父、家康の築いた土台を守った2代将軍
徳川秀忠とくがわ ひでただ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1579年(天正7年)
生誕地 遠江国 浜松
徳川家康
西郷局(お愛の方・徳川家康側室)
幼名 長丸、竹千代
元服名 徳川秀忠(「秀」は豊臣秀吉から)
 
官名 従五位下、侍従、蔵人守、正五位下、武蔵守、右近衛権少将、参議、従三位権中納言、権大納言、従二位右近衛大将、正二位内大臣、従一位右大臣、太政大臣など
幕職 征夷大将軍(江戸幕府第二代)
近親など 正室:織田信雄の娘、後に於江与の方浅井長政の娘、淀殿の妹、羽柴(豊臣)秀吉の養女)
側室:於静の方(保科正之の母)
兄:松平信康結城秀康
実弟:松平忠吉
弟:松平忠輝など
子:徳川家光(三代将軍)、千姫豊臣秀頼正室)、松姫(和子・後水尾天皇中宮)など
ゆかりの地  遠江国 浜松城
 武蔵国 江戸城
略歴 ●徳川家
1579年 (1歳)
徳川家康の三男として生まれる。

長兄の徳川信康が、織田信長の命により切腹。(信康事件

●家康の後継者
1584年 (6歳)
次兄の於義丸羽柴(結城)秀康羽柴(豊臣)秀吉の養子となったことから、家康の後継となる。

1595年 (17歳)
於江与の方と結婚。

●関ヶ原への遅参
1600年 (22歳)
関ヶ原の戦の前、3万7千の主力を率いて中山道を進み、真田昌幸真田幸村父子の篭る上田城を攻めるのに手間取り(第二次上田城の戦)、決戦には間に合わず。

1603年 (25歳)
徳川家康征夷大将軍となる。

●征夷大将軍
1605年 (27歳)
徳川家康から征夷大将軍を譲られ、2代将軍となる。これには、重臣である本多正信本多正純父子、大久保忠隣らの働きかけが貢献した。

1607年 (29歳)
娘、和子誕生。

1614年 (36歳)
家老の大久保忠隣が、大久保長安事件に関与した疑いにより改易される。

弟で越後国高田城主、松平忠輝を改易。

1615年 (37歳)
大坂冬の陣大坂夏の陣では、総大将として豊臣家(豊臣秀頼)を攻め滅ぼす。

●天皇家との婚姻
1620年 (43歳)
娘、和子が、後水尾天皇に入内。念願叶い、天皇家と姻戚に。

1623年 (45歳)
隠居し、子の家光に将軍職を譲る。

1632年 (54歳)
病没。
死没 1632年(寛永9年)1月 (享年54歳)
レクイエム 徳川家康の意思に忠実に従った2代目、という印象が強いが、徳川幕府260年の礎を確固たるものに仕上げた人物として評価できる。

また、歴史上重要な役割を演じる3人の子(家光、千姫、和子)の実父。