グリーンさんぽ

             緑やお花をキーワードにした小さなお散歩
                 季節ごとにお花を探して歩いてみたいのです 春no 夏no お花達・・
                    ベランダで育てるのもまた楽しいですね。

                           
                       種から育てるカスミソウ                

                                                                                            

    たまに、お花の種をおまけなどで
    プレゼントされることがあったりすると
    なんだかとってもうれしくてウキウキしながら
    蒔いてみよう!となります。
    みなさんも何度かもらったことありませんか?
    ハーブの種、ミントやレモンバームが多いですよね。

    蒔いてみよう!と蒔いてみて1日、2日と待ってみる。
    それでもやっぱり種からは、難しくてちいさな芽を見ることはまれ。

    私も、ちいさなころカスミソウの種をもらいました。
    種の袋には、カスミソウの束の写真。
    夢は、脹らむけれど現実は、厳しく発芽率0パーセント。。

    何年も経って大人になってもカスミソウは、夢のカスミソウとなって
    心に残っていてミニミニベランダ菜園ガーデンが調子よく行っている今が
    そのとき!とおととし種まき。

    カーネーションと一緒に蒔いてみたのです。
    カーネーションとカスミソウの花束なんて考えただけでも素敵でしょ。
           
    
    秋蒔きの種から始まって冬をこえて行く中、カスミソウとカーネーションは、
    仲良く同じように生育し、どっちがどっち?というくらい同じような葉っぱ。
    調べてみるとどちらもナデシコ科みたい。
    そういえば、カスミソウのちいさな花をよ〜く見るとカーネーションの
    ミニ番みたいなお花なのでした。

             

    順調に進んでいるかに見えていましたが翌春になると
    カーネーションが1歩リードしだしてカスミソウは、出遅れだしました。
    カーネーションは、5月の母の日の花というくらいで
    ぴったり母の日とまではいかなかったのですが5月に開花!!

    カスミソウは。。
    葉っぱのままです。
    そしてあっという間に冬。
    カスミソウは、またも夢と消えてがっかり。
    お花一粒でも見たかったのに。

    そして後から、後から咲くカーネーションに気をとられて
    カスミソウも忘れ去られたころ。

    静かにカスミソウの季節がやってきていました。
    カーネーションと同じくカスミソウも冬を乗り越え
    春になって力を伸ばしていたのでした。
    
       
    ぐ〜んと背が伸びた茎からの花芽☆
    夢のカスミソウがここにあるのです。

    カスミソウムード満開の中、種の袋が出てきたので
    もう一度よくよく見てみると、あれれ?
    カスミソウにお花が付くのは2年目からとあります。

    種から蒔いたラベンダーがお花を付けるのは、
    2年目からと知っていたのですが
    カスミソウも2年目からとは、知らず
    お花を待ちに待っていたのでした。

    なので、気を揉んだ分さらに夢のカスミソウだったなぁと
    カスミソウのミニ花束を見ながら思うのです。
    ラベンダーの季節とも重なったのでラベンダーも入った花束となりました。
    
    
                   
    

    カスミソウその後〜。
    秋にハーブのプランターをお手入れ。
    カスミソウの根っこはどうなっているのかな〜と
    掘り出してみると!
    あら〜立派な球根です。
    オシロイバナも種から蒔いて翌年には、根っこが球根風に育つけれど
    ちょうどそんな感じです。
    
    しかも新芽がちらほら。
    来年も期待できそうです♪