信仰
1信仰という道
2 お山の信仰 
3 お山の慈悲
4 合掌そして祈り
5 挫折と向き合う
 閉塞を見据える
6 思いは通ず
 祈りは届く
7 この世の実体を
  知ろう
8 億年の因縁 皆帰妙法
9 唱えることの意義


法生寺
1 花のように お知らせ
2 法生について 地図
3 法生寺内地図・留心 
4 年間行事・月例行事
・お札


心と人生
1 自由に生きる
2 判断基準と優先順位
3 占いと霊視
4 前生と今生

5 神霊と私たち

6 心の修行

7 理想の社会

8 小さな幸せ

9 執着と向き合う

10 中道 偏らない心

11 メメントモリ 
 死を忘れるな
12 時空を超えて
 神からの俯瞰

13 霊界と顕界

14 法界縁起 一即一切

15 憑依と除霊そして霊障





信仰体験
1 此経難持 義父を偲ぶ
2 霊格の差を思い知った私
3 前世は剣岳の修験道
4 信仰で心に平安が
5 予知夢そして火災
6 囚われた霊を救え




メールを送る


 ゲストブックへ

Counter


* の語の意味

       
霊格
霊体の位、地位
      一筋縄
普通のやり方
       霊気
神秘的な気配、厳かな気
      居丈高
脅すような様子
       縫合
傷口を縫い合わせること
       守護
見守っている霊体
       御簾
すだれ

霊格の差を思い知った私

 
先師との交流の中で、記憶に強く焼きついていることがあります。それは、*霊格の差を教えて頂いたことです。私を仲介にして、多くの霊体がお山(法生寺)に*帰依しました。しかし、霊体といっても様々なのです。人をごまかそうとするものもいれば、力を誇示しようとするものもいます。*一筋縄で行くような簡単なことではありません。お山の*霊気を頂きたいがために、帰依したふりをしたり、 先師との縁をつなげるために、私たちを事故に巻き込んだりと、理の通らないこともしばしばです。卑しい霊体、*居丈高な霊体、しかし、お山の大きさを知ると、大抵は、謙虚になります。先師は、姿を見せてはいない、その霊体の格を見事に識別しました。私の体にうつったある霊体が、「妙●●」と名乗ると、「申し訳ないが、その名を使うわけにはいかない。」とはっきりおっしゃいます。私とすれば、前々からその名を名乗っているのだから、そのまま使えば良いのではと思いますが、師は、「妙」は、それだけの位の方にしか使えない、と言って許すことはありませんでした。同様なことを繰り返すうちに、私は、名前が、実体を伴うことを、はっきりと認識しました。
 また、霊格の差についても、師の対応の仕方で、実感できました。私は、ある日、突然の事故に遭いました。頭を強打し、かなりの出血で、病院で*縫合してもらいました。家に帰り、お経をあげていると、見知らぬ霊体が私の体に出てきました。なんとも悠然とした動きで、もしかしたら、仏様かもしれないと思ったほどでした。この方が、私を襲ったなら、私を*守護している方々が、束になっても敵わないと思いました。しかし、疑問が生じます。それほど上の方が自分のような下のものを襲うだろうか、という疑問です。疑問を抱えたまま、お山で師のお調べを受けました。体にその方が移られ、私の体が動き始めました。すると、師は、私の隣に向かって、「●●か?」とその方の名を呼びました。そして、確かめるため、先代の宗主様を呼びました。宗主様が、●●様に相違ないと確認した後、直に●●様に話しかけました。言葉を用いない対話です。やがて、私が、ひれ伏す形となり、対話が終わりました。師の「事故がなぜ起きたのか。」という問いに、「寿命でございます。」と答えられたそうです。私が、寿命で死ぬのを助けに来られたということが分かったのです。私が、「私を守護する方々が、束になっても敵わないと思いました。」と言うと、師は、「アッタリ前じゃないか。」と笑われました。私の守護されている方々は、私の住んでいる所一帯も支配し、人間の守護としては、低くないはずなのですが、師は、敵うかどうか考えることがおかしいと言う言い方でした。そして、そのはるかに高い方を、師は、●●と呼び捨てになさいました。ということは、師のほうが上と考えられます。
 また、先代の宗主様から、さらにもっと上の方が来られたときの師の様子を聞いたことがあります。御簾から転げるように下がり、部屋の外の廊下に出てひざまずき、ひれ伏したそうです。師は、こんなことを話したことがあります。「霊界は、封建的といってもいいほど、上下がはっきりしている。上の方をちょっと見るにも、横目で見てはいけないというように、してはいけないことが決まっている。品格が下のものが、上に上がることは無い。上下の差は当然で、納得できるし、むしろすっきりし、喜んで従いたくなるものなのだ。」