トップページ



週刊誌記事 被害者の声 他・被害紹介サイト


虚業教団
〈幸福の科学〉で学んだものは何だったのか

谷 晧元

現代書林
はしがき
コウフクノカガク。
この不思議な名前に、人は何を思い浮かべるだろうか。
講談社へのファックス攻撃で、教団の名を一躍世に知らしめたフライデー事件。
ハンドマイクを握り、絶叫する小川知子や影山民夫の勇姿。
大手広告代理店・電通が制作し、繰り返し茶の間に流れたCM
「時代は今、幸福の科学」をおぼえている方も多いと思う。
 それとも、一九九一年七月十五日東京ドームで催された″御生誕記念祭″だろうか。集
まった五万人のド肝を抜いた、主宰・大川隆法の「星の王子さま」や「冒険ダン吉」を思
わせる異様ないでたちや、おかしな抑揚をつけた演説だろうか。
 しかし私たちは、誰一人そういうものを望んで(幸福の科学)を設立したわけではなか
った。たぶん、大川隆法その人にしても。

 コウフクノカガク。
 元会員の胸には、さまざまな思いが去来するはずだ。去ることになった理由は何であっ
ても、この名前に一度は夢をみた。それは確かなのだから。
 いま、私の胸に一つの苦い問いがある。
宗教に団体は必要なのか‥
 神と共に生きるのには、組織が必要なのか。一人では、神の望む生活は不可能なのか。
教団に入らなければ、幸福は科学できないのか。
 断じて、否である。
 むしろ団体が、組織が、人を神から遠ざける。そんな場面を、私は〈幸福の科学〉とい
う神理探究の集団に幾度となく見てきた。
 どんな教団にも属さず、理屈を振りかざすこともなく、職場で、あるいは家庭で、精一
杯生き生きと暮らしている。

 この人たちこそ、神のみこころの実践者ではないのか。
 そのことを知るために、私は一つの教団を通過してきたのかもしれない。
 私にとって〈幸福の科学〉は一つの通過点であった。だから卒業の時がやってきた。
「そんなことを言うおまえは誰か」と、読者は問うだろうか
 私は一九八六年〈幸福の科学〉発足以前から学習会の基礎造りに人生を懸けてきた男で
ある。順調な仕事を閉鎖し、自社ビルを処分し、家族との辛い別れを体験しながらも、す
べてを捨てて打ち込んできた者である。
 そのあいだには、教団の最重要ポストを幾つも歴任してきた。
 組織として形が整う前は、活動推進委員として基盤造りに励んだ。会が動き出すと、秘
書課長として大川隆法に密着。その私生活にも深くかかわった。大川隆法・恭子夫妻の仲
人もしている。

 初代総務局長としての華々しい武勲もいくつかある。幹部人事を担当し、資金計画を立
て、出版ルートを開拓した。他教団との折衝も手がけた。あの紀尾井町ビルへの入居も、
それを発案し、折衝し、勝ち取ったのは私である。
 本部講師となり、会の基本原理である「四正道」を解説して全国を巡回した。
あの頃にあった草創期の熱気。いま思い出しても、自然と熱いものがこみあげてくる。
文字通りゼロからの出発。情熱の奔流に身を任せ、しゃにむに舟を漕ぎつづけた。そして、
小さな舟が堂々たる大型船になったとき、伸び盛りのこの会を私は″卒業″した。
一九八九年十月のことである。



管理人アクセスマップお問合せサイトマップ トップページ

2009 The realities of Kofuku no kagaku was oppened.