数々の戦功をあげた伊達家の重臣
白石宗実しろいし むねざね
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1553年(天文22年)
生誕地 陸奥国磐城 白石
白石宗利
 
幼名 老後丸
白石宗玄、白石宗実
官名 右衛門大輔、若狭守
近親など 実子:心月院(白石宗直の正室)
養子:白石宗直
ゆかりの地  陸奥国磐城 白石城
 陸奥国岩代 宮森城
 陸奥国陸中 水沢城
略歴 ●白石城
1553年 (1歳)
伊達輝宗の家臣で、陸奥国磐城白石城主、白石宗利の子として生まれる。

1570年 (18歳)
伊達家を出奔し相馬へ向かった中野宗時、牧野久仲父子を故意に逃がした父、白石宗利が、伊達輝宗の怒りを買うが、のちに許される。

????年 (??歳)
●家督
その後、家督を相続。

●政宗
その後、伊達輝宗の嫡男、伊達政宗に仕える。

1584年 (32歳)
相馬義胤攻めで貢献。

伊達輝宗の隠居により、伊達政宗が家督を継ぐ。

1585年 (33歳)
謀反を起こした小手森城主、大内定綱を攻め勝利。

粟之巣の変により伊達輝宗が死没。

1586年 (34歳)
二本松城主、畠山国王丸(義綱)との和睦をまとめる。

●宮森城
大内定綱の旧領である陸奥国岩代塩松を拝領し、宮森城を居城に。

1589年 (37歳)
摺上原の戦で戦功をたてる。

1590年 (38歳)
小田原城攻めで、主君伊達政宗豊臣秀吉の臣下に。

●水沢城
1591年 (39歳)
伊達氏が陸奥国陸前玉造郡など73万石に減封の上、転封。
これにともない、陸奥国陸中胆沢郡を拝領し、水沢城主に。(1万5千石)

1592年 (40歳)
文禄の役(朝鮮出兵)では、伊達政宗に従い渡海。

1599年 (47歳)
京都、伏見にて死没。
死没 1599年(慶長4年)10月 (享年47歳)
レクイエム