信玄に嫁ぎ勝頼を生んだ諏訪の姫
諏訪御料人すわごりょうにん
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1530年?(享禄3年?)
生誕地 信濃国諏訪
諏訪頼重
小見氏
幼名  
本名不明
官名  
幕職  
通称 諏訪御寮人、諏訪御料人
近親など 夫:武田信玄
子:武田勝頼
異母弟:寅王丸
ゆかりの地  信濃国 上原城
 甲斐国 躑躅ヶ崎館
 信濃国 建福寺(墓所)
略歴 ●諏訪氏
1530年 (1歳)
諏訪大社上社の大祝、諏訪頼重の娘(母は側室)として生まれる。

●武田氏との和睦
1535年 (6歳)
諏訪家が、敵対してきた甲斐国武田信虎と和睦。

1539年 (10歳)
家長の諏訪頼満が死去し、父、諏訪頼重が諏訪家を相続。

1540年 (11歳)
父、諏訪頼重武田信虎の娘禰々と結婚。

●武田氏の進攻
1541年 (12歳)
武田信虎が、子の武田晴信(信玄)から追放される。
この後武田家が、信濃国への侵攻を本格化。

1542年 (13歳)
武田晴信(信玄)と、晴信に調略された上伊那の高遠頼継や諏訪下社の元大祝、金刺昌春の連合軍に上原城を攻められ、父、諏訪頼重が支城の桑原城で降伏、その後、甲斐国府中へ連行されたのち自害。

●結婚と出産
1543年 (14歳)
武田晴信(信玄)と結婚。

1546年 (17歳)
四郎(武田勝頼)を出産。

(その後の消息は不明)

1555年 (26歳)
諏訪にて(?)病没。
死没 1555年12月18日(弘治元年11月6日) (享年26歳)
レクイエム 諏訪家滅亡後、甲府へ連れ去られたというのが通説だが、信玄の妹である禰々が諏訪家に嫁いだ際、その人質として甲府へ赴いたという説もある。

実名がわかっておらず、歴史小説では、湖衣姫、由布姫、雪姫などの仮名が付けられている。