大軍から二度高城を守り抜いた島津の忠臣
山田有信やまだ ありのぶ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1544年(天文13年)
生誕地  
山田有徳
吉田忠林の娘
幼名  
新介(新助)、山田有信、理安(入道名)
官名 民部少輔、越前守
近親など 子:山田有栄、山田有貞、山田有尊
ゆかりの地  日向国 新納院高城
略歴 ●島津家家臣
1544年 (1歳)
薩摩国島津貴久の家臣で日置郡山田の領主、山田有徳の子として生まれる。

その後、幼くして島津貴久に仕える。

その後、薩摩国宮之城や隈之城の地頭に。

1566年 (23歳)
島津貴久が隠居すると、跡を継いだ島津義久に仕える。

●家老
1568年 (25歳)
島津家の家老に。

1576年 (33歳)
日向国高原城攻めに従軍、島津義久の太刀持ちを務める。

●日向新納院
1577年 (34歳)
島津家が日向国を平定。

日向国新納院高城主に。

●耳川の戦
豊後国大友宗麟の大軍(6万)に新納院高城を包囲されるが、わずか300(500とも)の兵で籠城、駆け付けた島津家久、吉利忠澄、鎌田政近、比志島国貞らの援軍3000とともに大友勢を足止めさせる。

その後島津義久の本体が到着し、大友勢と交戦し島津家が大友家に勝利。(耳川の戦

1585年 (42歳)
筑後国堀切城攻めで貢献。

島津義久、弟の島津義弘に家督を譲る。

1586年 (43歳)
肥前国勝尾城の筑紫広門攻めでも貢献。

岩屋城の戦で、敵兵の投石を受け気絶するが、島津義弘に蘇生される。

●秀吉の九州征伐
1587年 (44歳)
豊臣秀吉九州攻めが始まると、300の兵で新納院高城に籠城し抗戦。

新納院高城への援軍に向かった主君、島津義久が根白坂の戦で豊臣秀長に大敗。

その後も、豊臣方からの開城勧告にも従わず籠城を継続。

その後、島津義久の説得により降伏、開城し、山田有栄を人質に差し出す。

豊臣秀吉からの大名取り立てを断り、その後も島津家に仕える。

●島津家老中
1588年 (45歳)
島津家の老中となり、1000石を加増される。

1600年 (57歳)
関ヶ原の戦で島津家は西軍につくが敗北。

島津義弘が隠居し、養子で島津義久の子、島津忠恒(家久)が島津家当主に。

1609年 (66歳)
島津義久が病を得ると、身代わりになるべく神仏に祈る。

病没。
死没 1609年7月15日(慶長14年6月14日) (享年66歳)
レクイエム