武装勢力は、ただちに3人を釈放すべきです。
日本政府は、ただちに自衛隊をイラクから撤退させるべきです。
・学者文化人による緊急声明                

緊 急 声 明

(1)4月8日、イラクで武装勢力に拘束された3人の日本人は、いかなる形に お いても日本政府、イラク占領当局(CPA)と関係を持たない市民です。彼らは 、 一貫して米英のイラク侵攻に反対し、日本政府の米国支持や自衛隊派遣にも反対 し てきました。  3人は、イラクの民衆の苦しみに心を痛め、その苦しみを世界に伝えるために 、 そして民衆の生活を支援するために現地に向かいました。  この3人が、日本政府の政策のために、イラク人によって命を奪われるとする な ら、これほどの不条理はありません。彼らを捉えた武装勢力は、ただちに3人を 釈 放すべきです。

(2)日本政府は、3人の救出に「全力をあげる」というなら、ただちに自衛隊 を イラクから撤退させるべきです。  「人道復興支援」に派遣されている自衛隊が、現地の人々の敵意を受け、人命 に 犠牲をもたらす事態は、矛盾以外の何ものでもありません。  自衛隊の駐留は、実際は米英の占領支配の一環として行われており、いまやそ の 占領そのものがイラクの人々によって激しく拒否されているのです。イラク全土 で 激化している反占領の民衆騒乱は、イラクが日本政府のいう「非戦闘地域」など で はないことをはっきりと証明しました。  日本政府の自衛隊派遣は、幾重もの虚偽と欺瞞の上に行われました。3人の拘 束 は、この虚偽と欺瞞によって引き起こされたものともいえます。  日本政府が政策の誤りと責任を認め、自衛隊をすみやかに撤退させることを要 求 します。  

2004年4月10日

<賛同者> 明城和子(東北大学) 阿部浩己(神奈川大学法学部教授) 荒居美樹(会社員) 五十嵐敬喜(法政大学法学部教授) 池澤夏樹(作家) 伊藤 真(法学館/伊藤塾) 伊藤悠子(看護師) 石川真澄(ジャーナリスト) 石附幸子(CAP・にいがた代表) 稲野茂正 今井 一(ジャーナリスト) 岩城正光(弁護士、子どもの虐待防止ネットワークあいち理事長、DV弁護士ネ ット      ワークあいち代表) 岩下 均(市民活動情報誌『アクティブ』編集長) 岩本久美子(主婦) 岩本洋子(主婦) 内橋克人(評論家) 梅林宏道(ピースデポ代表) 浦部法穂(名古屋大学大学院法学研究科教授) 大内裕和(松山大学教員) 大串和雄(東京大学教授) 大澤真幸(京都大学助教授) 大津健一(日本クリスチャン・アカデミー) 大橋涼子(NOP法人フィフティ・ネット) 岡 夏子(芦屋町議会議員) 岡本 厚(『世界』編集長) 岡本篤尚(神戸学院大学法科大学院教授) 尾木直樹(教育評論家) 奥平康弘(憲法研究者) 小倉英敬(国際基督教大学非常勤講師) 嘉指信雄(「NO DU(劣化ウラン弾禁止)ヒロシマ・プロジェクト」代表) 梶村太一郎(ジャーナリスト) 桂 敬一(立正大学教授) 加藤周一(評論家) 加藤 節(成蹊大学教授) 金子 勝(慶応義塾大学教授) 我部政明(琉球大学教授) 鎌田 慧(ルポライター) 亀田純子(こどもCAP(子どもへの暴力防止)ふくおか) 川口真弓(NPO法人SEAN 心理相談員) 川崎 哲(ピースボート) 川本隆史(東京大学大学院教育学研究科教授) きくちゆみ(著作・翻訳家、グローバルピースキャンペーン) 喜多明人(早稲田大学教授) 北田暁大(東京大学大学院情報学環助教授) 北村年子(ルポライター) 金時鐘(詩人) 金石範(作家) 国松祐子(子ども情報研究センター) 熊谷伸一郎(月刊『自然と人間』編集長) 小池政行(日本赤十字看護大学・青山学院大学法科大学院教授、国際人道法) 後藤 昭(一橋大学教授) 小林カツ代(料理研究家) 小林直樹(東京大学名誉教授) 小林正弥(千葉大学教授、地球平和公共ネットワーク) 小林道雄(ノンフィクション作家) 小柳清美(平和を願う九州女性ねっと) 斎藤貴男(ジャーナリスト) 酒井隆史(大阪女子大学) 阪口正二郎(一橋大学教授) 坂本義和(東京大学名誉教授) 佐々木光明(神戸学院大学法学部教授) 佐藤 学(東京大学教授) 澤嶋真紀子(大阪・島本町議会議員) 澤藤統一郎(弁護士、日本民主法律家協会事務局長) 柴田鉄治(朝日新聞OB) 柴田 恵(女性と健康北九州ネットワーク) 島本慈子(ノンフィクションライター) 東海林勤(高麗博物館) 辛淑玉(人材コンサルタント) 杉原泰雄(駿河台大学教授) テッサ・モーリス=スズキ(オーストラリア国立大学教授) 鈴木伶子(日本キリスト教協議会議長) 大門晶子(大阪・河南町議会議員) 高木美砂子 高橋哲哉(東京大学教授) 高橋伸彰(立命館大学国際関係学部教授) 田中恵子(在日難民支援NGO・RAFIQ) 田中伸尚(ノンフィクションライター) 俵 義文(子どもと教科書全国ネット21事務局長) 塚原 史(早稲田大学教員) 辻 弘枝(CAPスペシャリスト) 坪井善明(早稲田大学教授) 暉峻淑子(埼玉大学名誉教授) アンドリュー・デウィット(立教大学経済学部助教授) 遠矢家永子(NPO法人SEAN代表) 時田哲志(平和政策塾) 豊高明枝(主婦) 永嶺美智子(中学校教諭) 中村淑子(NPO法人SEAN理事) 成田龍一(日本女子大学教授) 南部裕子(NPO法人SEAN理事) 西崎文子(成蹊大学教授) 西谷 修(東京外国語大学教授) 野口真理子(九州龍谷短期大学講師) 野田正彰(関西学院大学教授、精神科医) 朴保(ミュージシャン) 原 馨(ふくやまCAPスイミー) 原田さやか(福岡県豊津町議) 原田信男(国士舘大学21世紀アジア学部教授) 藤井誠二(ノンフィクションライター) 星川 淳(作家・翻訳家) 堀眞知子(アルバイト) 堀川真理(新潟県公立中学校教諭) ひこ・田中(児童文学家) 藤井いづみ(CAPスペシャリスト) 藤田英典(国際基督教大学教授) 細谷 実(関東学院大学教員) 前田 朗(東京造形大学教授) 松村幸子 松本澄子 松本由美子 水島朝穂(早稲田大学法学部教授) 南村利子 目加田説子(中央大学教授) 毛利子来(小児科医) 最上敏樹(国際基督教大学教授) 本山央子(Women in Black 東京) 森 英樹(名古屋大学教授、憲法学) 森岡孝二(関西大学教授) 森巣 博(作家) 森田ゆり(エンパワメントセンター主宰) 矢部和子 山口二郎(北海道大学法学部教授) 山本俊正(日本キリスト教協議会総幹事) 梁石日(作家) 横川寿美子(帝塚山学院大学教授) 米倉之子 義家弘介(北星学園余市高等学校教諭) 吉田敏浩(ジャーナリスト) C・ダグラス・ラミス(沖縄国際大学講師、政治学者) 和田春樹(東京大学名誉教授) サバイバー支援グループ「First Stepファースト・ステップ」 以上、131名

<問い合わせ先> 『世界』編集部 岡本厚  tel.03-5210-4141(10日16時まで)

 

もどる