島津の捕虜となった筑後の国人
筑紫広門つくし ひろかど
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1556年(弘治2年)
生誕地  
筑紫惟門
 
幼名  
筑紫義冬、夢庵
官名 左馬守、上野介
近親など 子:筑紫晴門、娘(高橋統増の正妻)など
ゆかりの地  肥前国 勝尾城
略歴 ●筑後の国人
1556年 (1歳)
元、筑後国上妻郡の国人で、肥前国勝尾城主の筑紫惟門の子として生まれる。

●家督
1567年 (12歳)
父、筑紫惟門が、豊後国大友宗麟に攻められ自害。
家督を相続するが、大友傘下に組み込まれる。

●大友への反旗
1578年 (23歳)
耳川の戦では、大友家に反旗を翻す。

1585年 (30歳)
高橋紹運の居城、宝満城を攻め落とす。

1586年 (31歳)
豊臣秀吉の島津征伐の噂を聞き、再び大友傘下に入ることを決意。
娘を、大友宗麟の家臣、高橋統増(立花直次)に嫁がせ大友傘下に。

●捕虜
岩屋城の戦で、島津家から攻められ領地を奪われる。
嫡男の筑紫晴門は討ち死に。

その後、筑後国大善寺に幽閉される。

●回復
1587年 (32歳)
豊臣秀吉九州攻めの際、幽閉先から脱出、筑後国の旧臣を糾合し、かつての支城である肥前国五ヶ山城に入り、旧領を回復。

これらの戦功により、筑後国上妻郡1万8千石の領主に返り咲く。

1592年〜1597年 (37歳〜42歳)
二度に渡る朝鮮への侵攻(文禄の役慶長の役)では、小早川隆景の配下として参陣。

●改易
1600年 (45歳)
関ヶ原の戦では、石田三成の西軍につき、京極高次大津城攻めを行っていたため本戦には参陣できず。

戦後改易に。
肥後国加藤清正を頼り、剃髪して夢菴を名乗る。

1611年 (56歳)
加藤清正の死後は、豊前国細川忠興を頼る。

1615年 (60歳)
細川忠興の口添えで幕府に謝罪、大坂夏の陣に参陣。

1623年 (68歳)
死没。
死没 1623年5月22日(元和9年4月23日) (享年63歳)
レクイエム 大坂の陣の戦功により、死後、子の筑紫広門(主水正)が3千石を拝領する。