於江与の方の2番目の夫
豊臣秀勝とよとみ ひでかつ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1569年(永禄12年)
生誕地  
実父:三好吉房、養父:豊臣秀吉
日秀(豊臣秀吉の姉)
幼名 小吉
羽柴秀勝、豊臣秀勝
通称 岐阜宰相
官名 侍従、左近衛権少将、権中納言、従四位下、参議
近親など 正妻:於江与の方
兄:豊臣秀次
弟:豊臣秀保
子:完子
ゆかりの地  丹波国 亀山城
 甲斐国 要害山城
 美濃国 岐阜城
略歴 ●秀吉の甥
1569年 (1歳)
尾張国の土豪、木下弥助(三好吉房)と木下藤吉郎(豊臣秀吉)の姉、とも(日秀)の二男として生まれる

●丹波亀山
1585年 (17歳)
丹波国亀山城主に。

1586年 (18歳)
叔父豊臣秀吉、天下人となる。

●結婚
豊臣秀吉の命により、織田信長の姪、江(於江与の方)と結婚。

1587年 (19歳)
九州攻めに参陣。
戦後、恩賞への不満から、領地を没収される。

●甲斐
1590年 (22歳)
小田原城攻めに参陣し、戦後は甲斐国信濃国を拝領し、要害山城主に。

1591年 (23歳)
美濃国へ転封。岐阜城主に。

豊臣秀吉が兄、豊臣秀次に関白を譲り太閤に。

1592年 (24歳)
長女、完子誕生。

●朝鮮出兵
1592年 (25歳)
文禄の役で渡海するが、巨済島で病死。
死没 1592年10月14日(文禄元年9月9日) (享年25歳)
レクイエム 秀吉は、以前側室の南殿との間に設けた長子石松丸(存在の真偽については不明)にも「秀勝」を名乗らせており、また、信長の四男を養子として際も、同じ秀勝と名乗らせている。