【緊急】☆━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 ▲▽あなたの声をシャロン首相に聞かせよう▽▲
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

ご存知のように、現地状況が非常に悪化しています。

これ以上の犠牲者を出さないためには、

1.イスラエル軍の軍事行動の即時停止
2.占領地からの撤退
3.救急車など医療への攻撃停止

が実現するよう、声を上げる必要があります。
ぜひ、以下のような行動にご参加・ご協力ください。

(HP管理者注:その他の行動情報は「集まろう」に掲載しています)

詳しいことは、****************************************

 パレスチナ子どものキャンペーン
Tel:03-3953-1393 Fax:03-3953-1394
Email: ccp@bd.mbn.or.jp  HP: http://plaza17.mbn.or.jp/~CCP
****************************************************

 ▲▽▲▽あなたの声をシャロン首相に聞かせましょう!▲▽▲▽

抗議文を送りましょう。

文例は末尾に掲載してあります。

あて先は以下の通りです。

*イスラエル大使館  (イツハク・リオール駐日大使)
〒102-0084 東京都千代田区二番町3番地

*シャロン首相メールアドレス:webmaster@...

*首相府スポークスマン:dover@...

*ベンエリゼール国防大臣アドレス:sar@...

*アメリカ合衆国大使館  (ハワード・H・ベーカー駐日大使)
             〒107-8420 東京都港区赤坂1丁目10-5

*大統領メールアドレス: president@...

*パウエル国務長官アドレス: secretary@...


*川口順子外務大臣  〒100-8919   東京都千代田区霞が関2−2−1

*外務省メールアドレス(外務大臣のメールアドレスは公開されていません)
     goiken@...
webmaster@...



==============================================

8.シャロン首相、ブッシュ大統領、川口外務大臣宛ての手紙文例です。

このままでよいときは、コピーしてお使いください。
また、手紙や署名簿にご活用ください。


____________________________________________________________________________


? シャロン首相宛ての手紙文例です。

*イスラエル大使館  (イツハク・リオール駐日大使方気付)
〒102-0084 東京都千代田区二番町3番地
*シャロン首相メールアドレス:webmaster@...
*首相府スポークスマン:dover@...
*ベンエリゼール国防大臣アドレス:sar@...



_______シャロン首相あて手紙文例___________________
_

Mr.Ariel Sharon
c/o Mr.Yitzhak Lior, Israeli Ambassador to Japan
The Israeli Embassy in Japan
(日付) March , 2002
Dear Mr. Prime Minister,

I would like to express my grave concern about the Israeli forces’
virtually-indiscriminate attacks on Palestinian civilians. In particular,
the Israeli army's recent invasion into densely-populated refugee camps and
attacks on Palestinian civilians, including medical staff and rescue
workers, are bringing despair to people who once expected a bright future.
The military operation is destroying not only human lives but also humanity
itself and cannot be justified on any terms.
Of course, terrorist activities such as suicide bombings and gun assaults
against civilians cannot be justified either. However, we must remember how
once both Israelis and Palestinians share the hope for a peaceful future.
When, why and how did this dream disintegrate? Who should really be blamed
for the cycle of violence? Has military actions improved the security of
Israel during the last year-and-a-half?
The only possible way to ensure the security of both Israeli and Palestinian
people is to bring justice to the region. Security and occupation cannot
coexist. Illegal actions such as assassinations of Palestinian leaders and
construction of new settlements should be immediately halted. Unless such
essential measures are taken, the hope for peace and a bright future for all
the region’s children will disappear completely.
I respectfully but strongly urge you to stop targeting civilians and to
terminate the chain reaction of violence immediately.

Sincerely,
      
署名       


______________________________________________________________


?ブッシュ大統領宛
 
*アメリカ合衆国大使館  (ハワード・H・ベーカー駐日大使方気付き)
             〒107-8420 東京都港区赤坂1丁目10-5

*大統領メールアドレス: president@...
*パウエル国務長官アドレス: secretary@...

___________ブッシュ大統領宛手紙文例_______________
_____

Mr. George W. Bush
c/o Mr. Howard H. Baker, U.S. Ambassador to Japan
Embassy of the United States of America
   (日付) March   , 2002
Dear Mr. President,

The recurrent suicide bombings by Palestinian hardliners and military
retaliation by Israeli forces have created new hatred and rage between both
peoples. Terrorist activities such as suicide bombings and gun assaults
against civilians cannot be condoned. Likewise, the Israeli army's recent
invasion into densely-populated refugee camps and its attacks on Palestinian
civilians are destroying not only human lives cannot be justified on any
terms. The military operation which are targeting civilians, including
medical staff and rescue workers, is bringing despair to people who once
looked forward to a bright future.
The United States government has given its support to Mr.Sharon’s
government on the assumption that both are fighting against a global
terrorist network. But the recent military action against Palestinian
civilians has no connection with the September 11th attacks on the US nor on
any other terrorist activities. If the US government keeps supporting or
acquiescing to such actions, people in the world will view the objectives of
US policies with great suspicion.
We call upon you to use your great influence to restrain Sharon's escalating
attacks upon the Palestinians before these attacks spin out of control and
set the region ablaze.

Sincerely,
      署名   
   ______________________________________________________________________________________


?川口 外務大臣宛て

外務省  〒100-8919   東京都千代田区霞が関2−2−1
 (外務大臣 川口順子殿)
外務省メールアドレス: goiken@...
webmaster@...


___________手紙文例____________________

2002年3月   日

外務大臣 川口順子殿,

イスラエル政府によるヨルダン川西岸地区及びガザ地区のパレスチナ人住民への攻撃
が激化しています.イスラエルのシャロン首相は軍事力によりパレスチナ人の反抗を
押え込もうとしていますが,現実には,その攻撃は過激派を取り締まる立場のパレス
チナ自治警察に向けられ,一般市民や医師・救急隊員を犠牲にし,さらにはパレスチ
ナ人強行派による自爆テロを誘発して双方の憎しみを煽っています.特にこの数週
間,イスラエル軍は人口稠密な難民キャンプに繰り返し侵入し,多数の民間人の犠牲
者を出しています.
この一年,パレスチナの人々は,自衛の目的を遥かに逸脱している圧倒的な軍事力
の前にさらされ,テロ対策の名により使われるこれらの武器は頻繁にテロとは何の関
わりもない一般市民をも傷つけてきました.国際法に違反する入植地の建設は継続さ
れ,経済封鎖,相次ぐ土地の接収,農地の破壊などでパレスチナ人の家庭の経済的基
盤が破壊されています.経済的苦境と国際社会から公平な扱いを受けていないという
パレスチナ人の不満は新たな暴力の連鎖の原因にもなっています.
わが国は,一国としてはアメリカ合衆国に次ぐ二番目のパレスチナ自治政府援助供
与国です。これらはパレスチナ人の医療・福祉・教育・経済復興などの目的に使われ
てきたわけですが,和平プロセスの破壊は国民の血税から支払われたこれらの援助が
無駄となることでもあります.
わが国が,イスラエル政府に対してパレスチナ自治政府と占領地及び自治区住民へ
の攻撃を停止して,パレスチナ人の人権と安全が守られるように可能な限りの影響力
を行使することをお願いいたします.
また,同地域で活動する日本のNGOに対して,従来と変わらぬ支援をお願いいたしま
す.


(署名)

 パレスチナ子どものキャンペーン
Tel:03-3953-1393 Fax:03-3953-1394
Email: ccp@bd.mbn.or.jp  HP: http://plaza17.mbn.or.jp/~CCP
また、イスラエルの軍役拒否者激励先は
http://seruv.nethost.co.il/defaulteng.asp

 

もどる