太田道灌を謀殺した扇谷家当主
上杉定正うえすぎ さだまさ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1443年(嘉吉3年)
生誕地  
上杉持朝
 
幼名  
元服名  
扇谷定正、上杉定正
官名 修理大夫
幕職 相模守護
近親など 正妻:長尾景信の娘
兄:上杉顕房、三浦高救
弟:上杉朝昌(七沢朝昌)
養子:上杉朝良
ゆかりの地  相模国 糟谷館
 武蔵国 河越城
略歴
●扇谷上杉家
1443年 1歳 関東管領、山内上杉家の分家、扇谷上杉家当主で、相模国糟谷館主の上杉持朝の三男として生まれる
1447年 5歳 足利成氏が京都から下向し、鎌倉公方に復帰
1449年 7歳 かつて成氏を攻め滅ぼした父、上杉持朝が隠居し、長兄の上杉顕房が家督を相続
●享徳の乱
1454年 12歳 関東管領で義兄(姉の夫)でもある上杉憲忠が、鎌倉公方の足利成氏に謀殺される
これにより、関東管領の山内上杉家と分流の扇谷上杉氏家、鎌倉公方家と敵対関係となり、関東の諸豪を巻き込んでの戦乱状態に(30年に渡る享徳の乱の始まり)
●兄の死
1455年 13歳 分倍河原の戦で、兄で当主の上杉顕房が公方方に敗れ戦死
これにより父、上杉持朝(道朝)が再び当主に
その後も鎌倉公方方は、両上杉家やそれに味方する勢力を攻め立てる
幕府は上杉家支援を決定、後花園天皇から成氏追討の綸旨を取り付ける。これにより鎌倉公方の足利成氏は朝敵となる
1457年 15歳 幕府の命を受けた駿河国守護、今川範忠が鎌倉を制圧
鎌倉公方の足利成氏は下総国へ移り古河城を居城とし、これ以降古河公方と呼ばれる
●河越城
その後、扇谷上杉家の家宰、太田道真、太田道灌父子が武蔵国北部に河越城を築城、扇谷上杉家の居城に
上杉持朝(道朝)、太田道灌江戸城岩付城を築城させ、古河公方に対する
1462年 20歳 父、上杉持朝(道朝)、幕府が新たな鎌倉公方として派遣した堀越公方足利政知と敵対、幕府から不審を買い、三人の重臣、大森氏頼、三浦時高、千葉実胤が責任を取る形で隠居。これにより、扇谷上杉家の勢力は大幅に縮小
●父の死
1467年 25歳 父、上杉持朝(道朝)が死没、兄、顕房の子上杉政真が家督を相続
次兄の三浦高救とその子三浦義同(道寸)相模国三浦家の養子に
●甥の死と家督
1473年 31歳 甥で当主の上杉政真、古河公方勢に武蔵国の拠点のひとつ、五十子城を攻められ戦死。(五十子の戦)
これにより、定正が家督を相続
●長尾景春の乱
1476年 34歳 反乱を起こした山内上杉家の重臣、長尾景春から五十子城を攻撃され大敗し、上野国へ逃亡
家宰の太田道灌が長尾景春勢を駆逐し、危機を逃れる。これにより太田道灌の声望が高まる
1482年 40歳 山内上杉家当主の上杉顕定古河公方と単独で和睦するが、定正はこれに不満を持ち、両上杉家が対立(享徳の乱の終結)
●道灌謀殺・長享の乱
1486年 46歳 家宰の太田道灌相模国糟谷館に招いて謀殺(将来実力による謀反を企てられることを恐れた、という説が有力)
これにより、道灌の子、太田資康や有力家臣が離反し、山内上杉家に主家を変える(長享の乱の始まり)
1488年 48歳 異母兄で三浦家に入っていた三浦高救が、扇谷上杉家の家督を狙って対立
これらを受けて、旧敵である古河公方や長尾景春を味方につける
山内上杉家当主の上杉顕定から、居館、糟谷館を攻められそうになるが、郊外の実蒔原で奇襲を行い勝利(実蒔原の戦)
上杉顕定から河越城を攻撃されるが、長尾景春らの加勢を受け須賀谷原で勝利(須賀谷原の戦)
上杉顕定の居城、鉢形城攻撃に向かうところ高見原で迎撃されるが勝利(高見原の戦)
長享の3戦に勝利はしたが、その後も関東管領である山内上杉家に味方する勢力は多く、扇谷上杉家は次第に劣勢に
1489年 49歳 古河公方と不和に
●早雲
1493年 53歳 伊勢宗瑞(北条早雲)堀越公方家の家督争い(豆州騒動)に乗じ、当主である足利茶々丸堀越御所に攻める(伊豆討入り
その後、伊勢宗瑞(北条早雲)と同盟
1494年 54歳 伊勢宗瑞(北条早雲)とともに武蔵国高見原に出陣、山内上杉顕定との対陣中に落馬し死没
死没 1494年11月2日(明応3年10月5日) (享年54歳)
レクイエム