養嗣子受け入れを拒み家を失った
宇都宮国綱うつのみや くにつな
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1568年(永禄11年)
生誕地  
宇都宮広綱
佐竹義昭の娘
伊勢寿丸(幼名)、与三郎、羽柴国綱
官名 従五位下、下野守、従四位下、下野守
近親など 正妻:小少将(佐竹義重の養女)
弟:結城朝勝、芳賀高武など
子:宇都宮義綱など
ゆかりの地  下野国 宇都宮城
 下野国 多気山城
略歴
●宇都宮家
1568年 1歳 下野国の名族で宇都宮城主、宇都宮広綱の子として生まれる
1577年 10歳 弟の朝勝が、下総国結城の結城家の養子に
1578年 11歳 北条家配下の結城城攻め、山川城攻めに初陣し勝利
●家督
1580年 13歳 父、宇都宮広綱の死により家督を相続
弟の高武が、下野国真岡の芳賀家の養子に
●秀吉の臣下
この頃から、那須資晴をはじめとする下野国の反抗勢力や、北条家の圧迫を受け始める
常陸国佐竹義重や結城家と結び、さらには豊臣秀吉の臣下につくことで北条家に対抗
    その後、壬生氏、芳賀氏らが離反し北条方に
1585年 18歳 本城を、防備の手薄な宇都宮城から、山城の多気山城に移す
1589年 22歳 北条家に屈服し、配下に
1590年 23歳 豊臣秀吉の養子、羽柴(結城)秀康が結城家の養子に送り込まれてきたことから、弟の結城朝勝が廃嫡され、実家の宇都宮家に戻る
    ●小田原攻め
小田原城攻めの際は北条家から離反し、豊臣秀吉に従い出陣し、壬生義雄の鹿沼城攻めや、石田三成忍城水攻めに参陣
その後、奥州攻めにも参陣
戦後、本領18万石を安堵される
本城を宇都宮城に戻す
1592年 25歳 文禄の役(朝鮮出兵)では300名を率いて参陣し、増田長盛の配下に入る
●改易
1597年 30歳 豊臣秀吉から、浅野長政の三男を養嗣子に迎えるよう命じられたが、これを実弟の芳賀高武らが反対し、お家騒動に発展したことを咎められ改易処分に
備前国宇喜多秀家に預けられる
その後豊臣秀吉から、慶長の役(第二次朝鮮出兵)への出陣を条件に許されることになったが、秀吉の死により宇都宮家の再興は実現せず
1600年 33歳 関ヶ原の戦で弟の結城朝勝が西軍についたことから、戦後、追放処分に
1608年 40歳 江戸にて死没
死没 1608年1月9日(慶長12年11月22日) (享年40歳)
レクイエム