伊作家から本家を継いだ島津の英主
島津貴久しまづ たかひさ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1514年5月25日(永正11年5月5日)
生誕地 薩摩国 田布施
島津忠良(日新斎)
寛庭夫人(島津成久の娘)
幼名 虎寿丸
又三郎、伊作貴久、島津貴久、伯囿
官名 従五位、修理大夫、陸奥守、贈従三位など
近親など 正室:肝付兼興の娘、のちに入来院重聡の娘
子:島津義久島津義弘、島津歳久、島津家久
ゆかりの地  薩摩国 伊作亀丸城
 薩摩国 清水城
 薩摩国 一宇治城
 薩摩国 内城
略歴 ●伊作島津氏
1514年 (1歳)
薩摩国守護、島津家の分家である伊作島津家当主、島津忠良の嫡男として生まれる。

1520年頃 (7歳)
薩州島津家の島津実久が本家乗っ取りを企てる。

●本家の養嗣子
1526年 (13歳)
本家、島津忠兼の要請を受け、父の島津忠良が国政を司る。
その際、虎寿丸は本家の養嗣子となり、鹿児島の清水城に入城。

父、島津忠良が伊作に隠居し日新斎と号す。

●薩州家、島津実久の反乱
薩州家当主で、加世田城主の島津実久が伊地知氏らを糾合し、本家に対し反乱を起こすが、父、日新斎が平定。

父、日新斎が、実久方である一宇治城や日置城を攻めて攻略。

島津実久が守護所である清水城に攻め寄せ、本家との養子縁組解消を迫るが、城からの脱出に成功し難を逃れ、亀ヶ城に入城。

●本家との敵対
島津忠兼、島津実久に迫られ貴久との養子縁組を解消し、島津勝久と改名。
これにより本家と伊作家が敵対関係に。

父、日新斎が、島津勝久の家臣が入っていた伊作亀丸城を攻め落とし入城。

●守護職
1527年 (14歳)
薩摩、大隈、日向の守護職を拝命。

1533年 (20歳)
実久方となった桑波田栄景の南郷城を攻め落とす。

日置城主の山田有親が降伏。

1535年 (22歳)
守護、島津忠兼が不和となった島津実久から鹿児島を攻められ、帖佐へ逃亡。

1536年 (23歳)
西寄りの伊作亀丸城から、一宇治城に居城を移す。

1539年 (26歳)
加世田別府城の戦で実久勢に勝利し南薩摩を支配下に。

市来鶴丸城の戦で実久の弟の島津忠辰を討ち取る。

島津実久が降伏。これを受け、守護に復帰。

1550年 (37歳)
鹿児島に内城を築き、新たな守護所に。

●大隈
1554年 (41歳)
大隅国、加治木城主の肝付兼続を攻める。

1555年 (42歳)
敵対した蒲生家の帖佐平佐城を攻め落とす。

1556年 (43歳)
蒲生家の松坂城を攻め落とし、大隅国西部を支配下に。

●隠居
1566年 (53歳)
嫡男島津義久に家督を譲り、加世田に隠居。

1568年 (55歳)
父、日新斎が死没。

1571年 (58歳)
加世田で死没。
死没 1571年7月15日(元亀2年6月23日) (享年58歳)
レクイエム のちに島津家全盛をもたらす、島津四兄弟の父。

父の日新斎とともに、島津中興の祖とされ、貴久は特に島津の英主とも称えられた。

種子島に伝来した鉄砲を、初めて戦に使用したと言われる。