化学実験における事故例

 このサイトは学校教育における化学実験で実際に起こった事故例を検証し再発を防ごうとする目的でつくられています
Counter
 私は、神戸市内の中学校で理科の教師をしていますが、自分自身何度か実験中に事故を招きそうになったことがありますし、マスコミなどの報道を見てもなんでもない化学実験で死者や負傷者がでているのをみると、最も怖いのは”過信”であるような気がします。 そこで、過去の事故例を振り返ることによって、少しでも事故が防げたらと思います。また、この内容は神戸市教育委員会発行の「化学薬品の取り扱いについて」にも掲載されています。

       実際に起こった化学実験における事故の記録

    学校教育における化学実験で実際に起こった事故例。                  

    なぜ、起こるはずのない事故がおこるか?                                                   

      混触の危険性     

    それぞれは、なんでもない薬品が、混ぜることによって危険物

    に変わる。                       

      学校で使う薬品の特性

    見、安全な薬品。だが、危険はそこに隠れている。

              


 メールはこちらにおねがいします。(ご存知の事故例など)

hotei103@yahoo.co.jp
管理者:Hiroshi Hotei
このページはリンクフリーです