4515 舟折岩灯標 ふなおれいわとうひょう

Funaore Iwa

伯方島と大島(正確には鵜島)の間にある舟折瀬戸に建つ灯標です。名前の通り燧灘から舟折瀬戸を通る船舶は、この灯標を目印に進路を変更して行きます。

位置

瀬戸内海東部(U)

 34 11.8N

 133 05.5E

 愛媛県越智郡宮窪町沖

塗色及び構造  赤色円すい形頭標1個付赤塔形
等級及び灯質

 モールス符号赤光 毎8秒にA (・−)

 Mo (A) R 8s

光度・光達距離  78カンデラ

 5.0海里
高さ

 地上〜頂部 8.3m

 水面〜灯火 12m

備考

 右舷標識

 太陽電池(蓄電池)使用

 平成16年10月13日 灯器をLED化