矢沢家に養子入りした真田幸隆の実弟
矢沢頼綱やざわ よりつな
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1518年(永正15年)
生誕地  
真田頼昌
海野棟綱の娘(異説有り)
幼名  
源之介、矢沢頼幸、矢沢綱頼、矢沢頼綱
官名 薩摩守
近親など 兄:真田幸隆
正妻:根井清雲の娘
子:矢沢頼康、矢沢頼邦
甥:真田信綱真田昌輝真田昌幸など
ゆかりの地  信濃国 矢沢城
 上野国 岩櫃城
 上野国 沼田城
略歴 ●真田幸隆の弟
1518年 (1歳)
信濃国の真田頼昌の三男として生まれる。

●出家
その後出家し、京都鞍馬で僧となる。

その後、武辺者が災いし寺から追放される。

●帰国・養子
信濃国に戻り還俗し、矢沢に住む。

その後、諏訪家の一族で矢沢城主、矢沢家の養子に。

1541年 (24歳)
甲斐国から侵攻してきた武田信虎や、それに従う村上義清諏訪頼重らに佐久を攻められ敗北。(海野平の戦)

●信玄に随身
1546年頃 (29歳)
兄の真田幸隆とともに甲斐国武田晴信(信玄)に降り、その後は幸隆配下となって信濃先方衆として活躍。

1548年 (31歳)
上田原の戦で、武田家が村上家に敗北。

1550年 (33歳)
戸石崩れで、武田家が村上家に敗北。

●戸石城攻略
1551年 (34歳)
真田幸隆、調略により村上氏の戸石城を奪う。

●旧領上田を回復
1553年 (36歳)
真田幸隆、塩田城にいた村上義清越後国へ追いやり旧領上田を回復。

1561年 (44歳)
第四次川中島の戦

1563年 (46歳)
上杉謙信方の斎藤氏の岩櫃城上野国)攻めで貢献、兄真田幸隆岩櫃城を居城とし、上野先方衆筆頭に。

1566年 (49歳)
箕輪城の戦

1567年 (50歳)
真田幸隆が隠居、跡を継いだ甥の真田信綱にそのまま仕える。

1572年 (55歳)
武田信玄上洛戦を開始。

●信玄の死
1573年 (56歳)
武田信玄病死。

●兄の死
1574年 (57歳)
真田幸隆が、戸石城にて死没。

●信綱戦死
1575年 (58歳)
長篠の戦で武田家が大敗、甥の真田信綱真田昌輝が戦死。

跡を継いだ真田昌幸にそのまま筆頭家老として仕える。

●沼田城
1580年 (63歳)
武田勝頼の側で仕える真田昌幸に代わり上野国沼田城攻めを行い、開城させる。

沼田城主となった真田昌幸から、城代を任される。

1581年 (64歳)
岩櫃城代、海野幸光の謀反の疑いを真田昌幸に進言。

1582年 (65歳)
武田勝頼が織田・徳川軍に追われ自害し(天目山の戦)、武田氏が滅亡したことから、主君真田昌幸織田信長に降り、信長の重臣で関東管領の滝川一益の配下に。

●北条の臣下
本能寺の変で信長が死ぬと、滝川一益北条氏直らに攻められ敗戦し(神流川の戦)地元伊勢国に引き上げたことから、主君真田昌幸北条氏直に降る。

●家康の臣下
天正壬午の乱が起こると、主君真田昌幸は北条から徳川家康に寝返る。

1583年 (66歳)
主君真田昌幸信濃国上田城を築き居城に。

●上杉の臣下
主君真田昌幸天正壬午の乱の北条家と徳川家の和睦条件に不満を持ち、越後国上杉景勝を頼り配下となり、徳川家康に敵対する。

1585年 (68歳)
真田昌幸沼田城の開城を拒否したことから、徳川家康の武将鳥居元忠の7千に上田城を攻められるが勝利(第一次上田城の戦)。

その後沼田城北条氏邦から攻められるが頼綱が死守。

1586年 (69歳)
再度、沼田城北条氏邦から攻められるが頼綱が死守。

●隠居
その後、隠居し、子の矢沢頼康に家督を譲る。

(中略)

1597年 (80歳)
死没。
死没 1597年6月21日(慶長2年5月7日) (享年80歳)
レクイエム 子供のころからの暴れん坊で、地元で闘争が起こった際、小袖のまま甲冑も付けず大長刀を振り回した。