しるし bbs文学極道 ゲスト小説 profile Link Mail



〜 砂  お  と 〜
波のなかで砂のおとが、きこえる。

ほたる





     2005年 文学極道年間各賞発表!


     「ざ・うおのめ市場2006」刊行。購入受付中。









降る
雪のかるさで
わずかな決意をかせねてゆけば
どれほどの重さになるのか

わたしに棲む
灰色の羽の小さな鳥が
もう鳴くことをやめて
雪のふる
空ばかりを見ていたとき
あなたは

ただ
問うだけで

雪原に風が描いた
波のもよう
しらかばの
細くながい影

あかるい月の夜に
風に吹かれて立っていたのは
わたしではなくて


ふりつもった重たい決意
さよならさえ
言わずに あの日


いまなら
言えるかもしれない

やわらかに
わたしの鳥が また
鳴きはじめたので

わたしの骨は
いつかの
あの海へ捨てて


いまなら
頼めるかもしれない

                  2004.12.26 



Counter