ホームページ運営のツボ 視覚障害者の方のページ


ホーム
 ■ユーザビリティの改善  ■顧客満足の改善   ■検索サイトの利用   





メールマガジン
購読無料
<<Web戦略事情>>


経営戦略と ビジネスヒントの
最新情報誌!!
 

更新日 2002年05月28日
ユーザビリティ
ユーザビリティの充実したサイトは、人気が高い。ユーザーにとって使いやすいサイトに改善する。


 
■  ユーザビリティとは・・・
     (使いやすさを追求する)
改善案
ナビゲーションの改善

ナビゲーションはユーザーのためにある。

サイト内で迷子は出さない。

カテゴリー移動のナビは、上部または左側に。

上下や前後移動のナビは、ページの下部へ。

文字表示は誰にでも理解できます

トップページの改善

3秒ルールを守る。

トップページには、情報伝達能力のある画像を。

サイト情報をぼやけさせない。

伝えたい情報は、トップページに露出する。

重要な情報は「スクロールしなくても見られる部分」に配置する。

オープニング動画

オープニング動画の表示は、ユーザーの意志で。

スキップボタンを設置する。

画像リンクの改善

画像でリンク先の情報を示唆する。

画像情報をテキストで補完する。

テキストの長いときは外形を線で囲む。

リンクはグループ化し整然と並べる

画像は縮小し過ぎない。

8秒ルールの適用

8秒ルールを守る。

画像や動画を含むページの表示時間はチェックする。

ユーザビリティテスト

自分ではわからない問題点を発見する。

ユーザビリティテストで改善点を把握する。

プルダウンメニューの改善

プルダウンメニューに重要な情報は閉じ込めない。

プルダウンメニューの使用は1項目で見当のつく情報に限定する。

プルダウンメニューの項目をページ内に表示する。

商品説明の改善

簡潔説明も詳細説明も重視する。

詳細説明ボタンを用意する。

詳細説明で顧客満足を提供する。

色彩の改善

テキストの読みやすさを確認。

注意を引きたい箇所に彩度の高い色を。

背景画像は邪魔にならないようにする。

ブラウザセーフカラーを標準色として使用する。

あなたのサイトに合った配色を。

その他の改善

サイト全体で統一感をもたす。

Web上でアンダーラインは使わない。

横にスクロールしなければ、読めないページはなくす。

 
■  ナビゲーションの改善
     (快適な操作環境の提供)
■  トップページの改善
     (一目でわかる情報発信)
■  オープニング動画
     (ユーザーは、毎回見たいだろうか)
■  画像リンクの改善
     (情報提供手段を有効に活用する)
■  8秒ルールの適用
     (表示の遅いページは顧客が逃げる)
■  ユーザビリティテスト
     (問題の洗い出し)
■  プルダウンメニューの改善
     (プルダウンメニューの弱点を知る)
■  商品説明の改善
     (簡潔な説明か、詳細な説明か)
■  色彩の改善
     (色彩の基本と心理的影響)
■  その他の改善
     (全てのページで考慮すること)
ユーザビリティ2