三増峠の奮戦により松山城主に返り咲いた
上田朝直うえだ ともなお
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1494年(享禄4年)
生誕地  
上田政広
難波田憲重の姉(または妹)
又次郎、左近大夫、暗礫斎、安独斎宗調
官名 能登守
近親など 正妻:遠山藤九郎の娘
子:成田長季、成田泰家、成田元由など
ゆかりの地 GOOGLE MAP 武蔵国 武蔵松山城
略歴
●武蔵
1494年 1歳 扇谷上杉家家臣で、武蔵七党のひとつ西党の流れを汲む、上田政広の子として生まれる
     (中略)
●主家の危機
1537年 44歳 上杉方の拠点、河越城北条氏綱に落とされる
扇谷上杉家当主の上杉朝定武蔵松山城に逃げ込み居城に
1546年 54歳 河越夜戦で扇谷上杉家が滅亡
上田家は太田資正(三楽斎)とともに北条家に奪われた武蔵松山城を攻めて奪還し城主に
    ●北条家
太田資正(三楽斎)が、居城の岩付城へ帰還すると、北条氏康に寝返る
その後、北条氏康から手腕を認められ、領国経営を任される
1550年頃 60歳 安独斎と号す
●謙信の越山
1561年 71歳  関東へ出兵(越山)してきた長尾景虎(上杉政虎・謙信)に降伏
長尾景虎(上杉政虎・謙信)、10万の大軍で小田原城の北条攻めを行うも不首尾。(小田原城攻め(上杉謙信)
    ●失脚
長尾景虎(上杉政虎・謙信)が関東から去ると、北条家に帰参するが、松山城主の地位をはく奪され、秩父郡の本拠地へ
1569年 79歳 上杉輝虎(謙信)北条氏康が同盟。(相越同盟)
武田信玄北条氏康の居城、小田原城を攻める。(小田原城攻め(武田信玄)
    ●返り咲き
三増峠の戦での奮戦が認められ、戦後、再び武蔵松山城城主に
上田宗家を相続
    その後、子の上田長則に家督を譲る
1582年 92歳 死没
死没 1582年10月19日(天正10年10月3日) (享年92歳)
レクイエム 当時としてはかなりの長寿。三増峠の戦の際は79歳ということになる。
1516年生年説もあり、その場合の享年は72歳で、三増峠の戦の際は59歳なので、こちらの説の方が有力に思える。