緑・環境資格リスト
技術士・技術士補 造園施工管理技士 造園技能士
登録ランドスケープアーキテクト ビオトープ管理士 ビオトープアドバイザー
公園管理運営士 街路樹剪定士 植栽基盤診断士
樹木医・樹木医補 生物分類技能検定 森林インストラクター
環境カウンセラー 自然再生士 環境再生医
プロジェクト・ワイルド ネイチャーゲームリーダー 環境経営士
MAIN PAGE


技術士・技術士補
内  容 技術士は技術者最高の国家資格といわれており、科学技術に関する高度な応用能力を備えていることを認定するものです。そのため、資格者にはその地位や資格上の特典が多くついています。
技術士補は、これからの科学技術の発展の原動力となってもらうことを目的としています。(国家資格)
試験内容 技術士になるための技術士第二次試験は、技術部門と、その技術部門ごとに設定されたいくつかの選択科目の中から、あらかじめ受験者が選んだ1つの選択科目について行われます。
試験は、筆記試験及び筆記試験合格者を対象とする口頭試験からなっています。
対  象 ●技術士:第1次試験(技術士補)の合格し、科学技術に関する専門的応用能力を必要とするような計画、研究、設計、分析、試験又は評価の業務に通算7年を超える期間従事していること。
●技術士補:全ての人を対象。
備  考 建設コンサルタント登録に必要な資格であり、公共事業における設計業務において認められている資格。建設部門(都市及び地方計画 建設環境)等
お問い合わせ先 公益社団法人 日本技術士会
https://www.engineer.or.jp/
〒 105-0001 東京都港区虎ノ門4−1−20 田中山ビル
電話:03−3459−1333
▲top


造園施工管理技士
内  容 造園施工管理技士は国土交通省が認定する国家資格です。1級と2級があり、それぞれ公共事業での規模に応じての監理技術者として認められます。(国家資格)
試験内容 検定は学科試験と実地試験(記述式)があり、1級は学科試験と実地試験が別の日に行われるが、2級は同一日に行います。
対  象 学科試験を受けるためには実務経験が必要であり、大卒、高卒などでそれぞれ経験年数が違います。実地試験は、学科試験の合格者のみが受けることができます。
備  考 施工管理技士にはその他、土木施工管理技士、管工事施工管理技士などがあります
お問い合わせ先 一般財団法人 全国建設研修センター 造園試験課
http://www.jctc.jp/
〒 100-0014 
東京都千代田区永田町1-11-30 サウルスヒル永田町ビル
電話:03−3581−0139
▲top


造園技能士
内  容 造園工事において施工に関する技や能力を証明するために労働省が認定する国家試験です。その熟練度によって1〜3級の段階があり、技能検定はいわば職人技が試される試験です。(国家資格)
試験内容 実務試験と学科試験からなる検定試験に合格すること。
対  象 それぞれの等級(1〜3級)にしたがって、実務経験が必要となります。1級は2,3級を取得することで実務経験年数が短縮できます。
備  考 技能検定は、その他園芸装飾技能士、室内装飾技能士などがあります。
お問い合わせ先 中央職業能力開発協会
http://www.javada.or.jp/
〒 112-8503 東京都文京区小石川1-4-1 住友不動産後楽園ビル
電話:03−5800-3638
▲top


登録ランドスケープアーキテクト
内  容 ランドスケープアーキテクトとして実務を遂行するために必要な「一定の知識と技量からなる能力」を試し、個人を登録ランドスケープアーキテクト(RLA) として認定する制度です。
試験内容 ●セクション1(基本的事項)4択問題
  - 基礎知識(専門実務)、 計画原論・設計基礎
●セクション2(計画実技)実技問題
  - 土地利用ダイアグラムに関する問題、 敷地計画図の作成
●セクション3(設計知識)4択問題
  - 実施設計(植栽・土壌、造園工学・材料、造成・排水計画等)
●セクション4(設計実技)実技問題
  - 割り付け・造成・排水・植栽計画図作成、詳細図作成
対  象 ●大学卒業者(指定学科:実務経験3年以上 指定学科以外:実務経験5年以上)
●短大・高等専門学校卒業者(指定学科:実務経験5年以上 指定学科以外:実務経験7年以上)
●高校卒業者(指定学科:実務経験10年以上 指定学科以外:実務経験12年以上)
●上記以外(実務経験15年以上)
*このうち1年以上の主体的立場での実務経験が含まれていること
*指定学科についてはこちら
備  考 RLA資格制度は、3年ごとに登録を更新する必要があります。
民間資格になり、技術力を協会で認定するものです。
お問い合わせ先 〒103-0004
東京都中央区東日本橋3-3-7 近江会館ビル8階
一般社団法人ランドスケープコンサルタンツ協会内
RLA資格制度総合管理委員会事務局
http://www.cla.or.jp/rla/
TEL:03-3662-8266 FAX:03-3662-8268
▲top


ビオトープ管理士
内  容 ビオトープ管理士は、国家資格でないものの、その重要性が認知され、かなり普及しつつある資格です。ビオトープ管理士にはビオトープ計画管理士と、ビオトープ施工管理士の2つの部門に分かれており前者はプランナー、後者は施工に当たる技術資格となっています。(民間資格)
試験内容 ビオトープ計画管理士、ビオトープ施工管理士ともに1級、2級があり、1級は筆記試験、小論文、口頭試験があります。2級は筆記試験のみとなります
対  象 ●1級は学歴、所有する資格(技術士や土木、造園施工管理技士)に応じて必要な実務経験が必要です。
●2級は問いません。
備  考 ・1級は業務担当者責任者レベル、2級は基礎的知識レベル
・ビオトープ管理士による日本ビオトープ管理士会があります
http://www.biotop-kanrishi.jp/
お問い合わせ先 財団法人日本生態系協会 ビオトープ管理士係
http://www.ecosys.or.jp/activity/biokan/index.htm
〒 171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20 音羽ビル
電話:03−5954-7106
▲top


ビオトープアドバイザー
内  容 ビオトープ作りには、自然生態系に関する広範かつ高度な知識を基盤とした実践的経験が必要です。
日本ビオトープ協会は以前より会員に対してビオトープ技術者養成の講座を開設していましたが、これを発展させ、平成14年から「ビオトープアドバイザー」資格を認定する制度をスタートいたしました。(民間資格)
試験内容 3日間にわたり集中して行われる10講座の座学と実技研修(ケーススタディー含む)の受講を必須として、研修最終日に行われる認定試験に合格することで認定・登録されます。
対  象 学歴、経験は特に問いません
備  考 ・全国各地域を巡って研修が開催されています
・特に施工分野を主としています
お問い合わせ先 特定非営利法人 日本ビオトープ協会
http://www.biotope.gr.jp/
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2−6−7 メゾン新大塚101
▲top


公園管理運営士
内  容 今日、公園を取り巻く社会情勢は大きく変化し、より効果的、効率的な管理運営を求められる一方、スポーツ・レクリエーション、市民協働、安全管理、生態管理、資源循環、環境教育等のニーズの多様化や高度化への対応が必要になってきています。そして、このような都市公園の管理運営を円滑かつ効果的に推進するための、マネジメント能力を備えた人材が求められています。
公園管理運営士認定試験は、こうしたニーズに応えられる一定水準の知識、技術、能力を持つ人材を養成し、認定するもので、平成18年度から財団法人公園緑地管理財団が実施するものです。(民間資格)
試験内容  ・1次試験(筆記試験)
 ・2次試験(講習と修了試験)
対  象 27歳以上
備  考
お問い合わせ先 公園管理運営士認定試験事務局
https://www.posa.or.jp/outline/sub_jigyou_nintei_top.html
〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-9-13 岩本町寿共同ビル2階
一般社団法人日本公園緑地協会内
TEL:03-5833-8551
FAX:03-5833-8553
▲top


街路樹剪定士
内  容 街路樹の剪定は、伸びた枝をただ切り落とすだけでは充分とは言えません。街路樹の機能を充分に理解したうえで、その効用を最大限に発揮するよう適切な剪定をすることが必要です。樹木は種類によって適した土地や成長・形態の特性が異なり、剪定に適した時期や手法もさまざまです。
「街路樹剪定士」とは(社)日本造園建設業協会と建設省土木研究所との共同研究により1999年に発足した、街路樹の健康・美観・機能等の専門的知識を身につけた技能士であり、(社)日本造園建設業協会(日造協)の認定している民間資格です。
試験内容 ・街路樹剪定士学科試験
・街路樹剪定士実技試験
*いずれか合格した場合、3年間のうちもう一方合格すればよい
対  象 ・造園技能士2級以上(ただし2級の場合は取得後2年以上の剪定業務経験)
・樹木の植栽工事または剪定業務実務経験7年以上
備  考 ・5年ごとの研修等による更新
・「街路樹剪定士研修会」(3日間)、「街路樹剪定士指導員レベルアップ研修会」
お問い合わせ先 日本造園建設業協会<街路樹剪定士>
http://www.jalc.or.jp/sentei/index.html
各支部へ問い合わせ
http://www.jalc.or.jp/information/shibu.html
▲top


植栽基盤診断士
内  容 植栽基盤・土壌・植物・植栽に関する知識と経験および土壌調査・診断結果をもとにした処方能力を総合的に備え、植栽基盤整備に係る卓越した技術力を有する総合的な専門家で、平成15年度から(社)日本造園建設業協会(日造協)が認定している民間資格です。
試験内容 ・植栽基盤診断士学科試験
・技術レポート提出
・植栽基盤診断士実技試験
対  象 ・「植栽基盤診断士補」であるもの
・植栽基盤の実務経験2年以上
・指定資格保持者又は造園実務経験を10年以上を有するもの
のいずれかの実務経験を有するもの
*植栽基盤診断士補は受講資格を問わず、研修会及び修了試験により認定
備  考 ・植栽基盤診断・地盤調査実技研修受講にて「植栽基盤診断士補」の修了試験一部免除
お問い合わせ先 日本造園建設業協会<植栽基盤診断士>
http://www.jalc.or.jp/syokusai/
各支部へ問い合わせ
http://www.jalc.or.jp/information/shibu.html
▲top


樹木医 ・樹木医補
内  容  その名の通り樹木のお医者さんにあたる資格で、樹木の診断や治療、後継樹の育成や樹木の保護に関する知識の普及と指導を行う専門家です。(民間資格)
試験内容 応募資格者に該当するもののうち、まず筆記試験と業務審査の第1次審査によって研修受講生(約80人)が選抜され、第2次試験として約2週間の講義と実習の研修を行い、筆記試験を行います。さらに研修終了時には面接により適正審査後、合格者を決定します。
樹木医補は、資格養成機関に在籍し・卒業後、申請手続きで取得できます。
対  象 樹木の診断や治療に関する業務経験が7年以上の者
樹木医補の場合は、認定後、1年以上の業務経験
備  考 ・類似の資格に「樹医」がありますが、これは樹木医とは関係はありません
・日本樹木医会のホームページでは合格体験記や参考図書など有益な情報が掲載されています
http://jumokui.jp/
お問い合わせ先 一般財団法人 日本緑化センター 樹木医係
http://www.jpgreen.or.jp/treedoctor/info.html
〒 107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル2F
TEL:03−3585-3561
▲top


生物分類技能検定
内  容 環境アセスメントや野生生物の調査など、自然環境調査の需要に対応して野生動植物調査に関わる人材を育成することを目的とした資格で、段階に応じて1級から4級まであります。環境省管轄の自然環境研究センターが認定する資格で、平成11年から創設されました。(民間資格)
試験内容 1級から4級までの階級があり、それぞれの階級に応じて検定試験が行われます。2級からは動物部門と植物部門に分かれます。
対  象 2〜4級は年齢、学歴は不問。1級は2級合格者が対象となります。
備  考 3、4級は身近な生き物や植物に関する基礎的な検定。1、2級は、職業としてのレベルとなります。
お問い合わせ先 一般財団法人 自然環境研究センター 生物分類技能検定事務局
http://www.jwrc.or.jp/
〒130-8606 東京都墨田区江東橋3丁目3番7号
TEL:03-6659-6110
▲top


森林インストラクター
内  容 森林インストラクターは、森林を利用する人に対して、森林や林業に関する知識の普及や案内を図ったり、様々な野外活動を指導する専門家です。 (民間資格)
試験内容 一次試験は森林、林業、野外活動、安全及び教育などの筆記試験、二次試験では講習、実技試験、面接があります。
対  象 資格対象者は20歳以上の人
備  考 資格の有効期間は5年で、所定の手続きを踏むことで更新が可能です。
お問い合わせ先 一般社団法人 全国森林レクリエーション協会 森林インストラクター事務局
http://www.shinrinreku.jp/top/
〒 112-0002 東京都文京区後楽1-7-12 林友ビル6F
TEL:03-5840-7471
▲top


環境カウンセラー
内  容 環境カウンセラーとは、市民活動や事業者の中での環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を有し環境保全活動に関する助言などを行う人材として、環境省の行う審査を経て登録された方々です。
登録対象は市民部門と事業者部門に分かれ、それぞれの支援や指導を行います。(認定登録)
試験内容 登録には2つの審査を通過する必要があります。
●第一次審査は経歴などを記載した申請書と指定されたテーマについて論文による書類審査
●第二次審査は複数による面接試験
対  象 登録の対象者は市民部門と事業者部門によって異なるが、それぞれ実績や経験、資格が必要となります。
備  考 ・申請手続きは無料。登録は3年間で更新するが、指定の研修を1回以上修了する必要があります。
・専用メーリングリスト及びデーターベスに登録できます。
お問い合わせ先 環境カウンセラー(環境省HP内):
https://edu.env.go.jp/counsel/
▲top


自然再生士
内  容

「自然再生士」とは、自然再生に必要な知識・技術・経験を有する、自然再生の推進者です。「自然再生士」には、自然再生に係る事業全体を把握し、調査・計画・設計・施工・管理の、各々の事業段階において行われるべき業務や活動において、これに係わる人々をコーディネートするとともに、自ら担当する自然再生を実行できる能力が求められます。(民間資格)

試験内容 択一問題、経験論述問題、専門技術論述問題
対  象 満23歳以上(受験年度の4月1日時点)の方で、自然再生に係る以下の実務経験年数を有する方が受験できます。
大学卒 3年以上、短期大学卒 5年以上、高校卒 7年以上、自然再生士補 1年以上
備  考 補資格養成機関として認定を受けた大学等の学部、学科において指定分野の科目を履修・取得したことが認められる在籍者または、これを卒業(補資格養成機関登録年度以降であること)した者の申請に基づき自然再生士補の認定制度があります。
お問い合わせ先 一般財団法人日本緑化センター 自然再生士係
http://www.jpgreen.or.jp/saiseishi/index.html
〒 107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル2F
TEL:03−3585-3561
▲top


環境再生医
内  容 環境再生医は、自然環境の知識を基礎に、地域の歴史・風土や人々の生活への理解などを裏付けとし、協働の調整や推進を行うことを役割としています。(民間資格)
試験内容 毎年1回、11月~翌年2月頃に全国で「環境再生医 資格認定講習(試験含む)」を実施しており、これに合格することにより環境再生医として認定されます。
・初級…公式テキストに関する試験と講習(1日間)
・中級…公式テキストに関する試験と環境再生活動に関する講習(2日間)
・上級…環境再生活動の指導と運営に関する講習と試験(2日間)
対  象 「環境再生医」は、既に環境関連で実務経験を持つ方を対象にした資格で、「初級・中級・上級」があります。
○初級…「2年以上の実務経験がある方、もしくは環境関連学校卒業者」が対象となります。
○中級…「5年以上の実務経験がある方」が対象となります。
○上級…「10年以上の実務経験および指導経験が2年以上ある方で、中級取得者であること」が対象となります。
備  考
お問い合わせ先 認定NPO法人 自然環境復元協会
http://www.narec.or.jp/
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-3-13-301
TEL:03-5272-0254 
▲top


プロジェクト・ワイルド
内  容 プロジェクト・ワイルドは、米国のWRECC(西部地域環境教育協議会)と、WAFWA(西部地域魚類・野生生物局協会)が共同で、幼稚園から高校までの生徒を指導する教育者向けの環境教育プログラムとして、1980年から開発がはじまり、1983年に正式に公表されました。(民間資格)
試験内容 ワークショップ形式で1日または2日のプログラム
対  象 ●エデュケーター(一般指導者):
 エデュケーター養成講座への受講
備  考 学習の対象は、幼稚園児から高校生までを想定し、プロジェクト・ワイルドはこれらを指導する教育者向けの環境教育プログラムとして構成され、講習による指導者(エデュケーターおよびファシリテーター)の養成を通じて普及を図る。上級指導者(ファシリテーター)が一般指導者(エデュケーター)の養成に当たり、一般指導者が学習者(子ども)対象のワークショップを行うという方式による。
*WILDとは、「Wildlife in Learning Design」を意味する。
お問い合わせ先 一般財団法人 公園財団 プロジェクト・ワイルド事務局
http://www.projectwild.jp/index.html
〒 112-0014 東京都文京区関口1-47-12 江戸川橋ビル2階
TEL:03-6674-1188
▲top


ネイチャーゲームリーダー
内  容  ネイチャーゲーム指導員は自然のフィールドの中で5感を使って直接自然とふれあうネイチャーゲームを通して環境プログラムを行う指導員です。(民間資格)
試験内容 講座は、3日間(2泊3日または日帰3日)または2日間(1泊2日または日帰り2日)で構成されます。
対  象 満18歳以上の者
備  考 資格は一年更新。
お問い合わせ先 公益社団法人 日本シェアリングネイチャー協会
http://www.naturegame.or.jp/
〒160-0004  東京都新宿区四谷4-13-17 ワークスナカノ2F
電話 03−5363-6010
▲top


環境経営士
内  容 持続可能な社会にするためには企業でも同様の責任があります。従来の経営に「環境」の視点加えた専門家を養成します。
試験内容 公式テキストを使用、都合3日間の「環境経営士」養成講座を受講、審査を経て日本経営士会に入会など所定の手続きを経て取得。
ベーシックコース(1日):エコ検定などの環境関係の資格保持者は免除される。
アドバンストコース(2日):(ベーシックコース受講後)2カ月に1回東京本部にて、地方は随時開催
*別途日本経営士会への入会費用が必要
対  象 環境に関心のある方ならどなたでも受講可能
備  考
お問い合わせ先 一般社団法人日本経営士会 環境社会創出委員会
http://www.compact-eco.com/
〒102-0084東京都千代田区二番町12-12BDA二番町ビル5F 
TEL:03-3239-0691
▲top