道三や松永弾正と並ぶ悪人と評された
宇喜多直家うきた なおいえ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1529年(享禄2年)
生誕地 備前国
宇喜多興家
 
八郎(幼名)、三郎、三郎右衛門尉、直家、謀聖
官名 従五位下、和泉守
近親など 正妻:中山信正の娘
継室:円融院(三浦能登守の娘・異説あり)
子:宇喜多秀家など
関連人物 家臣:小西行長
ゆかりの地 GOOGLE MAP 備前国 砥石城
 備前国 乙子城
 備前国 岡山城
略歴
●備前
1529年 1歳 備前国浦上家家臣で砥石城主、宇喜多興家の子として生まれる
●放浪
1535年 7歳 祖父、宇喜多能家が島村盛実に暗殺されたことから、父とともに放浪生活を送る
●浦上家への随身
その後、播磨国室津城主の浦上宗景に仕える
1544年 16歳 乙子城を築城し、城主に
その後、主君の浦上家に取って替わる野望を持つように
1559年 31歳 祖父の仇、島村盛実を暗殺
同じ浦上宗景家臣で舅の、中山信正を暗殺
これを知った、正妻の中山氏が自害
●三村家との対立
1566年 38歳 備中国三村家親を、鉄砲の名人遠藤兄弟を使って狙撃させ暗殺
1567年 39歳 明善寺の戦で、備前国に進出してきた三村家に勝利
浦上宗景の家臣中、随一の実力者に
その後、安芸国の毛利家と結んで、主君の浦上宗景備中国の三村家と対立
1573年 45歳 金光家を攻めて倒し、岡山城を居城に
1575年 47歳 毛利家の三村攻めに参陣し、三村家を滅亡させる
●拡大
天神山城の戦に勝利し、浦上宗景播磨国へ追放
東美作の後藤家を滅ぼす
これらにより、備前国に加え備中国の一部や美作国の一部も領する
●信長への臣従
1579年 51歳 織田信長の部将羽柴(豊臣)秀吉の中国進出により、毛利家と手を切り織田家に臣従
1580年 52歳 嫡男の八郎(宇喜多秀家)を秀吉の人質に出す
以降は織田家の先鋒として、美作国備前国を転戦
1582年 54歳 病没
レクイエム 浦上家家臣の身から、謀略や暗殺を重ね戦国大名となったことから、美濃国斎藤道三大和国松永久秀と並ぶ悪人というレッテルを貼られた人物。
死没 1582年2月1日(天正10年1月9日) (享年54歳)