北条家との抗争に明け暮れた扇谷上杉当主
上杉朝興うえすぎ ともおき
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1488年(長享2年)
生誕地  
実父:上杉朝寧、養父:上杉朝良
 
五郎、上杉朝興
官名 修理大夫
近親など 子:上杉朝定、娘(武田信玄正室)
ゆかりの地  武蔵国 河越城
略歴
●扇谷上杉家
1488年 1歳 扇谷上杉家当主、上杉朝良の兄、上杉朝寧の子として生まれる
●本家の当主
1504年 17歳 山内上杉家との抗争(長享の乱)に敗れた上杉朝良が、江戸城に隠居
これを受け朝興は朝良の養子となって扇谷上杉家を相続、河越城主に
ただし、実権はその後も上杉朝良が掌握
1507年 20歳 山内上杉家と和睦(長享の乱終結)
1509年 22歳 山内上杉家と再び敵対(永正の乱)
1510年 23歳 山内上杉家と再び和睦
1516年 29歳 家臣、三浦道寸を攻めていた北条早雲の拠点、玉縄城を攻めるが失敗
1518年 31歳 養父、上杉朝良に、実子、藤王丸が誕生
養父、上杉朝良が死没し、実権を握る
●北条家の圧迫
1524年 37歳 家臣、太田資高が北条氏綱に寝返る
高輪原の戦(武蔵国)で北条氏綱に敗れ、江戸城を奪われ河越城へ逃走
1525年 38歳 家臣、太田資頼の居城、岩付城が、北条氏綱に奪われる
白子原の戦(武蔵国)で北条家に勝利
1526年 39歳 北条家の拠点、蕨城を攻め落とす
1530年 43歳 小沢原の戦(武蔵国)で北条氏康に敗北
家臣、太田資頼が岩付城を奪い返す
1532年 45歳 嫡流の上杉藤王丸を殺害し、後顧の憂いを絶つ
●武田家との同盟
1533年 46歳 甲斐国の武田家と結び、娘を武田晴信(信玄)に嫁がせる
その後、山内上杉家とも結んで北条家に対抗
1537年 50歳 河越城にて死没
死没 1537年6月4日(天文6年4月27日) (享年50歳)
レクイエム 子の上杉朝定への遺言は、「仏事を営むよりもまず、北条氏綱を退治するべし」。