信玄の謀略に立ち向かった上伊那の領主
高遠頼継たかとお よりつぐ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 ????年
生誕地 信濃国伊那
高遠継宗(異説あり)
 
幼名  
 
官名 紀伊守
近親など 正室:諏訪頼満の娘
弟:蓮芳軒
ゆかりの地  信濃国 高遠城
 信濃国 上原城
略歴 ●諏訪氏の庶流
????年 (1歳)
諏訪大社上社の大祝、諏訪家の庶流、高遠継宗の子として生まれる。

●武田との争い
甲斐国国主武田信虎が、子の武田晴信(信玄)から追放される。
この後武田家が、信濃国への侵攻を本格化。

1542年 (??歳)
武田晴信(信玄)の調略を受け、諏訪頼重上原城攻めを行う。

戦後、諏訪本家相続の約束が反故にされたことから、武田晴信(信玄)に対立。
藤沢頼親や矢島満清らとともに、武田兵のこもる上原城を攻め落とし、諏訪の城下町を焼き討ちに。

武田晴信(信玄)に攻め寄せられ大敗、高遠城へ逃げもどる。(安国寺の戦)

1545年 (??歳)
武田晴信(信玄)と和睦し、高遠城を開城。

甲斐国に隠遁。

1548年 (??歳)
上田原の戦で、諏訪郡代の板垣信方が戦死。

諏訪郡の混乱を収拾するために、武田方として諏訪へ赴き、伊那の藤沢頼親らと対峙。

1552年 (??歳)
諏訪における名声の増大を恐れた武田晴信(信玄)の命により、自害。
死没 1552年(天文21年)8月 (享年??歳)
レクイエム