日本カトリック正義と平和協議会です。
本日、ブッシュ大統領、ブレア首相、アスナール首相に
下記の抗議文(英語)を出しました。



-----(日本語)------

アメリカ合衆国大統領
ジョージ・ブッシュ様
2003年3月19日
日本カトリック正義と平和協議会
会長 松浦悟郎司教
        イラク攻撃の撤回を強く要望いたします。

正義と平和を愛する世界の多くの人々が積み上げてきた平和への努力と叫びを無視し
て行われる今回の、アメリカ主導によるイラク攻撃は、どのような理由であっても、
正当化することは出来ません。

イラクに対する攻撃、しかも国連安全保障理事会の決議なしの先制攻撃は、人道的罪
であり、国連憲章・国際法にも違反する行為であり、これを黙認することは、国際秩
序の瓦解と無法世界化をもたらす重大なことだと思います。

イラクの民衆の50パーセントは15才未満の子どもです。情報によれば、多くの攻
撃目標は病院や学校、モスクそして民家の近くにあると言われています。そして間違
いなく「付随的損害」を招き、50万以上のイラク人死者を出すことが予想されま
す。

イラクの独裁政権には、たしかに大きな問題があります。しかし米軍の軍事的圧力の
下にせよ査察がそれなりに効果をあげて来ました。イラクがすべての国連決議に従う
ことを目的に、国連が支持する査察の継続こそが妥当な選択だったのです。

私たちキリスト者は「殺してはならない」の実践として何よりもいのちの尊厳を重ん
じ、平和・人権・正義をもとめ、国内外の宗教者と連帯し祈りつつ行動しています
が、国連の明らかな意向を無視して戦争に踏み切ろうとしている貴国に対し、沈黙す
ることは出来ません。

今からでも、遅くはありません。あらゆる利害を乗り越えて、戦争によって殺されて
いく多くの人々のことを想い、非暴力による対話の道を勇気を持って選択して下さる
ことを切にお願いいたします。
                   

---------(英語)----------
Mr. George . Bush
President of the United States of America
Washington, DC


Dear Mr. Bush:

There is no way to justify a US-led attack upon Iraq in defiance of the
efforts and pleas of those who love justice and peace throughout the world.

To attack Iraq without authorization from the UN Security Council is a
crimeagainst humanity as well as a violation of the UN Charter and
international law.

Fifty percent of Iraqユs people are children under the age of 15. According
to reports, many of the targets of an attack are near hospitals, schools,
mosques and residential areas. It is certain that there will be "collateral
damage" that may cost more than 500,000 lives.

There is no doubt that the Iraqi dictatorship is a big problem. However, it
is clear that under the pressure applied by the presence of the USmilitary,
inspections were bearing fruit. The proper course would be to continue
those inspections to bring about fulfillment of the various UN resolutions.

As Christians, the command "You shall not kill" is especially important to
us. As lovers of peace, human rights and justice, we continue our
cooperation and prayers with other believers here and abroad. We cannot
remain silent in the face of your decision to ignore the clear intent of
the United Nations and start a war.

It is not too late. Think of the many people who will fall victim to a war.
Transcend your own interests. Be brave enough to abandon this dialogue of
violence. This is our fervent plea.

19, March, 2003

Bishop Michael Goro Matsuura
President of the JapaneseCatholic Council for Justice and Peace

 

もどる