4487/F5702 中ノ鼻灯台 なかのはなとうだい

Nakano Hana

大崎上島の南端、中ノ鼻に建つ白亜の灯台。灯台をぐるりと取り囲む白い壁がオシャレですね。後ろに見えるフェリーは、竹原から波方へ向かう中四国フェリーです。

中ノ鼻灯台は三原瀬戸9灯台のひとつとして建設され、明治27年5月15日から今日まで船の安全を見守り続けています。

灯台の後ろに見え隠れしている島は近くて遠〜い大下島で、この島にも明治生まれの八角形灯台が建っています。

灯台から夕日を見守る夫婦・・・「なんかフルムーンのCMみたいだ」


位置
瀬戸内海東部(U)

 34 12.9N

 133.55 2E

 広島県豊田郡大崎上島町(旧、木江町)

塗色及び構造
 白色 塔形 石造
等級及び灯質

 群閃白赤光 毎13秒に3閃光

 Fl(3)W R 13s

光度・光達距離

 6000カンデラ

 18.5海里(約34km)

高さ

 地上〜頂部 5.1m

 水面〜灯火 45.11m

備考
 明治27年5月15日 初点灯