長宗我部家を土佐一国に押し戻した
四国攻めしこくぜめ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
西暦 1585年
和暦 天正13年6月〜
略図
場所  四国
 阿波国 白地城
概要 ●四国の覇者対天下人
土佐国の戦国大名長宗我部元親は、1585年までにほぼ四国全土をその領地としていたが、天下統一を目指す羽柴(豊臣)秀吉は重要な航路である瀬戸内海を完全に掌握したいことから、四国征伐を敢行した。
秀吉は長宗我部元親阿波国讃岐国伊予国を返上するよう迫ったが拒否される。

●秀吉軍四国へ
秀吉自身は病気であったことから(または越中国佐々成政が不穏な動きを見せていたためとの説もある)、弟の羽柴(豊臣)秀長を総大将とし甥の羽柴(豊臣)秀次とともに淡路国経由で阿波国へ侵入させた。
軍監には、軍師黒田官兵衛と古参の重臣蜂須賀正勝(小六)をつけた。

羽柴(豊臣)秀長は3万を率いて和泉国堺から淡路国洲本へ渡り、羽柴(豊臣)秀次も3万を率いて播磨国明石から淡路国岩屋へ渡り、島の南端に位置する福良で合流した。

また、備前国の若き太守宇喜多秀家仙石秀久小西行長を与力に2万3千で讃岐国の屋島へ渡った。

小早川隆景など毛利勢3万は、来島通総の案内で伊予国の新間に渡った。

秀吉勢は、合計11万以上の兵力で四国へ向かった。

●長宗我部の戦略
長宗我部元親は、領内の各拠点を固めるとともに、自身は阿波国の白地城に入り、本拠からできるだけ遠い場所で秀吉軍を防ぎきる戦略をとったが、兵数は4万ほどであり、劣勢は否めなかった。

●戦の始まり
戦が各地で展開された。

軍監の黒田官兵衛はまず、讃岐国北部の喜岡城、藤尾城を落とし、長宗我部親武の守る植田城へ向かうが攻撃には移らず、羽柴(豊臣)秀長羽柴(豊臣)秀次が攻めていた阿波国の木津城へ向かい本体と合流した。
木津城で防戦していた東条関兵衛は新手の出現に驚き、城から退却した。

羽柴(豊臣)秀長はさらに、谷忠澄の守る阿波国一宮城を落とし、長宗我部新吉の岩倉城を井楼からの砲撃により落とした。

伊予国では、野々市ヶ原の戦で毛利軍3万と伊予金子勢2000が戦うが、兵数の大差は如何ともしがたく金子元宅は戦死し、元宅の弟、金子元春の守る金子城もたちまち落とされた。(天正の陣)

以上のように、讃岐国伊予国を攻略され、さらには阿波国の要地も次々と失い白地城で孤立化した長宗我部元親は、止む無く8月に降伏した。

●降伏と土佐安堵
秀吉は、長宗我部元親の元からの領地土佐国だけを安堵、阿波国蜂須賀正勝の子、蜂須賀家政に、讃岐国仙石秀久十河存保に、伊予国小早川隆景に与えた。