4668 鴨瀬灯台 かもせとうだい


Kamo Se


豊島の南に浮かぶ尾久比島付近にある鴨瀬に建つ灯台です。この辺りにはアビという鳥が飛来すると言われています。そうです、あの「海と島の博覧会」のマスコット「アビ丸」のモデルになった鳥です。


位置
瀬戸内海西部(T)

 34 08.7N

 132 45.4E

 広島県呉市沖(旧、豊田郡豊浜町)

塗色及び構造
 白色 塔形 FRP造
等級及び灯質

 単閃白光 毎4秒に1閃光

 Fl W 4s

光度・光達距離

 130カンデラ

 5.5海里(約10.2km)

高さ

 地上〜頂部 7.1m

 水面〜灯火 21m

備考  昭和17年4月10日 初点灯

 太陽電池(蓄電池)使用