無刀取りで徳川家師範の礎を築いた
柳生石舟斎やぎゅう せきしゅうさい
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像   
誕生 1529年(享禄2年)
生誕地 大和国
柳生家厳
  
幼名 新介
柳生宗厳(むねよし 本名)
官名 但馬守
近親など 子:柳生厳勝、柳生宗炬など
ゆかりの地  大和国 柳生
略歴 ●大和
大和国の豪族、柳生家厳の嫡男として生まれる。

●畿内一の剣豪
戸田一刀斎、神取新十郎について剣術を学び、畿内一の剣豪に。

●仕官
1544年 (16歳)
大和国の筒井家に仕える。

1559年 (31歳)
松永久秀の配下に。

1563年 (35歳)
当代一といわれた剣豪上泉信綱(新陰流)との試合に敗北し、すぐに信綱に弟子入り。

1565年 (37歳)
上泉信綱から、一国一人のお墨付きを受け、さらに新陰流二代目を継承。

●将軍の師範
1568年 (40歳)
織田信長に拝謁し、信長の命で、将軍足利義昭の師範役となる。

その後足利義昭が15代将軍に。

1571年 (43歳)
織田信長に謀反した松永久秀に従い、織田方の筒井順慶と戦う。

1573年 (45歳)
足利義昭を見限り、師範役を返上。

1579年 (51歳)
師、上泉信綱死没。

1585年 (57歳)
豊臣秀長の検地で隠し田の指摘を受け、本領を没収される。

その後、豊臣秀次から100石を拝領。

●家康の師範
1594年 (66歳)
黒田長政の斡旋で、徳川家康に拝謁。
徳川家康はその場で石舟斎の門人となる。

家康から出仕を求められたが固辞し、五男の柳生宗炬を出仕させる。

1598年 (70歳)
息子柳生宗炬から請われ、旧友島左近にその主人である石田三成への説得(徳川家康への敵対を思いとどまらせるように)するが、島左近の気持ちを変えられず。

1606年 (78歳)
死去。
死没 1606年(慶長11年)4月 (享年78歳)
レクイエム 晩年、家康の師範としてその名が廃れていないことを知らしめたほか、五男の柳生宗炬は家康の近習から2代将軍徳川秀忠と3代将軍徳川家光の師範を務めるなど、代々徳川家の兵法師範の祖となった。

素手で相手を負かす無刀取りを極め、新陰流二代目を継承した。

刀を使わず天下を治めるのが誠の政道である、という信念を貫いた兵法家である。