外交を取り仕切った大友三老のひとり
臼杵鑑速うすき あきすみ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1520年(永正7年)(異説有り)
生誕地 豊後国
臼杵長景
 
鑑景、鑑速
官名 越中守
近親など 兄:臼杵鑑栄、臼杵鑑続
弟:臼杵鎮続、臼杵鎮順
子:臼杵統景など
ゆかりの地  豊後国 水ヶ城
略歴
●大友一門
1520年 1歳 豊後国の大名大友義鑑の一門で、水ヶ城主、臼杵長景の三男として生まれる
その後、二人の兄同様大友家に仕える
その後、主君大友義鑑から偏諱を受け、臼杵鑑景と名乗る
その後、臼杵鑑速と改名
●二階崩れ
1550年 31歳 二階崩れの変により、大友義鎮(宗麟)が家督を相続
その後、豊後国周辺の国人や毛利家との交渉役として、吉岡長増とともに外交面中心に活躍
●豊前・筑前
1555年頃 36歳 兄、臼杵鑑続に子がなかったため、臼杵家を相続
大友家の加判衆となり、豊前国方分(守護代)、筑前国方分(守護代)を引き継ぐ
その後、戸次鑑連(立花道雪)、吉弘鑑理とともに大友三老と呼ばれる。
(大友三老は、臼杵鑑速、吉岡長増、吉弘鑑理とも)
1559年 40歳 大友義鎮(宗麟)豊前国筑前国守護職拝命の際、幕府との交渉を行う
その後、守護職拝命の御礼のため上洛、将軍足利義輝に拝謁
1561年 42歳 門司城の戦(豊前国)で、大友家は毛利家に大敗
1562年 43歳 大友宗麟(義鎮)臼杵城を築き、居城に
1567年 48歳 休松の戦に参陣、秋月家と戦う
1569年 50歳 立花城の戦に参陣
●大友家の最盛
1570年 51歳 主君大友宗麟豊後国豊前国筑後国筑前国肥後国肥前国日向国伊予国半国を支配下に
今山の戦で、大友家は龍造寺隆信の家臣鍋島直茂に敗北
1575年 56歳 死没
死没 1575年6月16日(天正3年5月8日) (享年56歳)
レクイエム 鑑速の晩年に、主家大友家は最盛期を迎えるが、鑑速死没3年後に起こる耳川の戦で島津家に大敗、没落へ向かうことになる。

立花道雪は、「臼杵鑑速や吉岡長増(宗歓)なきあとの大友家の政治は無道」と嘆いたという。