鳥取城から追い出された名門の末裔
山名豊国やまな とよくに
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1548年(天文17年)
生誕地 備中国
山名豊定
細川高国(管領)の娘
山名元豊、山名豊国
通称  
官名 従五位下、中務大輔、宮内少輔
近親など 子:山名豊政など
ゆかりの地  因幡国 鳥取城
略歴 ●守護家
1548年 (1歳)
但馬国守護、山名豊定の子として生まれる。

●因幡
1560年 (13歳)
父、山名豊定が死没し、兄の山名豊数が家督を相続すると、因幡国岩井城主となり、因幡国の支配を任せられる。

●謀反
1563年 (16歳)
家臣の武田高信の謀反により、因幡国の支配権を失い但馬国へ逃れる。

●家督相続
その後、兄で当主の山名豊数が死没したことから家督を相続。

●鳥取城
1573年 (26歳)
出雲国を取り戻した尼子勝久の後ろ盾を得、武田家を攻め、旧領因幡国を取り戻す

鳥取城を居城に。

毛利家の吉川元春に攻められ降伏、毛利家につく。

1578年 (31歳)
織田信長の部将、羽柴(豊臣)秀吉の中国攻めに際して織田家に臣従。

1580年 (33歳)
織田家から離反し、再び毛利家につく。

●秀吉への臣従
羽柴(豊臣)秀吉鳥取城兵糧攻めの直前、毛利家や家臣により鳥取城から追われ羽柴(豊臣)秀吉を頼る。

1581年 (34歳)
鳥取城兵糧攻めに織田方として参陣。

その後も羽柴(豊臣)秀吉に仕える。

1600年 (53歳)
関ヶ原の戦では東軍につき、戦功により但馬国七味6千700石を拝領。

●交代寄合
その後、幕府の交代寄合(1万石未満の小名ながら参勤を許された)に。

1626年 (79歳)
死没。
レクイエム  
死没 1626年(寛永3年) (享年79歳)