宗麟から離反し毛利家に寝返った
高橋鑑種たかはし あきたね
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1529年?(享禄2年)
生誕地  
実父:一萬田親泰、養父:高橋長種
 
幼名  
一萬田親宗、高橋鑑種、宗仙
官名 左衛門尉、左衛門大夫、三河守
近親など 兄:一萬田鑑相
弟:一萬田鑑久など
子:高橋長宗、高橋元光など
養子:高橋紹運、高橋種冬、高橋元種
ゆかりの地  筑前国 宝満城
 筑前国 岩屋城
 豊前国 小倉城
略歴 ●一萬田家
1529年 (1歳)
豊後国の大名、大友義鑑の家臣、一萬田親泰の二男に生まれる。

1549年 (21歳)
筑後国の高橋長種が死没すると、その養子となり高橋家を相続、主君より偏諱を拝領し高橋鑑種と名乗る。

●宗麟
1550年 (22歳)
二階崩れの変大友義鑑が死没、大友義鎮(宗麟)が当主に。

1553年 (25歳)
主君大友義鎮(宗麟)が、実家の当主で兄の一萬田鑑相、実弟の一萬田鑑久らを攻め討つ。

●義長
周防国の太守、大内義隆が、家臣の陶隆房(晴賢)の裏切りにより自害。(大寧寺の変)

大内家を相続することになった大友義鎮(宗麟)の弟、義長(大内義長)に付き従い周防国山口へ。

1557年 (29歳)
主君の大内義長毛利元就に攻められ自害。(勝山城の戦)
鑑種は豊後国へ行っていたため難を逃れる。これにより、大内家は滅亡。

●大宰府支配
1558年 (30歳)
筑前国宝満城主となり、大宰府を支配。筑前国守護代に。

この頃宝満城の支城として岩屋城を築城。

1560年 (32歳)
伊予国の西園寺攻めで貢献。

1561年 (33歳)
大友義鎮(宗麟)に従い、毛利元就の九州における拠点、門司城を攻めるが敗退。(第二次門司城の戦)

●毛利家へ
1562年 (34歳)
密かに毛利家へ寝返る。

1566年 (38歳)
肥前国村中城(佐賀城)主、龍造寺隆信を誘い、大友家から毛利家へ寝返らせる。

1567年 (39歳)
大友義鎮(宗麟)の派遣した戸次鑑連(立花道雪)らの大軍に攻められ岩屋城を落とされるが、宝満城に籠城し抵抗を続ける。

●毛利の九州撤退
1569年 (41歳)
毛利家に寝返った立花鑑載らの籠もる立花城において、毛利勢と大友勢が交戦。
立花城の戦

毛利氏が九州から撤退したことから後ろ盾を失い、降伏、宝満城を開城。

大友義鎮(宗麟)から家督を剥奪され追放処分に。
高橋家は、吉弘鎮理(高橋紹運)が相続。

その後毛利家を頼り、豊前国小倉城主に。

●大友家の没落
1578年 (50歳)
主君大友宗麟が、耳川の戦島津義久に大敗。

秋月家から養子(高橋元種)を迎える。

1579年 (51歳)
毛利家から離反した杉重良の討伐戦で活躍。

大友方の豊前国香春岳城を攻め落し、養子の高橋元種を城主に据える。

豊前国馬ヶ岳城の長野重勝を攻め降す。

小倉城にて病死。
死没 1579年5月19日(天正7年4月24日) (享年51歳)
レクイエム