たった9騎で小田原に参陣した夜叉九郎
戸沢盛安とざわ もりやす
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1566年(永禄9年)
生誕地 出羽国羽後
戸沢道盛
本堂親条の娘
幼名 九郎
通称 鬼九郎、夜叉九郎
官名
近親など 兄:戸沢盛重
弟:戸沢光盛(のちに養子)
子:戸沢政盛
ゆかりの地  出羽国羽後 角館城
略歴 ●戸沢家
1566年 (1歳)
桓武平氏、平衡盛の末裔で角館城主、戸沢道盛の子として生まれる。

その後、兄で嫡男の戸沢盛重が家督を相続。

●家督相続
1578年 (13歳)
病弱な兄に替わって、家督を相続。

その後、行き届いた領国経営などにより勢力を整え角館一帯を平定。

1586年 (21歳)
横手城主、小野寺義道と敵対する楢岡右衛門尉と結んで、小野寺家の沼館城代の大築地秀道を攻め勝利。
(阿気野の戦)

1587年 (22歳)
角館の安東愛季が仙北へ侵攻してくるが、愛季が病死したことなどから勝利。(唐松野の戦)

●小田原へ
1590年 (25歳)
豊臣秀吉小田原城攻めには、わずか9騎で参陣するが、陣中にて病没。
死没 1590年(天正18年) (享年25歳)
レクイエム 死後、奥州仕置で4万4千石を安堵されるが、幼少の戸沢政盛では不安なことから、弟の戸沢光盛が家督を相続するよう遺言したといわれる。

若いながらも猛将として知られ単騎駆けもいとわなかったことから、「鬼九郎」や「夜叉九郎」の異名をとった。

小田原城攻めに参陣するため、駿河国島田まで来ていた豊臣秀吉に少しでも早く謁見するために、増水していた大井川を泳いで渡ったというエピソードがある。