被害者の声


 
私はある知り合いから半ば強制的に幸福の科学に入らされてしまいました。
名前だけ自分のものを使って入ったため←勧めた人間がそれでいいと言ったため特になにも危害はないので何も思ってなかったのです。
しかし最近になって、その宗教に名前が入ってる事すら嫌になってきて、脱会したいのです。入信?した時に写真を撮らされたのがかなりこたえました。
しかし渡された経典?やらは全て捨ててしまっていて困っています…(-_-;)
キチンと断る勇気がない私も馬鹿でした。

元信者


高橋信次関係から幸福の科学に入会しました。二十三歳です。一度は二十歳の時には自殺未遂もしています。そして来年の一月で三十六歳になります。本当につらい青春時代でした。

今、幸福の科学にいいたいのは金ならいいから、時間を返せと言いたい気持ちでいっぱいです。自分より重症な人はまだいないかもしれません。幸福の科学に入って自分の病気はさらに激しくなり、家族 からアパートに別居させられました。そして今は生活保護を受けながら生活しています。

マインドコントロールなんて笑ってたけどまさか自分がと気づかずにいたおめでたい奴だったんだとこのHP見ながらまざまざ感じさせられています。どんどん不幸になってゆくのに一切反抗というか当たり前のことを会の中ではいえないのです。八年半もいてその最中、家族にもうじゅうぶんわかっただろうとか、バカな集団に入るなと忠告してくれる人はいましたが自分はまったく支えてくれた人たちの意見を聞くことはありませんでした。それがマインドコントロールだったとは信じきると言うより狂っていたんですね。

元信者


わたしもネットで、いままで聞いたこともないような情報を知り、あきれて退会した一人です。
自分の貴重な時間を、わけのわからない世紀末思想やエルカンターレに使ってしまったことは、
悔やんでも悔やみきれませんが、自分の頭が弱かったせいで騙されたとあきらめるしかありません。
世の中には、積極的に人を騙そうとする人間たちも、やっぱりいるわけで、
第二、第三の被害者をなくしていくためにも、こういうネットでの告白は必要であろうと思います。
泣き寝入りばかりしていたら、詐欺師のユートピアになってしまいます。
今は、もう、はっきりと言えます。あの人は、釈迦の再誕でもエルカンターレでも何でもありません。
挫折感と劣等感の固まりの、ただの人間の中川隆さんです。
もうこれ以上の過ちをくり返さないでほしいと祈ることしかできません。

元信者


僕は幸福の科学の脱会者です。大学入学の時に勧誘されて、1年半、自分を無くて生きていました。昨年の秋、
もう我慢ができなくなり脱会しました。自分自身の経験からしてみなさんにお伝えできることは、幸福の科学はカルト教団であるということです。
カルトの恐ろしさはいざそこを辞めるときにはっきり現われます。恐怖、 不安、虚無感に激しく襲われます。みなさん、もし勧誘されたりしたら十分に警戒してください。
 もし大学入学時にもっとカルトについての情報があったら、ヤフーの掲示板を読んでいたら、こんな情けない1年半を送らずにすんだのに! と心から悔やんでいる今日この頃です。

元信者


妻は私よりも先に入会し、私よりも数倍熱心に勉強し、活動していました。
そして、婦人部の役職にも就きどちらかといえば体制側の立場に長い間おり、
会の中枢部の出来事にも詳しいようでした。
しかしそれゆえに、一般会員には知らせられないことも多々見聞きすることで
自分の心の葛藤を重ね、数年前から突然「鬱状態」に陥ったのです。

「やめたい...でも、怖い。」という言葉を繰り返しつぶやくばかりでした。
電話線とFAXを切り、一日中家に閉じこもりジグソーパズルに明け暮れる日々が
長く続きました。私にもなかなか心を開かず、病院へ連れて行ったほうがよい
のではと考えていた時、友人からある人の本を紹介され妻に渡したところ
ボロボロ泣きながら数日後、いろいろな話をしてくれ、その一週間後に脱会したのです。

妻の心は完全に癒えることはないかもしれません。
今も時々非常な恐怖感に襲われたり、自分に自信が持てていません。
自分の指示や連絡等によって、たくさんの人を傷つけたり悲しませたこと
があったという罪の意識と、もしかしたら自分は仏陀を裏切って最悪の
地獄に落ちるかもしれないという恐れの意識から抜けきっていないのです。

元信者

家族は幸福ではなく不幸です。 身内の一人が信者です。家族は全員反対!!でも本人は洗脳と言うかなんと言うか。それしか見えてません。
毎日帰り時間は遅い、近所に勧誘する、などなど言い切れません!おかげで家族はバラバラです。
幸福の科学は『幸福』がテーマですけど、一方で家族が不幸になっていても気にしないんですか。
一人を勧誘すれば不幸家族がふえますよ。

家族


この教団は危険なカルトに入ると思います。オウムのように破壊的な行動にでることは考えられませんが、個人の思想というものが全く奪われてしまう点では典型的なカルトです。私は入会して何が一番苦しかったかというと、お布施をすることでもなく(強制は全くなかった)、会の書籍を買いに行く(こうすることでヒットさせる。でも料金は会が払ってくれる)ことでもなく、自分が日ごろ生きていく上で根本にあるものが自分の意志でなく、会が言っている世界にある、ということだったのです。本当につらいことでした。今でもその苦しみが抜けません(でも同じ脱会者の方とメールでやりとりしだしてから、この教団を客観的にとらえることが少しできるようになりました)。自分の気持ちを正直に言って、会によって私の心は見事に崩壊させられました。怒りを感じると同じに恐怖を覚えます。

元信者



母が、10年くらい前から幸福の科学の信者です。
最初は楽しそうだったし、いいか、と思ってほっときました。
ただ、ここ数年、本やビデオ、お布施みたいな名目で、かなりの金額を使っているようです。
父は、お金にうるさく言わないのですが、さすがにいいかげんにしてほしいということを言っていますが、そういった話になると、母は突然おこりだしたり、話をすりかえたりして全然話を聞きません。
借金をしてまでもつぎ込んでいるわけではないのですが、今回、お墓を買うといい始めました。
そして、その金額が300万円。
実は、その前にも寄付の名目で1000万円ほど払わされました。もちろん、払う方が払いたくて払っているのですが、払う方ことは神様に対していいですよ、と言われると、信じていると払ってしまうみたいです。
さすがに、お墓は死んで入る場所だし、お墓を分けるということは家族ではなくなる、と思います。
兄弟でも話し合って、本当にお墓を幸福の科学で入るのならば離婚してもらおう、と決めました。

母のことはもちろん大好きです。
ただ、お金を取れるからって寄付をしてもらいまくって平気な幸福の科学はどういうつもりなのか、離婚になっても、幸福の科学はそれが母にとって幸せにつながることと考えているのか、不思議でなりません。
明日の夜、家族会議を開いて、母にその話をするつもりです。
話がまとまりませんが、みなさんはどうお考えになりますか?同じ立場なら、どうされますか?
宜しくお願いします。

家族

 

これは経験した人しか分からないと思うのですが、喘息の発作のように、
ある時突然、恐怖心が襲ってきます。特に幸福の科学の批判を人に話したり、
掲示板に書き込んだりした時は、必ずこの恐怖と戦わねばなりません。

また教祖が、地獄の具体的なイメージを語っていればいるほど、その恐怖も
大きくなります。

主宰は仏陀ではないと300%確信している自分でさえ、今でも1週間に
一回程度はその発作が起きます。 ですから宗教の脱会信者に、教団の
批判を勧めることは、慎重であらねばならないと思います。

これは、非常に根が深い問題です。おそらく一生掛けても完全には
無くならないものだと思います。おそらく人間の心理と言うものは、
我々が思っている以上に、他者の言葉によって支配されてしまうのだと
思います。それは催眠術などを見ても分かります。

元信者



前のページへ戻る 前のページへ戻る 次のページへ 次のページへ