妻千代とともに成った一国一城の主
山内一豊やまうち かずとよ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1545年(天文14年)
生誕地 尾張国 黒田
山内盛豊
 
幼名 辰之助
伊右衛門
官名 従五位下対馬守、従四位下土佐守
近親など 正室:千代(見性院)
兄:十郎
弟:山内康豊
子:よね(天正大地震で死没)
養子:山内忠義(弟、山内康豊の子)
ゆかりの地  若狭国 高浜城
 近江国 長浜城
 遠江国 掛川城
 土佐国 高知城
略歴 ●尾張
1545年 (1歳)
岩倉織田家(信長と敵対していた)の家老で黒田城主の、山内盛豊の子として生まれる。

●父兄の死
1557年 (13歳)
兄の十郎が織田信長に攻められ討ち死に。

1559年 (15歳)
父、盛豊が信長に攻められ自害。

その後、尾張国美濃国近江国などの豪族に次々と仕える。

●秀吉の与力
1566年 (22歳)
尾張国で信長に仕え、木下(豊臣)秀吉の与力となる。

1570年 (26歳)
この頃、千代(見性院)と結婚。

金ヶ崎の退き口に従軍。

姉川の戦でも功をたてる。

1573年 (29歳)
朝倉攻めの際の刀禰坂の戦では、顔面に矢を受けながらも勇敢に戦う。

これらの功から、近江国唐国の領主に。(400石)

1581年 (37歳)
京都の馬揃えに、妻が嫁入りの際持参した支度金10両で買った馬に乗り参加し、注目を浴びる。

1583年 (39歳)
賤ヶ岳の戦に参陣。

1584年 (40歳)
小牧・長久手の戦に参陣。

●高浜城主
若狭国高浜城主に。(5千石)

●長浜城主
1585年 (41歳)
近江国長浜城主に。(1万9800石)

天正大地震で、娘よねを失う。

1590年 (46歳)
小田原城攻めに参陣。

●掛川城主
遠江国掛川城主に。(5万石)

1600年 (56歳)
徳川家康の、会津上杉景勝征伐に参加。

●居城の提供
途上、石田三成挙兵の報に対しての小山会議では、「家人を全て連れて戦場に赴くので、不要になる掛川城は家康殿に提供する」と申しいれ、東海道を居城とする他の大名たちもこれにならう。

●土佐
関ヶ原の戦では目立った軍功はなかったが、居城の提供を真っ先に申し入れたことが家康から高く評価され、土佐国一国24万石を拝領し浦戸城に入城。

旧領主、長宗我部家の残党との確執には武断で応じる。

1603年 (59歳)
高知城を築城し、居城に。

嗣子がなかったことから、弟、山内康豊の子、山内忠義を養嗣子とする。

1605年 (61歳)
高知城で病死。
死没 1605年11月1日(慶長10年9月20日) (享年61歳)
レクイエム 顔面に矢傷を追いながらも勇敢に戦ったというエピソードは、金ヶ崎の退き口の際であるとの説もある。

掛川城の提供申し入れという機転により、幕末まで続く土佐山内家繁栄の基を築いた。

妻千代の賢妻ぶりは、嫁入りの支度金10両を使って夫のために名馬を買ったエピソードなどで伝えられている。

千代紙の千代は、妻千代にちなんだものという説もある。