伊勢長島攻めで散った西美濃三人衆のひとり
氏家卜全うじいえ ぼくぜん
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1512年?(永正9年)
生誕地  
氏家行隆
長井利隆の娘
友国、氏家直元、桑原三河守、貫心斎ト全(出家名)
官名 常陸介
近親など 子:氏家直昌、氏家行広、氏家行継など
ゆかりの地  美濃国 楽田城
 美濃国 大垣城
略歴
●美濃楽田城
1512年? 1歳 美濃国楽田城主、氏家行隆の子として生まれる
●西美濃三人衆
その後、美濃国守護の土岐頼芸に仕える
安藤守就稲葉一鉄とともに西美濃三人衆と呼ばれるように
1542年 31歳 美濃国の守護となった斎藤道三に仕える
1556年 45歳 斎藤道三を討った斎藤義龍に仕える
    ●大垣城主
1559年 48歳 大垣城に移る
1561年 50歳 斎藤義龍が病死。斎藤龍興が斎藤家当主に
1564年 53歳 竹中半兵衛が稲葉山城を一時占拠
●寝返り
1567年 56歳 織田信長の美濃攻めに際し、羽柴(豊臣)秀吉の誘降を受けて織田家に寝返る
    この頃、ト全と号す
稲葉山城攻め
1568年 57歳  信長の上洛戦に従軍
1569年 58歳 大河内城の戦に従軍し貢献
1570年 59歳 姉川の戦に従軍
1571年 60歳 第一次長島攻めで貢献するが、退却途上、美濃国石津で討ち死に
死没 1571年6月4日(元亀2年5月12日) (享年60歳)
レクイエム 本名の氏家直元よりも、出家名のト全の方が有名。