日本の中央部を襲った天正13年の大震災
天正大地震てんしょうおおじしん
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
西暦 1586年1月18日
和暦 天正13年11月29日
場所 畿内、東海、北陸など
略図
概要 天正13年の冬に、畿内、北陸、東海などを襲った大地震による大災害。

この年の春、羽柴(豊臣)秀吉が人臣最高位である関白に昇りつめたあと四国攻めに成功するなど、名実ともに天下人となっていたが、ライバルである徳川家康はまだ臣下とはなっていない時期になる。

地震の規模は断定されていないが、マグニチュード8以上だったと推定されている。

震源もいくつかの説があるが、美濃国の養老断層が有力視されている。

余震も長期に渡り続き、以下の通りであった。
11月27日、余震。
11月29日、亥の刻(22時頃)、本震。
11月30日、丑の刻(2時頃)、余震。
その後も12月23日まで、ほぼ毎日余震。

被害は広範囲に及ぶが、記録が残っている主なものだけでも下記の通りである。

近江国長浜城(城主、山内一豊)が全壊し、地滑りによって集落が水没。

美濃国大垣城(城主、一柳直末)が全壊。

尾張国清洲城が半壊(推定)。

飛騨国の帰雲城が山崩れによって崩壊し、城主、内ヶ島家の全員が行方不明となり滅亡。

越中国の木舟城が倒壊し、城主、前田秀継が死没。

伊勢国長島城(城主、織田信雄)が倒壊。

丹後国若狭国越前国の日本海で津波が発生し、無数の家や人々が流された。

伊勢湾で津波が発生し、多くの溺死者を出した。

なお、この半年後の5月、関白、羽柴(豊臣)秀吉は、徳川家康に妹の旭姫を嫁がせることで臣下につかせることに成功する。