武田家内通を疑われ殺された家康の正室
築山御前つきやまごぜん
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1542年(天正11年)
生誕地 駿河国 瀬名
関口親永
井伊直平の娘(今川義元の養妹)
幼名 鶴姫
瀬名姫、駿河御前
官名  
近親など 夫:徳川家康
子:松平信康、亀姫
伯父:今川義元
ゆかりの地 GOOGLE MAP 駿河国 持船城
 駿河国 駿府城
 三河国 岡崎城
略歴 ●義元の姪
1542年 (1歳)
駿河国今川家の重臣、瀬名(関口)親永の次女として生まれる。

1548年 (7歳)
父が関口家を相続したことから、その居城、持船城に移る。

瀬名郷から来たことから、瀬名姫と呼ばれるように。

●家康の正妻
1557年 (16歳)
今川家の人質となっていた三河国岡崎の大名、松平元康(徳川家康)と結婚。

1559年 (18歳)
長男、松平信康を出産。

1560年 (19歳)
長女、亀姫を出産。

今川義元桶狭間の戦織田信長に討たれたのをきっかけに、夫の松平元康(徳川家康)が故郷の岡崎城に入城。

1562年 (21歳)
夫の松平元康(徳川家康)が、織田信長と同盟(清洲同盟)したことから、父で、元康の舅の関口親永が責任を取り切腹。

●岡崎城外
織田家と今川家の人質交換により、子供2人とともに夫のいる岡崎(城外)へ移る。

1566年 (25歳)
夫、松平元康(徳川家康)、松平から徳川に改名。

1567年 (26歳)
長男松平信康が、織田信長の娘、徳姫と結婚。

●岡崎城
1570年 (29歳)
岡崎城内へ移り住む。

1579年 (38歳)
嫁の徳姫から、子の松平信康とともに甲斐国武田勝頼と内通していると、信長に讒言される。(信康事件

家康の命を受けた徳川家臣、野中重政により討たれる。
死没 1579年(天正7年)8月
レクイエム