いています。で、調子の悪かった先月ほど悪くはないという程度で、まあまあという程度です。で、歩いている時とか歩いたあととかは痛みはあるにはあるけども、後で痛みが長引くというほどのものではないので、まあまあって程度の状況です。

   14日後、12回目来院された。お聞きすると、『前回来るまでは膝に強い痛みがあり、どうしようかと思っていましたが、施術を受けてからは左膝の強い痛みはありません。左右両膝の軽い痛みは交互に出ますが休むと直ぐに回復するので気になりません。1ヶ月半前から1ケ月前にかけて好転反応が、また、出ました。』大腸ポリーブを含め、全ての施術をした。前立腺肥大は存在していなかった。

【17日後、幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】
最近の具合:
平均して、4日に一回外出し、その場合、約1.5から2.0km歩く。これ以上は経験的にまずい(これ以上歩くと後で痛くなる)ので、これ以上は歩かないでいる。過去2週間ぐらいについて言うと、このように気をつけて歩いているので、問題ない。膝にカイロをつけないで部屋の中などで立った状態で、ちょっとの間、物を片付けるとかして、動くことがある。すると、その後に安静にしていても半日以上冷えた感じの鈍い痛みがある。ちょっとの間というのは5分以上の場合です。だから、3分ぐらいなら大丈夫です。でも、カイロをつければ、ほとんど大丈夫です。でも、すぐ終わると思ってつい着けないでいて、5分以上になって、後でこの痛みが出ます。まあ、カイロを着ければOKなんですが。
靭帯について:
スポーツ選手が膝の靭帯を断裂させた場合は手術をし、その後今までのスポーツを続け、しかも第一線で活躍している。私の場合は、断裂ほどでなく、傷がついている感じなのに、手術はしても、効果がないだろうと多くの先生がいう。どうなのかと考えています。(単にこういう疑問を持っているという話です)
前立腺肥大症について:
寝ていて頻繁にトイレに行かざるを得ないです。大体、2時間ごとにトイレに行きます。昔行ったいくつかのお医者さんが言うには、一般的に、前立腺やその周辺が腫れる時期と腫れない時期が交互に来る(人によるが、数週間毎とか数日毎とか)。一般的な話ですが、多分、私のはこれに該当するかも。あと、辛いものとかの刺激物も影響すると言われました。私は、胡椒をラーメンどにかけるし。あるいは冬なので、汗が少なくて、尿が増えるのかも。私はお茶を1日に2リットル(夏は3リットル)飲むというのも原因の1つですが。なぜ飲むかと言うと、尿が薄まって粘膜とかへの刺激が少なくなり、現に刺激が少なくなる。

   前回施術から
20日後に13回目来院された。お聞きすると、『膝の軽い痛みが左右交互に出ます。』と答えられた。見てみると、大腸ポリーブはもう、存在していなかった。前立腺肥大症はあった。前立腺膀胱を施術した。膝靭帯損傷は単独・複合の内、複合型である事が分かった。全ての痛みのない事を確認して、13回目の施術を終了した。
【当院コメント】: 大腸ポリーブ管状腺腫グループ3)については11回目と12回目の2回施術をしたら、消失したのです。

【4日後、幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】
最近の状況 ;
大体、毎日少なくとも300m歩いています。この場合は、この程度の歩行なので、痛くはありません。でも、本日新宿に用があって1.3kmぐらい歩いたんですが、500mぐらいからやや痛くなりました。やっぱり、1年で一番寒い時期だから膝の調子がわるいのかもしれません。2〜3日は無理しないで安静にしたいと思います。

【前回施術から21日後、幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】
最近の状況 : まあまあです。だいたい2〜3日に一日、1.5km歩き、それ以外は少なくとも300m歩いています。
この2週間は毎日、大さじ一杯ぐらいのおろし生姜(しょうが)を味噌汁に入れて食べています。スーパーでおろしショウガ1kgを買ってきたんです。それで、まあまあというか、悪く無いです。大さじ一杯= 15cc = 15立方cm = 1cm × 3cm × 5cm だし。よく考えると、厳密には11ccぐらいかな。生姜を食べると足はもちろん体中がポカポカ暖かくなるってテレビやネットで見たから。それによると、サーモセンサーという、赤外線カメラみたいので見ると、生姜を食べた後の30分とかそれ以上の時間、体が暖まっているとのこと。生姜を食べなかった人は殆ど暖かくなかった。生姜のような刺激性のあるものは痔には悪いのだけど、この前の検査で正常だったし。その結果は、まだ2週間なので、なんとも言えないけど、少なくとも、悪いことは全然ないです。イメージとして、効いている感じです。あくまでイメージだけど。

【前回施術から44日後、幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】
1.最近の様子。膝について。
だいたい2日か3日に1.5km歩いているけど、まあまあってところですね。無理しないようにしているので、歩きすぎて無理していたくなる事はありません。生姜を毎日とっていますが、効果があるのかないのかわからないけど、効果がある感じがするっていう程度です。まだ、3週間ぐらいしか食べ続けていないし。

2.体温とか生姜とかについて
体温を測ったら、起きたときは35度台で、夕方食事をしたあとはやっと36度前半です。最近の日本人は35度台の人がかなり多いと聞いていましたが、まさか、自分がこんなに体温が低いとは思っていませんでした。
体温が低いと、神経伝達物質、酵素、ホルモン、ナチュラルキラー細胞などがほとんど停止状態になるって、聞いたことがあります。私はとかの体質的な病気が多いのですが、この体温も大きな原因だと思いました。

なお、以下は最近の体温の記録です。時系列で書いてあるものの、割と乱雑に書いていますので、参考程度にざっと見ていただければ幸いです。

−−−−−−−−−−−−−−−
36.1℃ 体温計10分後 2010/02/23 深夜3時(起きて7時間目)
ーーー約一ヶ月の空白ーーー
34.8℃ 体温計3.5分後 2010/03/30火曜朝8:30 ←3分間の計測だからか?
35.4℃ 体温計15.0分後 2010/03/30火曜朝8:45
34.8℃ 風呂に行って帰った20分後。体温計3.5分後 2010/03/30火曜夕方4:30
35.3℃ 風呂に行って帰った40分後。(上記の続き)
35.0℃ 体温計3.5分後 2010/03/30火曜18:50
2:30前に風呂。30分前に自家製ラーメン大盛り(冬なので厚着をして熱いラーメン大盛りを食べたので、汗が出てきた。だから、食事中から食後20分ぐらい上半身を脱いだ。そのくらい、体が暖かくなったと思った。でも、体温は35℃台。
35.8℃ 体温計14分間(上記の続き)
35.7℃ 23:30 15分間
35.5℃ 朝7:00 17分間 起きてすぐ。
35.7℃ 2010/03/31水曜14:00+10分 起きてまた寝たがその後起きて3時間後に測った。30分前にコーヒーを飲んだだけ。
36.2℃ 2010/03/31水曜 21:00 12分間 自家製ラーメンを食べて2時間後 感想:ややまともな体温になった。
36.1℃ 2010/03/31水曜22:20 12分間計測 納豆と生姜と魚の缶詰半分と味噌汁を食べた20分後 感想:生姜を食べたのに、先ほどと変わらない。
−−−−−−−−−−−−−−−
脇の下の奥に差し込むようにちゃんと計測しています。
あまり歩かないということで、運動を殆どしていないことも大きな原因だと思います。こんど、腹筋運動をして、体温を測ってみたいと思います。

   前回施術から
56日後に14回目来院された。お聞きすると、『生姜については、お通じに良いです。膝に利いたかどうかは、まだ、観察がいります。自分の体温があんなに低いとは驚きました。今日は以前ほどではないけど、左膝が痛みます。横向きに寝るのを改めてからは、膝が随分、良くなりました。それと、自転車に乗っていると、振動で頭痛がします。』施術は膝、前立腺肥大体温調節に加え、顎関節症の施術をした。術後、『うわー、すっすー、普通に歩けます。』と驚きの声を上げられた。

【18日後、幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】
   やや、理解不能なことが理解できた感じです。即ち、いつも背負っているリュックより軽いものを120m先のコンビニで買って戻るだけで、膝がいたくなることがある。この原因は前日とかの直前にうんと歩いたことで、気づかない形で膝が腫れて痛みが出てくるタイミングだからだと推定できると最近思った。何んでなのか、今まで不思議に思っていたけど、この分析なら、つじつまが合うし。この場合、直前の歩行では痛くなくても、このように一日後とかで少し時間が経つと腫れてくるのだと思う。あくまで、私の考えに過ぎないけど。
対策: うんと歩いた次の日はあまり無理しない事。
最近の調子はいつもと同じか、やや調子が悪いって感じです。

【22日後、5月初旬、幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】
   2日前に1.5kmぐらい歩き、今日も3.3kmぐらい歩いたのですが、珍しく好調でした。

   前回施術から25日後に15回目来院された。見ると、左後十字靭帯は前回に続き、正常になっていた。前回来院された時、見たら正常になっていたが、まさかと思っていたのである。それと、前回、両膝関節内の軟骨のカケラの消滅施術をしたが、見ると軟骨のカケラは、もう、無かった。施術は前立腺肥大症を含めてした。

【25日後、6月初旬、幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】
・最近の調子はだいたいいつもと同じ感じです。すぐ次の項目で関連事項を書きます。それから、後に詳しく書きますが、大腸内視鏡検査のあとで、施術等で伺いたいと思っていますのでよろしくお願いします。
・●重要● 毎日、自転車で4kmぐらい乗り、自転車をついて1.2kmぐらい歩くことをしている(たまにわざとブレーキを少しかけながら負荷を加えたりしている)。かなり平らな道でないと、頭痛がするので、平らでない道は自転車をつくことになる(左側で付いたり右側で付いたりと交互について偏らないようにしている)。おもに、地元の茶店とスーパーに行く。スーパーではスーパーにあるタイヤ付きのかごをつくので、膝に負荷をかけないし、体重をそれにかけて歩けば運動にもなる。もっと早くからこれをやればよかったのだが、自転車では頭痛がするという欠点があった。今度は平らな道を見つけ、さらに、自転車をついて歩くことを重視し、さらに、スーパーのタイヤ付きかごをも利用するというアイデアを思いついたので、これからは毎日それを実行することになった。6月2日から毎日やっている。
・ついでに言いますが、秋頃に、鼻から入れる胃カメラの検査をします。万一ガンとかがあると困るからという、単純な理由です。鼻から入れる胃カメラは、ちょっと前までは、口から入れるのよりも画質が劣るといわれていましたが、最近のはそうでもなくなったそうです。ですから、最近の鼻から入れる胃カメラを使っていて、しかも、評判のいいお医者さんをネットで探しています。もし、ご存知でしたら、情報お願いします。
・大腸内視鏡検査(上記の胃カメラと全く無関係です)を来週かその次の週あたりに、受けようと思っています。そのため、近日中にその病院に電話して、準備とかの為に行って、ついでに専用の食べ物を受け取ったあと、更に数日後に受ける予定です。その後に健康堂で施術を受けさせて頂きたいと考えています。
・LAか中南米に行くとか言っていましたが、恥ずかしながら、諸事情で、多分、今年は行かない感じです。極力、来年は行きたいです。
【57日後、7月初旬、幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】
大腸内視鏡検査の結果について
2010/07/04月曜に行って結果内容を聞いてきました。
管状腺腫という良性のポリープだそうです。先生が紙にはっきりと良性のポリープと書いていました。また、前回(去年の終り頃の検査)の検査結果のポリープの状態についても同じ結果内容です。でも、どういうわけか、前回は良性という単語は使わなかったと記憶しています。そのかわりに、悪性ではないが悪性の一歩手前とかいう表現でした。また、検査はその病院ではなく検査の専門のところで検査しているそうです。
また、前回のメールにも書いたと思いますが、ポリープが2つ見つかりました。1つは前回見つけたもので、1つ採取し、もうひとつのポリープは今回はじめて見つかり、1つ採取した。今回はじめて見つかったポリープは、なぜ前回見つからなかったかというと、先生の言うには、大腸は起伏が激しいので、起伏に隠れて見えなかった可能性があったのだとか。
今後は便潜血検査という検便の検査を一年に一回やって、陽性なら大腸内視鏡検査をすれば良い、と言われた。ただし、私の場合は、例の痔(かなり軽い)の血液と混同するおそれがあるので、大腸内視鏡検査の方が確かだという。でも、その検便で陰性でないなら、それでOKなので、検便の方でいいという考えもできる。
というか、なんのことはない、たいていの先生は、わたしの年齢ならだれでもこうするものだということだと思います。先生が普通の人にアドバイスする内容と同じってことだと思います。ただし、痔がある点は違うけど。
まとめ:
・大腸内視鏡検査は2年に一回やったほうが良い。ただし、上記の検便を一年に一回することが条件というか望ましい。
・今回も良性なので、私の個人的感想としては、そんなに、神経質になることはないと思う。わたしは、繊維質をよく取るとか酒や煙草をあまりとらないのでなおさら心配ないし。でも、運動が少ないのは気になるが。話はもどるが、今後の検査は具体的には上記の倍の期間でいいと思う。すなわち、2年に一回検便の検査。4年に一回大腸内視鏡検査でいいと思う。オリンピックの年に気にすればいいというか。

以下の文章は抜粋です。
抜粋元は:http://www.webdoctor.ne.jp/cgi-bin/WebObjects/101adef4170.woa/wa/read/1028509cd0f/index.html%253Fpast=wdp.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大腸ポリープは腫瘍性ポリープと非腫瘍性ポリープに2分され、腺腫、癌、カルチノイド、過形成性ポリープ、過誤腫、粘膜下腫瘍、炎症性ポリープ、若年性ポリープなどに分類されます。大腸ポリープは約8割が腺腫といわれる良性の腫瘍性ポリープですが、これは潜在的にガンに変化する悪性度を持っています。大腸ポリープは大きくなる(1cm以上)にしたがい癌化することが多くなります。
ポリープは大腸全体に比較的均等に分布しており特異的に発生する部位はないようです。腺腫の癌化率は管状腺腫で20%、絨毛管状腺腫で72%、絨毛腺腫で80%であったとの報告があります。過形成性ポリープは大腸で最も多いポリープで、その大部分はポリープではなく平坦な形態を示します。
【当院コメント】
光太郎さんの大腸ポリープについて整理してみると、病院で第1回目大腸内視鏡検査を受けた。結果は悪性化手前のグループVだった。検査後、当院は大腸ポリープ施術をついでにちょこっと2回行いました。その次の施術時にはポリープは見当たりませんでした。第1回目内視鏡検査から6か月後、2回目の内視鏡検査を病院で受けた検査結果ははっきりと良性と出た。

   
前回施術から2カ月後に16回目来院された。お聞きすると、たった5m歩いただけで左膝が痛みだし1年前と同じ状態です。と、訴えられた。外側側副靭帯、内側側副靭帯、半月板を施術した。それと、大腸のポリーブグループTが2個見つかったので消滅施術した。歩ける事を確認して施術を終了した。

【前回施術1.5ヶ月後、8月末、幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】
   近況を申します。前回の時点で左膝が痛かったのですが、ようやく最近左膝が治りかけているって感じです。直ると言っても、「左足が特に痛い」というのが直るって感じです。だから、いままで(大体ここ2ヶ月ちかくの、左膝が特に痛い間)は安静にしている事が多く、歩くことは少ないです。でも、毎日または一日おきに自転車を乗るか200mぐらい歩くかのどちらかをしています。それから、下記のページとその抜粋のとおり、
蜂蜜シナモンを毎日摂取してますこれはまだ1ヶ月ぐらいしか続けていないので、3ヶ月ぐらい様子を見たいと思っています。その一ヶ月ですが、効果があったかどうか分からない、というのが実感です。確かに、この一ヶ月で良くはなったけど、他の原因(たとえば、治る時期になっていたとか、安静にしていたからとか)の可能性も高いし、劇的に良くなったわけでもないし。まあ、3ヶ月ぐらいは飲んでみます。飲んで損はないし。

関節炎
関節炎に悩む方は、毎日朝晩、ティーカップ一杯のお湯に、中匙2杯の
蜂蜜と小さじ一杯のシナモン粉を混ぜて飲むことをお薦めします。
近年、デンマークのコペンハーゲン大学病院では、大匙一杯の蜂蜜に、小さじ半分のシナモンパウダーをお湯で溶いて、毎朝朝食前に飲ませる療法を慢性関節炎患者200人を対象にテストしましたが、一週間後には、73人の患者は完全に痛みから解放され、一ヶ月以内には、歩行できなかった殆ど全ての患者は、痛み無しに歩行することができるようになりました。
       −−http://blogs.yahoo.co.jp/pinkorangedesert/44335879.html より抜粋 −−

【前メール34日後に幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】
●状況:
まとめというか結論だけを言いますと、
最近の3週間は調子がイイです。
1ヶ月ぐらい前にメールして、その時のメール内容が「左膝がそれまで痛かったが、治りかけている」でした。でも、その後1週間ぐらいは引き続き痛かった。でも、ここ3週間(最近の3週間)は調子がイイです。しかも、左膝だけ特に痛いというのが直りました。まあ、左膝も右膝も、去年の後半から今年の春ごろまでと同じようになっただけなんですが。でも、良かったです。ほんとうに心配でした。どう心配かというと、「多分、この左膝が痛いのは、もう直らない。それだけでなく、右膝も同様になる」。このように思っていたぐらいだったので大変良かったです。
・もちろん抄明先生のおかげなのは当然として、その他に考えられることは:
・安静にしている。詳しくいうと、極力毎日300m歩いている。但し、痛い時とか、前日無理をした時とかは、ほとんどというか、トイレに行く時しか歩いていない。
シナモンと蜂蜜をもう2ヶ月以上飲み続けているシナモンは毎朝0.6gで一緒に蜂蜜を大さじ一杯ぐらい(平均0.8杯ぐらいかな)食べている。シナモンはパウダー状でしかもニオイや味がきついのでオブラートに包んで飲んでいる。
・最近一ヶ月は毎日
玄米を食べている。これを食べ始めてから、いきなり、便秘がかなり良くなりました。いままで、4〜5日大便が出なかったことが多かったのに、最近は平均して、2日に一回です。
・どれが原因なのかわからないが、その他の、良い結果として、髪の毛の嫌なニオイがしなくなった。
●問題点:
・ところで、体重が3kぐらい増えてしまいました。だから、一リットル入りの牛乳パックを3っつもって歩いているのと同じです。それくらい膝に負担がかかるという意味です。でも、食べる量をかなり減らしていて、一日1000〜1500Kcalに抑えているのに体重が増えるんです。腹も明らかにでています。原因はたぶん、運動が少ないのと、あと、水分を取り過ぎているからです。特にお茶をどんどん飲みます。お茶は飲み過ぎるぐらい飲んでも、健康には悪く無いとテレビで聞いたし。
・その他に、体重が増える原因は、安静にする事ととか、無理をして再発をさせてくない事とかで、歩く量がかなり少ない。まあ、もともと、ここ数年は歩く量が少ないんですが。
●今後の方針
まあ、漠然とした表現だけど、
無理をして、再発とか悪化をさせない。および、適度に歩いたり運動をして、筋肉や骨や腱などを鍛えたりして弱らせない。この兼ね合いですね。
腹筋運動は毎日すること。
あとは、うまくダイエットをすることですね。

   以下は、参考のメールです。すなわち、以下は、約、2,3週間前の時点で、メールしようとして下書きで書いたものです。上記と重複しているかも知れません。あと、2,3週間前の時点の話です。お時間があれば読んで頂きたいですが、全く読まなくても、差し支えありません。
いつもお世話になります。
●膝について:
・このまえ、左膝がここ2ヶ月ぐらい痛かったのが、治り始めたって書きました。でも、まだそうでもなかった。でも、今週あたりから良くなってきたようだ。でも、まだ、分からないが。2週間くらい前、池袋とか恵比寿に行って
3kmぐらい歩いたが、悪くはなかった。つまり、ふだん往復250mぐらいのコンビニへ行って帰るだけで、膝がやや痛くなるのだが、それと同じ程度だった。まとめをいうと、250m歩くのも3km歩くのも、同じ膝の痛さだということです。なので、あくまで現時点の感想ですが、思ったより悪くないという事です(というのは、最近悪くなったのだと私は思い始めていたから)。この3km歩いてもまあ大丈夫だったというのは安心したという感じです。
●食事や栄養や健康食品やダイエットなどに付いて:
・お茶、納豆、胡麻、ヨーグルト、野菜ジュース、もやしを毎日とっている。
・一ヵ月半ぐらい前から、シナモン1cm3と蜂蜜大さじ1.5杯ぐらいを食べている。
・3週間ぐらい前から、
玄米を毎日食べるようにした。そしたら、食べすぎがなくなった。あと、便通が良くなった。具体的には、起きて6時間ぐらいしたら、「玄米を茶碗に1.5杯ぐらい、脂分の多いシャケを2つ、卵1つ、しいたけ6つぐらい、餃子4つ」を食べている。シャケの代わりに鯖の缶詰にすることも多い。更に6時間後ぐらい後にキャベツともやしを食べている。基本的に、食事はこれだけです。あとは、飲食したくなったら、スープ、マヨネーズ、カルピスダイエット、味噌汁、コーヒー、ココア、ダイエットコーラ、を摂っているが、これらはほとんどカロリーがない(マヨネーズは50%カロリーカットだし、一日に大さじ2杯ぐらいしか摂らない。カルピスダイエットは60%カロリーカットで4杯ぐらい飲む)。
ところで、なぜダイエットみたいのをしているかというと、体重が増えると、歩くときに膝に負担となるのを防ぐため。

【前メール8日後に幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】
●2点注意することがあるようです。以下の2つです。
@ 爪先で立った状態で物を持たないこと。今までは、爪先で立ったほうが、関節に負担にならないと思っていました。筋肉や腱がショックを和らげるからです。ところが、これは大間違えで、そもそも、私は腱が悪いのでむしろやってはいけない事なのです。
今まで、重いものを持つ時、たとえば、煮込みとかおでんとかラーメン入りの鍋などの全部で1kg〜2kgのものを電子レンジから出し入れする時は膝に負担にならないように、わざと爪先で立って持ちました。同様に、家の中の片付け等で、高いところに1kgぐらいの物を載せるとき、高いところであるだけに、爪先で立って載せました。で、今になってよく思い出してみると、その後に膝が痛くなりました。
なんで、いつも持っているデイバッグ(リュックサック)とほとんど重さが同じなのにこの時に限って痛くなるのだ?と不思議に思っていました。で、結論として、
爪先で立った状態で物を持たない事です。
A横っ腹を下にして横たわらない事。そうしたいなら、うつ伏せか、仰向けだけにする事。これは以前から気が付いていたのですが、左膝が痛くなるので、左側だけ下にしなければ良いと思っていました。でも、どうやら右下も下にしない方がいいようです。その状況証拠として、先月あたりに左膝だけ痛いのがほとんど直ったのです。ですが、その後、睡眠中にどうやら右の横っ腹を下にして、長く眠っていたようなのです。そしたら、次の日あたりから、左膝が再び痛くなりました。
結論として、右であろうと左であろうと、
横っ腹を下にして横たわらない事
●現在の状態:
左膝が痛いのが治ったと書きましたが、また、痛くなりました。痛いけど、たいした事がないので、昨日、2kmほど歩いたけど、歩くほど痛くなった。なので、今後の5日ぐらいは安静と一日300m歩行の予定です。ところで、再び痛くなった原因は上記(爪先で立つ事や横っ腹を下にする事)のようです。なので、再び治るように、上記の事を気を付けるのと、安静と一日最低300m(痛くない時及び無理しない事が条件)をすることです。
●例の3km歩いた事について
あの時は、たとえば、400m歩いて1時間休み、更に、500m歩いて1.5時間休むという感じで歩きました。なので、一挙に3km歩いたわけではありません。でも、一日で3kmです。しかも、ふだん100mのキョリのコンビニに行って帰るのと同じ程度にしか足は痛くなかった。それくらい、足は痛くなかったのです。でも、上記の通り、その後また痛くなりました。でも、悪くする原因の一つ(2つ)が分かったのでやや安心だと思います。
●膝や健康に関する事で毎日やっている事のまとめ:
・一日300m歩く。痛い時は歩かないで安静にしている。
・腹筋運動を毎日50回ぐらい。
・魚またはDHA(DHC社の商品の一日分)
・シナモンを0.8g(小さじ1/3杯)
・ココアスプーン3杯 + 蜂蜜スプーン一杯 + お湯

【50日後、12月初旬、幸太郎さんから近況のメールを以下、戴きました。】
1.全般的には
まあ、
前よりは良くなったかなっていう程度ですね。
特に、踵を上げる事を極力やらないようにした方がいいという事に気づいたので、いい事についに気がついて良かったという意味で、良かったです。
で、普段のちょっとした事とか、普通に歩く場合は、普通に踵を上げますが。(直ぐ後の「2」で詳述)
あと、
毎日少なくとも300m歩いているのですが、以前はそれだけで、膝が「割と痛く」なった時がありました。でも、最近はそれがなくなりました。と言っても、歩く時は、大抵少しは痛いのですが、その(割と痛く)なる程度ではありません。
やや気になることは、良くなっている感じがするっていうだけで、変わっていないのかもしれないって事ですね。無理をして悪くならない範囲で、歩いているので、何というか、あまり、よく分からないというか。一週間に2回しか遠出(例えば、まず、自転車で、地下鉄駅まで行き、さらに新宿とかに地下鉄で行く事)をしていないですが、
1日2kmぐらいは歩けるみたい。ただし、例えば400m歩いて1時間休むとかの繰り返しで、合計2kmというk所とです。しかも、それは、3日ぐらい置いてであって、連続して、つまり毎日はできません。もし3kmぐらい歩くと、恐らく、また痛くなって、長く安静にしなければならない。なので、徐々に慣らしていくというか、鍛えていくって感じです。
2.踵を上げることに気をつけることについて.
踵を上げる事で気を付けている事は、@重い物を持って踵を上げるのは極力避ける。Aうっかり、10秒間とかいうふうに長時間、踵を上げたままにしない。特に高い所の物を取る時は、気を付けるというかやらない、または、ちょっとした踏み台替わりの物を使う。B以前は、階段を降りる時は、衝撃を和らげる為に努めて踵から足を下ろして、踵の筋肉で衝撃を和らげながら、足を下ろしていた。ところが、これは、逆効果だった。恐らく、膝の十字靱帯とかにも引っ張りとかが伝わるからだろうと思う。なので、階段を降りる時はそうしないようにしている。C階段を上がることは普通はエスカレーターとかエレベーターなんだけど、階段しかないときは当然階段で上がる。その場合、どういう訳か、爪先だけで上がっていた(多分、膝に体重が掛かりにくくなるからだと、勝手に解釈していたから)。これが逆効果だと分ったので、今はそうしていない。Dあと、うっかりやってしまう事なんですが、やや重い物を、例えば30cm移動させるとします。その場合、おしりをつけて手の力だけで移動させています.そうすれば、膝に力が掛からないからです。ところが、その場合でも、うっかり膝に負担が掛かってしまうのです。一見、負担が掛かっていないように見えるし、本人である私もそう思っていない上に、痛くも何ともないのです。本人がその時は痛いと感じない(しかし、後で痛くなる)というのは、かなり、まずいことです。まあ、そのように、感覚では気づかないのですが、現在はこのように、今までの経験をもとに気を付けるようにはなったのですが。

【前回施術から6ヶ月後にメールが来ました】
最近の状態(主に次の2点):
@以前は「2〜3日安静にしていた後に、ほんの200mぐらい先のコンビニに行って、ほんの3分ぐらいそのコンビニ内で立っていただけで、ヒザが痛くなる」っていうことが、よくありました。でも、最近はそれがなくなりました。大変いいことです。やはり、つま先だけで立つことをやめたからだと思います。以前にも書きましたが、つま先で立ったり、つま先で着地したほうがヒザに負担がかからないと思い込んでいたのだが、むしろ、ヒザにかなり負担になっていたということです。
Aでも、左足は痛い。安静にしていると、一時的に治るけど、ある程度歩くと痛くなる。または、矛盾するようだけど、安静にしていて一時的に治るが、引き続き安静にしていると、再び痛くなる。再び痛くなる原因は、よくわからないが、眠っている時、しらずにヒザをそらしていたのかもしれない(そらすとは、掘りごたつでないこたつにL字型に座ったような姿勢で、上からヒザを下に向けて押すような感じのこと)けれど、単に横たわって普通にしていて痛くなったこともあった記憶がある。なので、原因ははっきり言ってわからない。
コメント:
筋肉をつければいいのかもしれない。でも、以前、年寄りがよくかかかる変形性膝関節症対策のヒザの運動をしたら、かえって痛くなったので、私の場合は、別の方法の筋肉の運動だと思う。別と言っても、具体的には何も分らないが。

板橋区整体院ときわ台健康堂タグ
【お問い合わせ】板橋区治療系整体院ときわ台健康堂
T O P


 天性眼球振とう(1) l 眼振(2) l 眼振(3) l メニエール l 顎関節症 l ジストニア l 視覚障害 l 聴覚障害 l 膠原病 | リウマチl 繊維筋痛症 | 全身性エリテマトーデス l 小児麻痺 l 多汗症 l 霊障坐骨神経痛・ぎっくり腰 l 肩こり・腰痛(1) l 肩こり・腰痛(2) l 四十肩・五十肩  l 耳鳴り l 視力低下 l 眼瞼下垂 l 斜視・乱視 l 喘息 l 花粉症 l アトピー性皮膚炎 l 電磁波過敏症・IBS lシックハウス症候群鞭打ち症 l 片頭痛 l 自律神経失調症 l 肋間神経痛ヘルニヤ l 腰椎すべり症 l狭窄症 l 脳内出血 l 脳梗塞半身麻痺・しびれ l 股関節 l 膝関節(1) l 膝関節(2) l 足首 l  l むくみ l 生理痛 l 不妊症 l 出産前後 l 腫瘍・癌・歯槽膿漏 l 潰瘍 l 肝炎糖尿病 l 甲状腺 l 動悸・心臓 l 頻尿・便秘 l 内臓諸症状 | O脚X脚 l 豊胸 l 顔輪郭矯正 l うつ l 精神疾患 l

広告は無料サイトを使っている為に出ます。