岩屋城に籠って島津家に徹底抗戦した
高橋紹運たかはし しょううん
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1548年(天文17年)
生誕地  
吉弘鑑理
 
幼名  
吉弘鎮理、高橋鎮種、高橋紹運(法名)
官名 主膳正
近親など 兄:吉弘鎮信
子:立花宗茂、立花直次など
ゆかりの地  筑前国 宝満城
 筑前国 岩屋城
略歴 ●吉弘家
1548年 (1歳)
豊後国の大名、大友義鑑の家臣、吉弘鑑理の二男に生まれる。

1550年 (3歳)
二階崩れの変大友義鑑が死没、大友義鎮(宗麟)が当主に。

1567年 (20歳)
大友義鑑から筑前国守護代を任されていた高橋鑑種が、毛利元就の調略により謀反すると、父、吉弘鑑理とともに平定へ赴く。

●高橋姓
1569年 (22歳)
立花城の戦の後、毛利元就が尼子家の攻勢を受けて北九州から撤退すると、後ろ盾をなくした高橋鑑種が大友家に降伏し名跡を剥奪される。

その後、高橋の名跡を相続し、宝満城と岩屋城の城主となり、高橋鎮種と名乗る。

その後、立花家を継承し、立花城主となった立花(戸次)道雪に従い筑前国経営に当たる。

●大友氏の没落
1578年 (31歳)
主君大友宗麟が、耳川の戦島津義久に大敗。

その後、肥前国龍造寺隆信らの侵攻を受け始めるが、立花道雪とともに奮闘し守りきる。

1581年 (34歳)
嫡男の高橋統虎(立花宗茂)を、立花道雪の養子として引き渡す。

1584年 (37歳)
肥前国島原の沖田畷の戦龍造寺隆信が戦死。

それをきっかけに、筑後国へ侵攻し領土を広げる。

●島津氏の進攻
1585年 (38歳)
立花道雪が死没すると、島津家に呼応した反勢力の攻勢を受け、筑紫広門に留守にしていた居城の宝満城を攻め落とされる。

筑後国から撤兵し宝満城奪回に戻り、筑紫広門と和睦。

1586年 (39歳)
島津の九州平定戦が始まると763名の兵で岩屋城に籠城するが、島津勢の大軍に攻められ、全員討ち死に。(岩屋城の戦
死没 1586年9月10日(天正14年7月27日) (享年39歳)
レクイエム