RETURN

■なんとかなるさLinuxZau



■KeyHelper導入ツアー  (第1日目)

 待望のキー・カスタマイズ・ツール KeyHelper の登場です。ランチャー機能、タスク切り替え機能まで付いた盛りだくさんの内容。

LinuZau ToolBox より

 インストールしてみれば解ります。SL−C700の操作が劇的に快適になります。設定ファイルを見ると敬遠したくなりますが、苦労する価値は絶対にあります。

 うだうだ言う前にまずはチャレンジしましょう。やることは簡単。饒舌であるため説明が長くなるだけです(^^;。

■ ツアーの前に……

※以下で紹介する作業は自己責任でお願いします。いかなる不具合が発生しても当方は責任を負いません。作業はバックアップを取ってからにしましょう。

※ 2003/4/5 現在で最新のKeyHelperの正式バージョン Version 1.0.0 を対象としております。バージョンによってはできることできないこと、設定方法等違ってくると思いますのでご注意下さい。

※ここで説明する内容が、LinuZau ToolBox で公開されているマニュアル(readme.txtreadme2.txt)および WiKi 形式マニュアルと違った場合、マニュアルが正解です。マニュアルに従って下さい。間違いのないように注意していますが、絶対に間違っていないことはあり得ません。その場合は広い心で接して下さいm(__)m。

2003/4/5




 KeyHelper導入ツアー

右手をご覧下さ〜い ツアーのご案内

 このページをご覧になっている方は、KeyHelper導入に尻込みされている方だと思います。そんな皆さんにこそ使っていただきたいのがKeyHelper。このツアーが皆さんのお役に立てるか若干の不安はございますが、少しでも手助けになればいいなと思っております。

 では、ツアーのご案内。入門コースから達人コースまで5コースを用意しております。少なくとも、入門、初級コースだけは順番にたどってください。

KeyHelper
Version 0.9.5
コース 使用する設定ファイル 備 考
入門 初級 中級 上級 達人 キー
(xml)
拡張
(conf)
前半 後半
使用 タスク切替
簡易キーマッピング

修飾キートグル動作
キーリピート設定
メニュー選択形式のタスク切替
タスクセレクター
アプリケーションランチャー
メニュー選択形式のランチャー
メニューランチャー
複数のメニューランチャー
テキスト貼り付け機能
日付時刻貼付け機能
クリップボード文字貼付け機能
コマンド/シェル実行機能
qcopメッセージ送信機能
設定 インストール
キー設定XMLファイル設置
キー設定XMLファイル再読込
KeyHelperコントロールシェル
キー設定XMLファイル解説
任意XMLファイル読込
拡張設定ファイル設置
拡張設定ファイル書式
日本語対応
任意拡張設定ファイル読込
Tips XMLファイル読込の省力化
Zten連携
40超のメニューランチャー設置

※ver.1.0.0 以前は「拡張設定ファイル」の名称が「基本設定ファイル」となっていました。名称は変りましたが、中身は全く同じです。

2003/4/5

右手をご覧下さ〜い 用意するもの

 まずは必要なもの。SL−C700は当然として、その他のもの。

 こんなものですかね。

 では、入門コースへご案内。

2003/3/22




 KeyHelper導入ツアー:入門コース

 こちら入門コースで、

 ができるようになります。これだけでも非常に便利。
 作業は、

  1. バックアップ
  2. KeyHelper のインストール

 の2つ。これだけでタスク切替ができるようになります。タスク切替だけでもぐっとSL−C700は使いやすくなります。

右手をご覧下さ〜い バックアップをとる
●
バックアップ/リストア
 まずはバックアップをとってください。強く推奨します。
 今のところ、ボクの環境ではトラブルがありませんが、何があるか解りません。特にこういう基幹に関わるアプリケーションは、もしトラブルがあるとにっちもさっちもいかないという状況に陥りかねません。別に脅すわけではありませんが、バックアップをとっておけば安心です。バックアップはオンラインソフトを導入する際の義務だと思ってください。

2003/3/22

右手をご覧下さ〜い KeyHelperをインストールする

 続いてインストール。

 まずは下記のサイトからKeyHelperの最新バージョンをダウンロードしてください。ここでは 2003/4/5 現在の最新版 version1.0.0 の利用を前提としております。

LinuZau ToolBox > KeyHelper Applet

●
ソフトウェアの追加/削除

 で、インストール。必ず本体メモリにインストールしてください。SDカードへのインストールで過去に不具合があったという報告があります。本体メモリなら大丈夫(^-^)。

 KeyHelperは常駐する形で動く裏方のアプリケーションです。開発者の方はアプレットと呼んでますね。普通のアプリケーションソフトと違ってHOME画面にアイコンは登場しませんのでご注意を。アイコンをタッチして起動、という作業をしなくても、システム再起動時にKeyHelperは起動しています。

※ターミナルからコマンドを打ち込むことで明示的に停止したり動作させたりすることができます。方法については初級コースで案内します。

 では、適当なアプリケーションをいくつか起動して、

[Shift]+[HOME]

(以下”+”はキー同時押しを意味します)

 と同時押しして下さい。アプリケーションが切り替りますね。キーボードを使っていて、裏のアプリケーションへ移動するのにペンタッチ(指タッチ)する必要がなくなりました。これだけでも凄く便利になったと思います。

 ということで、入門コース終了です。入門編で下記のことができるようになりました。

機 能 対応キー
タスク切替 (switch) Shift + Home

 続いて初級コースへどうぞ。[Ctrl]キーの割当てなどをおこないます。

2003/4/5

右手をご覧下さ〜いKeyHelper導入ツアー (第2日目)初級コースへ






BACK