信長から離反し今川家に寝返った鳴海城主
山口教継やまぐち のりつぐ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 ????年(???年)
生誕地  
山口教房
 
幼名  
 
官名 左馬助
幕職  
近親など 子:山口教吉
ゆかりの地  尾張国 桜中村城
 尾張国 鳴海城
略歴 ●山口家
????年 (1歳)
尾張国の土豪で桜中村城主、山口教房の子として生まれる。

????年 (?歳)
家督を相続。

1542年 (?歳)
小豆坂の戦(第一次)では織田信秀に従い、勝利に貢献。

●信長からの離反
1551年 (?歳)
織田信秀死没。織田信長が後継者に。

その後、織田信長から離反し、駿河国今川家に従う。

今川家より、尾張攻略の拠点、鳴海城主に任じられる。

1552年 (?歳)
子の山口教吉を鳴海城に置き、自らは桜中村城に篭り、今川家の家臣、岡部元信や葛山長嘉、三浦左馬助、飯尾連竜、浅井小四郎らを笠寺城(戸部城)に引き入れ、自らは桜の中村城に立て籠もった。

攻め寄せた織田信長勢と赤塚で戦う。(赤塚の戦)

????年 (?歳)
織田方の大高城沓掛城を、調略により今川方に寝返らせる。

●誅殺
1560年 (?歳)
駿河国の今川家に呼び出され、子の山口教吉や戸部政直とともに誅殺される。
死没 1560年(永禄3年) (享年??歳)
レクイエム 誅殺された理由は、織田信長の謀略だったという説が有力。