3万の軍勢を率いた信玄最後の行軍
信玄の上洛戦しんげんのじょうらくせん
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
西暦 1572年
和暦 元亀3年10月
関連する場所  美濃国 岩村城 (別働隊、秋山信友が攻略)
 遠江国 二俣城 (信玄本隊が攻略)
 三河国 野田城 (信玄が落とした最後の城)
略図
概要 ●天下取りを目指す信長と甲斐の武田信玄
尾張国から進発した織田信長は、1572年(元亀3年)までに美濃国近江国南部、さらに畿内の多くの部分を平定し、同盟者徳川家康三河国遠江国を合わせた近畿から東海の大部分を勢力下に置いていた。

また、前年には比叡山焼き討ちを決行するなど、反対勢力一掃のための軍事行動をますますエスカレートさせてはいたが、 石山本願寺、伊勢長島の一向一揆越前国朝倉家、近江国北部の浅井家など残存する勢力に囲まれており、天下統一への道はまだまだ遠い状況にあった。

そして、その織田信長打倒の旗頭に期待されていたのが武田信玄である。

信玄はその頃までに、甲斐国信濃国の全域に加え、駿河国上野国遠江国三河国美濃国の一部を領土とし、石高120万石に達する大勢力を構築していた。

●信玄動く
信長の勢力がこれ以上拡大してしまうことを恐れていた武田信玄は、信長に敵対する将軍足利義昭の呼びかけに応じる形で、天下に号令するため10月3日に上洛戦を開始した。

動員した約3万の兵を3つの大隊に編成し、秋山信友の5千には信濃国伊那から信長の領する美濃国東部へ、山県昌景の5千には家康の領する奥三河方面へそれぞれ向かわせ、自らは2万の本軍を率いて天竜川沿いを南下し遠江国に侵入した。
3つのルートをとったのは、待ち受ける信長・家康連合軍の戦力を分散させるためであった。

秋山信友は、美濃国東部の実力者遠山景任の未亡人で、信長の叔母おつやの方が城主となっていた岩村城を攻め落とした。その際、信長の五男で景任の後嗣となっていた御坊丸(織田勝長)を捕らえて甲斐国へ送った。
(上村の戦)

信玄は先に服従させていた遠江国犬居城天野景貫を道案内に、徳川方の中根正照が籠る浜松の北約5里(20km)の要衝、二俣城を2ヶ月かけて落とし、いよいよ浜松城徳川家康を脅かそうとしていた。

●信長の援軍3000
徳川家康織田信長に応援を要請したが、敵対勢力に囲まれていた信長は、佐久間信盛滝川一益、平手汎秀、林道勝水野信元ら3千の援軍を出すのが精一杯であった。

●三方ヶ原の戦
武田信玄山県昌景隊と合流すると、居城の浜松城に籠る徳川家康には目もくれず、浜名湖に突き出た堀江城を目指し、通りすぎて行った。
これを見た家康は、武田勢の半分以下という寡兵にも関わらず、強引な追い討ち戦を挑み大敗する。(三方ヶ原の戦

●信玄死す
三方ヶ原の戦徳川家康に勝利した武田信玄は、そのまま三河国へ侵攻し1ヶ月かけて野田城を落とすが、ここで行軍が止まってしまう。
信玄の持病が悪化したという説、野田城入城後、笛の音に聞きほれていた際鉄砲で狙い撃たれたという説などがあり真相は定かでないが、信玄の身に何らかの異変が起こり、上洛戦の続行が困難になったことだけは事実だった。

翌1573年2月、武田軍は甲斐国への帰路につくが、4月、武田信玄信濃国伊那の駒場(こまんば)で死亡する。