(ML chance-actionより)

 在日朝鮮・韓国人とその子弟への暴行・脅迫を止めさせる緊急署名スタート

信州からPEACEネット


在日朝鮮・韓国人とその子弟への暴行・脅迫を止めさせる
            小泉首相への緊急要請署名行動を呼びかけます

 署名に賛成していただける方は、
信州からPEACEネットのメールアドレスs-peace@eagle.ocn.ne.jpに、
[住所・氏名・(できれば)ひと言]を書いて送ってください(このアドレスをクリッ
クすれば、そのまま送信できます)。メールで随時小泉首相に送ります。
 おおいに転送しあって急速に広げましょう。
  2003・1・8  信州からPEACEネット呼びかけ人有志責任者 毛利正道

          
                小泉内閣総理大臣への要請書

 北朝鮮が公式に日本人拉致を認めて以降、子弟を始めとする在日朝鮮・韓国人に対
する嫌がらせ・脅迫・暴力事例が急増し、「日本からゴキブリ共(朝鮮人)を一人の
こらず、ぶち殺しましょう」「本日から朝鮮人およびこれを助ける者を拉致・監禁・
抹殺する」「朝鮮学校に爆弾を仕掛けた。(拉致されて死亡した日本人と同じ)8人

す」と言う凄まじい脅迫や在日子弟へのつきまとい・暴力など、朝鮮総連が公表して
いる
だけで300件を超えています。
 子どもの権利条約は、日本に住むすべての朝鮮・韓国人子弟に対して私生活の安
全・教育を受ける権利などを日本人の子どもと全く同様に保障しています。拉致事件
があまりにひどい犯罪であるからといって、罪のない在日朝鮮・韓国人とその子弟へ
のこのような犯罪・人権侵害が許されるはずがありません。 

よって、私たちは、当面緊急に、小泉首相に対して、次の2点を求めます。

1 国民に対して、在日朝鮮・韓国人とその子弟への嫌がらせ・暴力・脅迫など一切
の人権侵害行為を行わないよう積極的に呼びかけること。
2 政府はその人権侵害行為の実態調査を直ちに行い、これを公表すること。
 とりわけ悪質な行為は、毅然として厳重に取り締まること。 

 

もどる