知略にすぐれ忠義と剛勇鎮西一と称された器量人
立花宗茂たちばな むねしげ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1567年(永禄10年)
生誕地  
高橋紹運
斉藤長実の娘 
幼名 千熊丸
高橋統虎、立花宗茂
官名 左近将監、飛騨守
近親など 義父:立花道雪
正妻:立花ァ千代立花道雪の娘)
子:立花忠茂など
ゆかりの地  筑前国 立花城
 筑前国 岩屋城
 筑後国 柳川城
略歴 ●高橋家
1567年 (1歳)
豊前国筑前国などの守護、大友家の家臣、高橋紹運の嫡男として生まれる。

●立花道雪の養子
1581年 (15歳)
大友家家臣、立花道雪の娘、立花ァ千代と結婚し、立花家を相続。

秋月家との穂波の戦に初陣。

1584年 (18歳)
義父、立花道雪の出陣後、秋月種実率いる8千に立花城攻められるが、夜襲の敢行などで撃退。

1585年 (19歳)
義父、立花道雪が死没。

1586年 (20歳)
岩屋城を島津家や秋月種実に攻められ、実父、高橋紹運が討ち死に。(岩屋城の戦

立花城も攻められるが、徹底抗戦し島津軍を追う。

さらに高鳥居城を攻め落とし、岩屋城と宝満城を奪回する大功をたてる。

●柳川城主
1587年 (21歳)
豊臣秀吉九州攻めにも、主君の大友宗麟(義鎮)らとともに参陣し戦功をたてる。

この功により、筑後国柳川13万石の大名となり、柳川城主に。

佐々成政に不満をもった肥後国の国人一揆平定に活躍。
戦後、ともに戦った小早川(毛利)秀包と義兄弟の契りを結ぶ。

1590年 (24歳)
小田原城攻めに参陣。

1592年〜1597年 (26歳〜31歳)
二度に渡る朝鮮への侵攻(文禄の役慶長の役)でも数々の貢献。

1600年 (34歳)
関ヶ原の戦では、石田三成の西軍につくが、京極高次大津城攻めを行っていたため本戦には参陣できず。

●浪人
帰国後、柳川城を東軍の加藤清正黒田官兵衛鍋島直茂に攻められ降伏。改易され浪人となる。

1602年 (36歳)
妻、立花ァ千代が病没。

1603年 (37歳)
徳川家康の御書院番頭に召し出される。

●大名復帰
陸奥国棚倉に1万石を拝領し、大名に復帰。

1610年 (44歳)
3万5千石に加増される。

1615年 (49歳)
大坂夏の陣では、将軍徳川秀忠の指揮下で活躍。

1620年 (54歳)
旧領、筑後国柳川城主となり10万石を拝領。

1637年 (71歳)
島原の乱にも参陣。

1638年 (72歳)
家督を、子の立花忠茂に譲る。

1642年 (76歳)
江戸の藩邸で死没。
死没 1642年(寛永19年)11月 (享年76歳)
レクイエム 関ヶ原の戦で西軍が敗北し帰国する際、実父の仇である島津義弘と同道することになり、家臣たちから仇を討つよう進言されたが、敗軍を討つのは武家の恥であると拒絶したとされる。

西軍に与したにも関わらず、3年後には家康から許されて召し出された。
その知略を、いずれ滅ぼさなければならない豊臣家のために使われることの不利を家康が恐れたためであることは、想像に難くない。