牛尾山法嚴寺縁起

                               

 法嚴寺御本尊十一面千手千眼観世音菩薩は奈良朝時代の作品といわれております。天智天皇勅作の観音像で賢心法師の霊夢により、滋賀の都より移されました。

法相宗のお寺でしたが、各行場は修験道の開祖、役の行者神変大菩薩の秘法・六大縁起に基づいた道場で、特に護摩堂は箕面山の滝窟を観想しております。その奥には役ノ行者・神変大菩薩になって修法して頂けるようになっています

              

空海上人、文徳上人、円珍上人、円仁上人、仁海上人が入山、また寛存僧正が寺門維持についての計を致されました。

南北朝時代に全山が火難、山麓小山ノ里の内海覚念氏が焼跡へ草庵を急造し諸佛像を御迎えられ天正年間に豊臣秀吉が祈請完遂の奉謝にと、寺社奉行前田玄以を当山の寺門再興に任是。

 後年又火災に見舞われ焼跡のまま、貞亨二年廣瀬三郎氏が寛存上人を迎え再興。寛存上人が当山中興第一世で有ります。

元禄二年浄遍上人(中興二世)が入山。

元禄十四年に赤穂浪士の大石蔵助仇討の成就を祈請して、毎夜々中人目を避けて通われました。

天保二年、門空上人が入山、弘化四年に至り現在の本堂が建立。

孝明天皇(第121代天皇)の御代の末には維新の勤王志士達の談合場としてつかわれていました。

 

京都市山科区音羽山及びこの方面の山地一帯は大昔より東山と云われ山麓地域 

を「大国ノ里」といいました。

垂仁天皇(第11代天皇)の時代に大国ノ淵という方がいました。或時大国ノ淵は

東山の頂上にて東山地主明神と出合うという不思議な夢見をされて、東山へ御登山に

なり頂上には東山地主明神が御神託の際、御足になされていた御履物の木靴が有った

のでした。大国ノ淵は其れを持ち帰り、夢見と今日の有事を

垂仁天皇に申し上げ共に神殿に上られて御祈請なされ、東山連峰中での其の峯を御山名。

音羽山、山頂に宇賀徳生神王と東山大権現を奉祀の音羽山権現社、生水谷へ八大龍王神

を奉祀の北谷権現社を創建して、国土守護所国民豊楽の祈念所にするようにとの御指図に

成りました。これが当山祈所の開山です。

大国ノ淵は御縁が結ばれて、音羽山に住まわれて御一族及び御縁故者達も後を追うて

音羽山の山麓に住み、人里に成って「大国の里」が出来ました。年とともに居住者が増加

し地域も広大になり山科と変わったのです。

 

   垂仁天皇から24代後の皇極天皇の時代中大兄皇子が蘇我入鹿誅伐御祈請に音羽山

  権現社へ御参詣され、音羽川辺の渓観や山上よりの眺望を御覧になり、其の後も度々

  御参詣されました。

  入鹿誅伐を敢行し大化改新を成立した中大兄皇子は其の記念にと音羽山より音羽川辺

  の地へ、櫻と楓を植付なされ景勝保護にあたられました。

  当寺御本尊佛の十一面千手観音は天智天皇が御親作の御念持佛で宮中の大悲殿に

  御奉祀でしたのを天武天皇が奈良に遷都為さる際天智帝に御縁の深い当山に御遷佛

  なされました。

 

  光仁天皇(第49代天皇)の宝亀元年大和国小島寺の賢心法師が夢見されて、仙人の姿

  老翁より指図を受けられ、金色水の水源地を尋ね歩き木津川坊より宇治川坊へ次は

  山科川坊より音羽川坊へと金色水の流れに沿って登ってこられ、音羽川上流の谷間へと

  深く分け入り滝下(聴呪の滝)に辿着き、掛け落ちる滝水の水音の中に微かに聞こえる

  お経を耳にし声する方へ行くと岩窟より夢見で賢心法師に御指図された老翁行叡仙人が

  出てこられ、共に音羽川沿の細道を奥山へ歩き櫻の馬場に出、谷道を登り草庵へ辿り着く

  と庵前に足を止められた賢心法師の目に岩間より湧出る金色水を見つけられたのです。

  行叡仙人は賢心法師に「この音羽山は神秘の霊峰事、大国ノ淵が山開成ってよりの由来

 し吾は御佛が御遷佛より御日供し今日に成ったのだが今より其方が吾に代わり賜」

  萬事を託されて、御支度一つなさらぬまま音羽山頂上へと御出立されました。

  仙人に代わり草庵に残られた賢心法師は観世音菩薩へ如法に御日供致されつつ

  一方聞き遺された御指図により堂宇祠殿の建立を光仁天皇へ御申請に成り勅許を御拝受

  音羽山頂へ伽藍が創建でき草庵に奉祀の観世音像が本尊佛で法嚴寺を御開山

  国家守護所で国民擁護祈願の霊場にと成り致し、本堂奥の浄地所に聖霊殿を建造致され

  て天智天皇の御聖霊を御奉祀に成りました。

  賢心法師は僧名を延鎮に改名、行叡仙人より受け取り置かれた柳木で観音像彫刻を始め

  られ3年3カ月間の御精進作で身丈が五尺二寸の大悲像が彫みあげられたのです。

 

  宝亀11年の夏、坂上田村麻呂が妻高子の難産を救うに鹿狩に東山に登られ音羽山へも

  狩入られて延鎮上人と御対面に成り上人より観世音菩薩を信仰者が受得の御利祥話を

  聞いて感銘し、殺生を思い止まり延鎮上人に婦人の安産祈祷をお願いし御守と御符

  を授興され無事に安産されました。田村麻呂夫妻は当山観世音界会の篤信者に成られま

  した。後年逆徒征伐の御安護祈請をされ出征すると敵方は大兵力なのに交戦なく降伏

  したのです。思いがけない戦勝で信仰信念が一層高まった田村麻呂は報謝に何かをと

  発心され延鎮上人は信心衆が参詣するに安易な寺院を建築致そうと決意し勅許を仰がれ

  八坂の郷に堂宇建造成上人作の観音像が本尊佛でこの音羽山の地名より山麓は音羽山

  又音羽川十八丁を流れる清水より寺名が清水寺と付けられたのだとの伝えです。

  時は延歴17年で法厳寺開山20年後で有りました。是より当山を清水寺本地行場、

  清水寺奥の院となり延鎮上人は清水寺の住職後、老後は当山へ帰山して、嵯峨天皇

  (第52代天皇)の弘仁7年6月17日に入寂されました。

 

   TOPへ