戦国が生んだ気高き側室
淀殿よどどの
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1567年(永禄10年)
生誕地 近江国 小谷城
浅井長政
お市の方織田信長の妹)
幼名 茶々
浅井菊子、二の丸殿、淀の方、淀君など
近親など 夫:豊臣秀吉
子:豊臣鶴松豊臣秀頼
妹:初(常高院)=(京極高次正室)、江(於江与の方)=(徳川秀忠正室)
嫁:千姫徳川秀忠江(於江与の方)の娘)
ゆかりの地  近江国 小谷城
 越前国 北ノ庄城
 尾張国 清洲城
 山城国 淀城(古城)
 摂津国 大坂城 
略歴 ●浅井長政の長女
1567年 (1歳)
近江国小谷城主、浅井長政織田信長の妹、お市の方の長女に生まれる。

●小谷城落城
1573年 (7歳)
小谷城が伯父織田信長に攻められ(小谷城の戦)、父長政が自害。
その際、母お市の方やふたりの妹とともに小谷城から落ちのびる。

その後、尾張国清洲城で過ごす。

●越前
1582年 (16歳)
母のお市の方が、織田家家老柴田勝家に再嫁し、ともに越前国北ノ庄城に移る。

●秀吉の側室
1583年 (17歳)
羽柴(豊臣)秀吉に攻められ、勝家と母お市の方が自害すると、秀吉の庇護下に。

1585年 (19歳)
羽柴(豊臣)秀吉が太政大臣となり、豊臣姓を名乗る。

1588年 (22歳)
この頃、秀吉の側室に。

●淀城
1589年 (23歳)
秀吉が築城した山城国の淀城に移り、淀殿と呼ばれるように。

長子、豊臣鶴松を出産。

豊臣鶴松とともに大坂城へ移る。

1590年 (24歳)
小田原城攻めの歳、夫、豊臣秀吉から呼ばれ小田原の陣中へ。

1591年 (25歳)
豊臣鶴松が夭折。

●秀頼出産
1593年 (27歳)
二男、拾(豊臣秀頼)を出産。

1595年 (??歳)
拾(豊臣秀頼)とともに大坂城に移る。

●秀吉の死
1598年 (33歳)
秀吉が死没すると、大坂城豊臣秀頼の後継をつとめる。

1599年 (34歳)
秀吉の正妻、高台院(ねね)大坂城西の丸から退去、替わって徳川家康が入城。
これにより、大坂城の女主人に。

1600年 (35歳)
関ヶ原の戦で、秀頼の西軍が敗戦。
これにより直轄領を大きく削られる。

1603年 (38歳)
徳川秀忠の娘で姪の千姫を、豊臣秀頼の妻に迎える。

●徳川との対立
1605年 (40歳)
徳川秀忠が2代将軍となり徳川の世襲が決定的になったことに激怒。

1614年 (49歳)
方広寺鐘銘事件

●大坂の陣
大坂冬の陣では、籠城策を主張。

1615年 (50歳)
大坂夏の陣で敗戦、秀頼とともに自害。
死没 1615年6月4日(慶長20年5月8日) (享年50歳)
レクイエム 秀吉死後、尾張時代からの秀吉子飼の加藤清正福島正則ら武断派と、近江国時代からの家臣石田三成ら官吏派が対立したが、武断派が支持する高台院(正室ねね)と、官吏派が支持する淀殿といった対立も同時に起こっていた。

秀吉死後も豊臣家はそのまま君臨して当然、という考えが最後まであり、天下の平定にとって豊臣家が邪魔で仕方なかった徳川家康の遠謀によって滅ぼされた。
実力者家康の風下に立って、豊臣家の将来に渡る繁栄をはかることなど、思いもよらなかったに違いない。

猛将信長の姪、勇将長政の子、天下人秀吉の側室という、輝かしい環境の中育ってきただけに、その気位の高さは当然といえば当然である。