秀吉の関東方面外交官
富田一白とみた いっぱく
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 ????年(????年)
生誕地 近江国
富田助知
 
幼名  
元服名  
富田信広、富田長家、富田一白、水西(隠居名)
官名 従五位下、左近将監
近親など 子:富田信高、富田高定、佐野信吉など
ゆかりの地  伊勢国 津城
略歴 ●信長
????年 (1歳)
織田信長家臣、富田助知の子として生まれる。

この後、織田信長に仕える。

1582年 (??歳)
本能寺の変で、主君織田信長が自害。

●秀吉
その後、羽柴(豊臣)秀吉に仕え、側近となり主に外交を担当。

1584年 (??歳)
小牧・長久手の戦の際、織田信雄との和睦交渉に成功。

1586年 (??歳)
秀吉の妹、旭姫徳川家康との政略結婚の交渉に成功。

1590年 (??歳)
名胡桃事件が起こると北条家への問責役を務め、小田原城攻めのきっかけを作る。

奥州仕置の際、伊達政宗との取次役に。

1592年 (??歳)
朝鮮への侵攻(文禄の役)に従軍。

1595年 (??歳)
秀次事件では、秀次への糾弾を断行。

●安濃津城
その功により、伊勢国安濃津城(津城)主に。(3万石)
同時に、嫡男、富田信高も2万石を拝領。

1599年 (??歳)
隠居し、水西と名乗る。

死没。
死没 1599年12月15日(慶長4年10月18日) (享年??歳)
レクイエム 秀吉の関東方面の外交官として、重要な場面ごとに登場する。特に遅れてきた傑物、伊達政宗との困難を極める交渉にその手腕を発揮し、彼を豊臣政権に組み込むことに成功している。